リフォーム予算について

リフォームの予算の相場や立て方のポイントなどを解説

リフォーム予算で知っておきたい事

 

リフォーム予算

 

住宅やマンションのリフォームをしたいと考えた時、予算について気になる人が多くいます。
例えば、行いたいリフォームではどのくらいの予算が必要なのかといった事や、自分達の予算ではどんなリフォームが出来るのかといった事です。

 

今回の記事では、そんなリフォームの予算に関する情報についてまとめてご紹介します。
具体的には、場所別でリフォームの予算の相場や予算ごとに出来るリフォームの種類、予算の立て方のポイントなどについてです。

 

また、リフォームの予算を抑える方法についてもご紹介します。

 

 

場所別で見るリフォーム予算の相場目安

 

場所ごと分けて、リフォーム予算の相場の目安についてご紹介していきます。
リフォームする場所が決まっているが、一体どの程度の予算が必要なのか分からない方は、該当する場所の予算の目安をまずチェックしてください。

 

キッチン:100万円〜150万円
浴室:100万円〜120万円
トイレ:30万円〜40万円
洗面台:20万円〜30万円
リビング:100万円〜150万円
寝室:60万円〜80万円
玄関:30万円〜40万円
外壁:90万円〜120万円
屋根:50万円〜100万円
外構・エクステリア:60万円〜90万円
駐車場:50万円〜100万円
全面リフォーム:1000万円〜1250万円

 

ちなみに、使用する資材のグレードや工事範囲、工事期間などによって費用が高くなったり、反対に安くなったりします。
そのため、上記の数字はあくまで一般的な予算の目安として考えておきましょう。

 

予算ごとに出来るリフォームの種類

 

予算ごとに出来るリフォームの種類

 

ここからは予算ごとに施工出来るリフォームの種類について見ていきましょう。
今回は予算の範囲を以下の5つに分けて、1つずつ詳しく解説していきます。

 

1.50万円から100万円
2.100万円から200万円
3.300万円から500万円
4.500万円から700万円
5.1000万円以上

 

ある程度の予算が決まっているけども、その予算でどのようなリフォームが出来るのか気になっている方は、該当する予算の範囲を確認してみてください。

 

50万円から100万円

 

リフォームの予算が50万円から100万円前後の場合に行えるリフォームの種類について見ていきましょう。
50万円から100万円前後の費用で行えるリフォームは、一般的に大きな工事を必要としない内容のものです。

 

例えば、便座の交換・クロスなどの張替えを行うトイレ改修工事や最低限の機能を備えたミニマムキッチンの設置があります。
新しい洗面所の設置や室内のクロス・床の張替え、ガスコンロの交換などを行う事も可能です。

 

その他には、玄関のドアの交換や屋根の修繕・塗装などもリフォーム出来ます。

 

100万円から200万円

 

リフォームの予算が100万円から200万円前後の場合に行えるリフォームの種類について解説していきます。
リフォームの予算が100万円から200万円では、近年主流となりつつあるシステムキッチンの設置や交換が可能です。

 

その他にも、施工出来るリフォームの種類は多くあります。
具体的には、ユニットバスの設置や交換、リビングなどの間取り変更、外壁塗装などです。

 

これ以外にも、先程解説した50万円から100万円で出来るリフォームの内容をより良くする事も出来ます。

 

300万円から500万円

 

リフォームの予算が300万円から500万円前後の場合に行えるリフォームの種類について見ていきましょう。
リフォームの予算が300万円から500万円ほどだと、より出来るリフォームの種類が増えます。

 

例えば、ここまでご紹介したようなトイレやキッチン、浴室などのリフォームをまとめて行う事が可能です。
また、広い面積のマンションのフルリフォームやキッチンのリビングを繋げるリフォームも出来ます。

 

その他にも、戸建住宅の周りに垣根を設けるリフォームも施工可能です。

 

500万円から700万円

 

リフォームの予算が500万円から700万円前後の場合に行えるリフォームの種類について解説していきます。
500万円から700万円前後の予算で出来るリフォームは、これまでよりも工事の規模が大きな場合がほとんどです。

 

例えば、中古マンションを購入した時に必要な全体リフォームや戸建住宅の水回り、もしくはLDK全体のリフォームなどがあります。
特別な例では、本物の高級アンティークを活用したリフォームや、太陽光発電の導入を含めた省エネリフォームなども施工可能です。

 

1000万円以上

 

リフォームの予算が1000万円以上の場合に行えるリフォームの種類について見ていきましょう。
1000万円以上は、リフォームの予算の最大に近い費用です。

 

これまでにご紹介した内容はもちろん、それを全てまとめた、いわゆる住宅の全面(スケルトン)リフォームを行う事が出来ます。
ただ、全面リフォームは内装のみであれば1000万円前後で出来ますが、外装と内装をまとめる場合には1500万円前後必要です。

 

このように、同じ全面リフォームでも内容によって大きく費用が変わるので注意してください。

 

リフォーム予算の内訳

 

>リフォーム予算の内訳

 

ここまでリフォームの予算についてご紹介してきました。
その予算がどのような内訳で成り立っているのかを解説していきましょう。

 

これまでご紹介したようなリフォーム予算の内訳は、大きく以下の3つに分ける事が出来ます。

 

1.床・壁などに使う材料やキッチン・トイレなどの設備を含む材料費
2.職人がリフォーム工事を行うための人件費
3.リフォーム会社が営業などの販促活動を行うための費用や工事現場の管理費用などを含む諸経費

 

ちなみに、諸経費については、リフォーム会社の規模が大きくなればなるほど高くなる傾向にあります。
また、会社によっては諸経費を分けて、他の費用の項目に混ぜている事もあるので、念のため覚えておきましょう。

 

「一式」表示が多い見積書に注意する事も頭の片隅に置いておくようにしてください。
複数業者の見積書と比べると分かりやすいと思います。

 

リフォーム予算の立て方のポイント

 

リフォーム予算の立て方のポイント

 

ここからはリフォーム予算の立て方のポイントについてご紹介します。
今回ご紹介するのは以下の2つです。

 

ポイント1.リフォーム工事中の仮住まいと引っ越しの費用も考慮する事
ポイント2.追加工事による費用や各種手続きの費用も予算に組み込む事

 

それぞれのポイントについて、1つずつ詳しく解説していきます。
リフォームを検討中の方は、予算オーバーなどの失敗を起こさないためにも一通りチェックしておいてください。

 

仮住まいと引っ越しの費用を考慮

 

リフォーム予算の立て方の1つ目のポイントは、仮住まいと引っ越しの費用を考慮する事です。
既に解説した通りリフォームには、多くの種類があります。

 

そして、その中の全面リフォームなどのような大規模な工事を伴う場合、当然その工事中には住宅やマンションで生活する事が出来ません。
そのような時には、他の場所で仮住まいをする必要があるのです。

 

その際には、仮住まいのための費用や、その仮住まいに荷物を運ぶ引越し費用などが発生します。
このようにリフォームよっては、上記の予算以外にも費用が発生する事があるので、必ずこれらの費用も考慮した上で予算を決めましょう。

 

追加工事や各種手続き費用も予算に組み込む

 

リフォーム予算の立て方の2つ目のポイントは、追加工事や各種手続きの費用も予算に組み込むという事です。
1つ目のポイントでもご紹介した通り、リフォームの種類によっては仮住まいや引越し費用などが追加で発生します。

 

しかし、それ以外にも追加で費用が必要となるケースもあるのです。
例えば、実際にリフォーム工事を進めた時に新しい問題点が見つかり、その問題点を解決するための追加工事が必要になった場合。

 

また、リフォームの範囲が500平方メートル以上などの特殊な条件で、必要な契約書のための印紙費用や建築確認の申請費用などです。
このように、リフォーム工事とは別で発生する費用は他にもあります。

 

予算オーバーなどのトラブルを防ぐためにも、事前に業者に追加の費用が必要になる可能性がないか確認した上で予算を決めると良いでしょう。

 

リフォームの予算を安く抑える5つの方法

 

リフォームの予算を安く抑える5つの方法

 

リフォームを行う際の予算をなるべく安く抑えるための方法についてご紹介します。
今回ご紹介するのは、以下の5つの方法です。

 

方法1.優先順位を決めて、不要なところの工事は省く
方法2.国や自治体などの減税制度や補助金などを活用する
方法3.リフォームで使用する資材や設備のグレードを下げる
方法4.大手の工務店だけではなく地元の工務店の見積もりを取り比較をする
方法5.可能であれば複数箇所のリフォームをまとめて行う

 

これからそれぞれの方法について1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

予算オーバーなら優先順位が低い箇所を省く

 

リフォームの予算を安く抑えるためには、リフォームを行いたい場所の優先順位を事前にしっかりと決めておく事が重要だと言えます。
なぜなら、優先順位を決めておけば、予算オーバーになった場合に、優先順位の低い箇所のリフォームを省く事が出来るからです。

 

もしくは、優先順位の低い箇所のリフォームのグレードを下げる事で、満足度をなるべく保ったまま費用を抑える事も出来ます。
このような理由がありますので、リフォームの予算を決める際には、まずは優先順位を決める事から始めると良いでしょう。

 

減税制度や補助金を活用する

 

国や地方の自治体による減税制度や補助金を活用するというのも、リフォームの予算を抑えるためには効果的です。
例えば、障害を持つ方や高齢の方のために手すりの設置や段差を無くす工事に利用出来るバリアフリーリフォーム減税があります。

 

他には、太陽光発電などのエコリフォームが対象の補助金や、地元のリフォーム業者を利用する事が条件の地方自治体の補助金などです。
これらの減税制度や補助金は申請するだけで、リフォームの費用を抑えられます。

 

ですので、リフォームを実施する前に必ず確認しておき、利用出来るものはしっかりと利用しておきましょう。
ちなみに、減税制度や補助金の中には、リフォーム前の申請が原則必要な事が多いので、忘れないように注意してください。

 

資材のグレードを下げる

 

リフォームを行う時は、せっかくだからと必要以上の機能や耐久性を持った資材や設備を使おうとする人は決して少なくありません。
しかし、必要以上の機能などは結局使わずに、余分に支払った費用を無駄にするケースが多いのです。

 

その無駄な費用の発生を防ぐためにも、リフォームをする際には必要なグレードのものを使用するようにしましょう。
ただし、資材のグレードを下げ過ぎると、本当に必要な耐久性や機能性などを満たす事が出来ず、将来的に大きな問題に繋がる事もあるので注意してください。

 

地元工務店の見積もりも比較する

 

リフォームの工事は、全国的に有名な大手の工務店やリフォーム業者に頼みたいと考えている人は多いです。
しかし、もしリフォームの予算を抑えたいのであれば、地元工務店も選択肢の1つとして考えるべきだと言えます。

 

地元の工務店は大手とは違って、CMなどの広告費や多くの営業マン、デザイナーなどの人件費を含む経費が多くはありません。
そのため、地元の工務店は大手よりもリフォームの全体費用を抑えられる事が多いのです。

 

このような理由がありますので、予算を抑えたいのなら地元工務店にも見積もりを取って比較する事をおすすめします。
ただ、大手でもサービスが安定しているというメリットもあるため、大手を含めた複数業者と比較をして、自分に合った業者を見つけるようにしましょう。

 

複数箇所まとめてリフォームする

 

リフォームの予算を抑えたい場合は、出来るだけ複数箇所まとめてリフォームを依頼する事も1つの有効な方法です。
リフォームで使用する資材などは、多ければ多いほど仕入れの価格を抑える事が出来ます。

 

また、外壁塗装や屋根のリフォームであれば、20万円前後必要な足場の設置・撤去費用を1回分で済ます事も出来るのです。
このように、複数箇所をまとめてリフォームするだけでも、予算は抑える事が出来ます。

 

そのため、リフォームが必要な箇所が複数あるのであれば、期間を開けずなるべく一度に依頼すると良いでしょう。

 

リフォームの予算のまとめ

 

リフォームの予算のまとめ

 

住宅やマンションのリフォームを行う際に最も重要とも言えるのが、今回解説してきた予算です。
リフォームの種類ごとの予算の相場や予算の立て方のポイント正しく理解しなければ、予算オーバーなどの問題が起こる事があります。

 

また、リフォームの予算を抑える方法を知らなければ、無駄な費用を支払う事にもなり兼ねません。
そのため、現在リフォームを検討している方は、今回の解説した情報を参考にして、出来るだけ安い予算に抑えた上で理想のリフォームをしてもらいたいと思います。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

タウンライフリフォームの一括見積もり

【タウンライフリフォームで適正価格診断】
  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単!リフォームの適正価格診断はこちら。