地下室のリフォームについて

リフォームで地下室の増築時の費用や注意点などを解説

地下室のリフォームの費用や注意点は?

 

地下室のリフォームの費用や注意点

 

家のリフォーム工事の中でも特に大掛かりな工事になる事の多いもの、それが地下室の増築リフォームです。
今回は、この地下室の増築リフォームを実施する際に、関連する情報をまとめてご紹介していきます。

 

具体的には、一戸建ての家に地下室を作る条件や地下室増築のメリット・デメリット、また工事に必要となる費用についてです。
また、地下室の増築の際に気を付けておきたい注意点もご紹介しますので、地下室リフォームの際には合わせてチェックしてみてください。

 

 

一戸建ての家にリフォームで地下室を作るのは出来る?

 

では始めに、そもそも既に建てられている一戸建ての家にリフォームで地下室を作る事は出来るのかについて解説しましょう。
基本的に、一戸建ての家にリフォームで地下室を作るためには、2つの条件を満たしている必要があります。

 

その条件とは、耐震性や建物の強度の低下を抑えられるかどうか、そして1階の面積と同じ、もしくはそれ以下であるかどうかというものです。
既に建てられている一戸建ては、当然地下室がない事が前提で建てられています。

 

そのため、その前提の家の地下を掘って地下室を作ると、必然的に耐震性や建物そのものの強度が低下してしまうのです。
それを防ぐ事が出来なければ、危険性が増加する事からリフォーム工事をする事は難しくなります。

 

ただし、そのような場合には敷地内の庭などのスペースに作るなどの対応も可能です。
また、もう1つの条件として、建物の1階の面積と同じ、もしくはそれ以下であるかどうかというものがあります。

 

これは建築基準法によって定められているルールなので、地下室を作る際にはこれを必ず守る必要があるのです。

 

リフォームで地下室を増築するメリット

 

リフォームで地下室を増築するメリット

 

それでは次に、リフォームで地下室を増築するメリットについてご紹介しましょう。
地下室をリフォームで増築するメリットは、大きく分けて3つあります。

 

生活空間が増える

 

地下室を増築する事は言うまでもなく、現在の建物に1つの部屋が増える事を意味します。
つまり、例え家が立っている場所が限られた面積であっても、地下室がある事でより快適に過ごせるようになるのです。

 

機能性のある部屋が出来上がる

 

実は、地下室は単なる1つの部屋であるという訳ではありません。
単純な部屋としてだけではなく、防音機能や防災機能など様々な機能を持っているのです。
このような機能性の高い部屋が手に入る事も、地下室増築の1つのメリットだと言えます。

 

節電効果が得られる

 

地下室は暑い時には外気よりも6度前後低く、寒い時には逆に10度前後温かい気温を維持出来ます。
そのため、地下室では暖房や冷房を使いすぎる事がなくなり、それによって節電効果が得られるのです。

 

リフォームで地下室を増築するデメリット

 

リフォームで地下室を増築するデメリット

 

リフォームで地下室を増築すると、メリットだけが得られる訳ではありません。
当然、その反対のデメリットもいくつか存在します。

 

例えば、工事費用が高くなる傾向にある事です。
基本的に地下室増築のリフォームは、地上の家に部屋を増やすよりも手間が掛かります。

 

また、高い技術力なども必要となる事もあって、工事費用が大きくなりがちなのです。
結露と呼ばれる現象が起こりやすくなる事もデメリットの1つだと言えます。

 

先程解説したように、地下室は外の気温と大きな差がありますが、実はその気温の差こそが結露が起こる原因なのです。
このように、リフォームで地下室を増築する事にはデメリットもあります。

 

地下室のリフォームにおける予算・費用の目安

 

地下室のリフォームにおける予算・費用の目安

 

それでは次に、実際に地下室増築のリフォームを実施する事になった場合の工事費用・予算の目安について解説します。
地下室を増築するためのリフォーム費用は、上記で解説した通り、他のリフォーム工事よりも高くなりがちです。

 

では、具体的にどのくらいが目安となるのかと言うと、工事の方法によって変わります。
それぞれの家や施工主の希望に合わせて作る場合だと、1坪あたりに100万円前後が目安です。

 

既に外の工場などで作られた部屋を埋めて作る工事の方法だと費用は若干下がり、1部屋あたり500万円前後が目安だとされています。

 

地下室増設のリフォームを成功させるポイント

 

地下室増設のリフォームを成功させるポイント

 

では次に、地下室を増設させるリフォーム工事を成功させるポイントについてご紹介しましょう。
工事を成功させるためのポイントは、主に以下の3つのものがあります。

 

ポイント1.地下室増設リフォームの経験が豊富な業者に依頼する
ポイント2..地下室の工事で必要となる素材は耐水性や断熱性を備えたものを選ぶ
ポイント3..結露などを防ぐために効果的な空調設備を整える

 

それでは、これからそれぞれのポイントについて、1つ1つより詳しく解説をしていきます。

 

業者は地下室のリフォームの経験豊富な所を選ぶ

 

地下室を増築するリフォームを成功させるために、一番初めに抑えるべきポイント、それは業者選びだと言えます。
具体的には、リフォーム増築の工事経験が豊富な業者を選ぶのが重要なポイントなのです。

 

地下室のリフォームは、上記でも少し触れたように建物の耐震性などを補強しながら工事を行う必要があります。
そして、その工事をトラブルを起こす事なく、正しく行うためには高い工事の技術力が必要なのです。

 

このような理由があるため、その高い技術力を持っている地下室増築のリフォーム経験が豊富な業者を選ぶのがポイントの1つだとされています。

 

増築に必要な素材は耐水性や断熱性があるものを選ぶ

 

地下室増築リフォームを成功させるための2つ目のポイントは、耐水性や断熱性のある素材を使って工事を行う事です。
耐水性がある素材を使うべき理由についてですが、基本的に地下室は地下にあるため、雨水などによる侵食が起こりやすい環境にあります。

 

そのため、その侵食などを防ぐために、耐水性がある素材を使うのが重要だと言えるのです。
そして、断熱性のある素材については、地中の熱が部屋に伝わる事で起こる結露を防ぐ事が出来るからというのが理由とされています。

 

このような理由がありますので、リフォームを成功させるためには、耐水性や断熱性のある素材を使うのがポイントだと言えるのです。

 

結露やカビを防ぐために湿気対策が出来る空調設備を整える

 

地下室を増築するリフォームを成功させる残る3つ目のポイントは、空調設備を完備する事です。
上記で説明した通り、地下室は外の気温との差があります。

 

その差がある事で節電効果などのメリットが得られるのですが、同時に結露を起こしやすくなる原因ともなるのです。
また、結露が起こりやすい環境は、カビなども発生しやすい湿気がある環境であるとも言えます。

 

そのため、それらを防ぐためにも、湿気を取り除けるような空調設備を整えるのが工事を成功させるための重要なポイントだと言えるのです。

 

地下室増築のリフォームにおける注意点

 

地下室のリフォームの費用や注意点

 

それでは最後に、地下室増築のリフォームにおける注意点について解説します。
注意点はいくつかありますが、まず1つ目は地下室を自作する事は避けるという事です。

 

地下室増築は高い費用が必要となる事が多いため、自作したいと考える人は少なくありません。
しかし、地下室を作るためには何度も言及している通り、建物の耐久性などを低下させないような高い工事の技術力が必要なのです。

 

そのため、基本的には自作やDIYは避けるべきだと言えます。
2つ目の注意点は、業者との話し合いを省略しないようにする事です。

 

地下室増築のリフォームは大掛かりな工事なので、一度失敗してしまうとその後それを修正するのは簡単な事ではなくなります。
そのため、業者との話し合いは省略せずに、時間を掛けて行い、理想の仕上がりを正しく伝えるようにしましょう。

 

地下室リフォームを実際に行った人の体験談レビュー

 

地下室リフォームを実際に試した人から、アンケートサイトにてアンケートを取りました。
集計して口コミ・評判を掲載しています(※クラウドソーシングのクラウドワークスにて集計・分析)。

 

【40代男性】 
業者名:H・Sサービス 場所:地下室 価格:25万円程度

 

築20年以上の住宅のため、だんだんと老朽化が進み、地下室にも豪雨の日などは若干の水漏れがするようになりました。
雨が収まると水は引くのですが、これでは地下室に物を置いておく事が出来ず相談した所、地下室の水漏れ箇所の修繕と排水ポンプの設置、湿気を取り除くために通気口の設置が必要と言われました。
工事の期間は3日ほどで終了しましたが、作業工程を逐一報告をしてくれて進捗具合が分かりやすかった事は素晴らしいと思います。
アフターサービスもしっかりとしていて、年に数回は連絡をくれるので安心しております。

 

地下室とリフォームのまとめ

 

地下室とリフォームのまとめ

 

地下室増築のリフォームは、外壁塗装や床の張替えなどといった一般的なリフォームと比べると特殊な部類の工事です。
そのため、今回解説したような地下室増築リフォームについてのメリットやデメリット、工事費用の目安などといった情報を深く知る人は多くはありません。

 

しかし、地下室という存在そのものは理想の空間として考えている人は多く、実際にリフォームをしたい人も多くいるのです。
もしあなたもそのリフォームをしたい人の中の1人なのであれば、今回の記事でご紹介した情報を参考にして地下室増築のリフォームを成功させてもらいたいと思います。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。