300万円でどこまでのリフォーム

300万円でどこまでリフォーム可能かの目安とコツ

300万円でどこまでのリフォームが可能?

 

300万円でどこまでのリフォーム

 

300万円程度の予算を確保できる場合、100万円以下で考える場合と比べてリフォームの自由度はかなり高くなります。
複数の場所を同時にリフォームする事も可能ですし、部屋の雰囲気や機能性にこだわった工事を行う事も出来るでしょう。

 

しかし、300万円でどこまでリフォーム可能か目安が分かっていないと、つい予算を超える計画を立ててしまいがちです。
後から予算不足で悩む事のないように、無理なく施工可能なリフォーム内容を把握しておく事をおすすめします。

 

300万円でどこまでリフォーム可能かの目安と、予算不足を防ぐためのコツについて見て行きましょう。

 

300万円でどこまでリフォーム可能かの目安

 

予算300万円でリフォームをする場合、行う工事には様々な選択肢があります。
家の大きさや老朽化の具合によって費用は変わりますが、あれもこれもと欲張らなければ十分に満足の行くリフォームが出来るでしょう。

 

しかし、これまでリフォームをした事がない、あるいは小規模なリフォームの経験しかない人の場合、どこまでの工事が可能なのか把握出来ていない場合が多いのです。
後悔のない結果を目指すためには、ある程度リフォーム内容の目安を知っておく事が必要となります。

 

予算300万円で可能な代表的なリフォームは以下の通りです。
なお、工事の規模によっては、複数のリフォームを組み合わせる事も出来ます。

 

水回りのリフォーム

 

浴室・洗面所・トイレなど、水回りのリフォームは300万円の予算で十分に可能です。
水回り全体のリフォームをする事は難しくても、特に不便を感じている場所に力を入れれば満足の行くリフォームが出来るでしょう。

 

1箇所を集中してリフォームする場合、周辺の部屋や設備を一新する事も出来ます。
例えば、浴室をリフォームする際、脱衣所の壁紙や床材を交換する工事を同時に行う事が可能です。

 

どこまでのリフォームが可能かは条件によって異なりますが、配管を見直す必要がなければ選択肢は豊富にあります。

 

キッチン周りのリフォーム

 

キッチン周りのリフォームも、予算を300万円以内に収めて行う事が出来ます。
キッチンを新しい物に交換するだけでなく、小規模な間取り変更を行って生活動線を改善する事も可能です。

 

使いやすい収納スペースを設置すれば、キッチンに必要な物を置く場所に困る事もなくなります。
また、間仕切り壁を撤去するなど、ダイニングとの位置関係を意識したリフォームも出来るでしょう。

 

どこまで拘るかにもよりますが、LDKの雰囲気を変えたい場合には有力な選択肢です。

 

間取りを変更したり収納を追加したりするリフォーム

 

間取りを変更したり、収納を追加したりするリフォームも300万円あれば行えます。
間取りの変更は、もっと多くの費用が掛かる物と考えがちです。

 

しかし、和室を洋室にする、隣接した部屋を繋げて1つの部屋にするといった内容であれば、300万円以内に収める事は難しくありません。
収納を追加するリフォームも大規模な工事が必要なければ、問題なく行う事が出来ます。

 

部屋数が減るなどのデメリットはありますが、普段あまり使っていない無駄なスペースを活用すれば気になりません。
どこまで間取りを変更出来るかは家の構造などによっても変わって来るので、業者に相談してみると良いでしょう。

 

外壁や屋根の再塗装

 

予算300万円で可能なリフォームには、家の中ではなく家の外側をメンテナンスする工事もあります。
外壁や屋根が色褪せている場合、再塗装を行って美しい外観を取り戻す事が出来るでしょう。

 

外壁の見た目が悪くなっている場合、耐候性や耐汚染性などが損なわれている可能性も高いので、家を守るという意味でもリフォームする価値は高いのです。
どこまで耐久性・機能性の高い塗料を選ぶかにもよりますが、防犯のために塀や垣根を設置する工事を併せて行う事も出来ます。

 

300万円でどこまでリフォームするかを考える際のコツ

 

300万円でどこまでリフォームするかを考える際のコツ

 

300万円でどこまでリフォームするかを考える際、押さえておきたいポイントがいくつかあります。
予算が300万円あるとリフォームの選択肢が広がったり、こだわりを反映する余裕が生まれたりするため、つい様々な工事に手を出してしまいがちです。

 

しかし、いくら300万円あると言っても、次々と工事の内容を増やしていくと、すぐ予算不足に陥ってしまいます。
そのため、予算不足を防ぐコツを把握しておく事が大切です。

 

300万円でどこまでリフォームするかを考える際、覚えておくと役立つコツには以下のような物があります。

 

予算をしっかり決めてリフォーム内容に優先順位を付ける

 

予算をしっかり決めた上で、リフォーム内容に優先順位を付ける事は非常に重要です。
300万円という予算を明確にして守るようにしないと、行う工事の範囲はどこまでも広がってしまいます。

 

また、優先順位を付けずに計画を立てると、様々な場所を満遍なくリフォームする内容になってしまいがちです。
その結果、1箇所ごとに掛けられる費用が少なくなり、不満の残るリフォーム結果が並ぶケースが多く見られます。

 

沢山の場所を工事するよりも、特に問題の大きい場所に予算を集中してリフォームした方が総合的な満足度は高くなるでしょう。

 

設備のメーカーやブランドにこだわり過ぎない

 

リフォーム時に設置する設備のメーカーやブランドにこだわり過ぎない事も、予算不足を防ぐためには大切です。
300万円という予算があるとどうしても細部に拘りたくなる物ですが、全ての設備を希望通りにしていくと想像以上に多くの費用が掛かります。

 

予算を300万円以内に収めたいのであれば、どこまでこだわりを追求するかを慎重に決めなければなりません。
全てのこだわりを捨てる必要はありませんが、妥協出来る部分は妥協するなど予算の振り分け方を工夫するようにしましょう。

 

複数の業者から見積もりを取って依頼先を決める

 

依頼するリフォーム業者によって掛かる費用の金額は異なります。
複数の業者から見積もりを取って比較すれば、同じ300万円という予算であっても、内容がより豊富なリフォームを選ぶ事が可能です。

 

一定の予算内で可能な工事を組み合わせたリフォームパックを用意している業者なら、どこまでリフォーム出来るかを把握する事も手軽に出来ます。
ただし、あまりに見積もりが安過ぎる場合、手抜き工事をする悪徳業者である可能性も出てくるので注意が必要です。

 

見積もりの金額だけでなく、過去の施工実績なども合わせてチェックする事をおすすめします。

 

リフォームローンを活用して家計への負担を減らす

 

300万円というリフォーム費用を一括で支払おうとすると、家計への負担が重くなりがちです。
何とか予算を捻出しようと無理をした結果、日常生活に影響が出ては元も子もありません。

 

予算の準備に問題が出そうなのであれば、リフォームローンを活用する事も考えましょう。
300万円を超えないリフォームローンであれば担保なしでも借りられるため、家計への影響を抑えたリフォームが出来ます。

 

ただし、当然の事ですがリフォームローンを活用する場合、利子を支払う必要があります。
金利によっては逆に負担が増す可能性もあるので、条件をしっかり確認してください。

 

300万円でどこまでリフォーム可能かを示す事例

 

300万円でどこまでリフォーム可能かを示す事例

 

300万円でどこまでリフォーム可能かを把握するには、実際の事例を見てみる事が一番です。
様々なリフォームの内容と掛かった費用を確かめる事で、予算内で出来る工事の内容を想像しやすくなります。

 

リフォーム内容の取捨選択をする際も、過去の事例を参考にする事で判断しやすくなるでしょう。
また、極端に安い・高い見積もりを提案する悪質な業者を避けるためにも、過去の事例は役立ちます。

 

300万円でどこまでリフォーム可能かを示す事例を以下で紹介しますので、予算や工事内容を決める時の参考にしてみてください。

 

購入した中古住宅の補修・リニューアルを行った事例

 

300万円の予算に収まる範囲で、購入した中古住宅の補修・リニューアルを行ったリフォーム事例です。
床下など老朽化の進んでいる部分の補修を最優先し、残りの予算でどこまで水回りに手を入れられるかを考えたリフォームとなっています。

 

キッチンを新しい物に交換した上で、天井・床・壁を全て一新した点が特徴的です。
浴室をシステムバスにする、和式トイレを洋式トイレに変えるといったリニューアルも行えています。

 

クローゼットの新設などはしていませんが、壁面を上手く利用して収納場所を増やす事にも成功した事例です。

 

浴室と一緒に洗面所・脱衣所のリフォームを行った事例

 

浴室のバスタブの位置を変更するなどの工事と一緒に、隣接する洗面所・脱衣所のリフォームを行った事例です。
見た目にこだわり趣のある空間を実現していますが、施主が趣味で集めていた古材を活用する事で10平方メートルを230万円程度でリフォーム出来ています。

 

家族の趣味品を飾れるスペースや綺麗な木目を楽しめる天板など、完成度の高い仕上がりです。
照明の付いたニッチを配置するなど、夜間の使いやすさにも配慮した工事内容となっています。

 

特定の場所とその周辺を集中的にリフォームした場合、どこまでこだわれるのかを示す良い事例と言えるでしょう。

 

LDKと和室を繋げて開放的な空間へ間取り変更した事例

 

LDKと隣接する和室を繋げて1つの部屋へと作り変えた事例です。
明るく開放的な雰囲気を感じられる空間へ間取り変更した事で、家族が快適に過ごせるようになりました。

 

掛かった費用は35平方メートルで240万円程度です。
壁面に収納スペースを設けた事で、テレビやスピーカーなどリビングで使う家電を綺麗に配置出来るようになっています。

 

また、キッチンと同じ高さのカウンターを設置し、視線が通るようにしているため、LDK全体の一体感も抜群です。
どこまでの間取り変更が可能なのかを理解する上で役立つ事例と言えるでしょう。

 

300万円でどこまでリフォーム可能かのまとめ

 

300万円でどこまでリフォーム可能かのまとめ

 

300万円でどこまでリフォーム可能かの目安を知っておく事は、予算不足を防ぐために大切です。
住宅の状況によって多少の違いはあります。

 

ただ、300万円の予算があれば、水回りのリフォーム・キッチン周りのリフォーム・小規模な間取り変更・外壁や屋根の再塗装などが行えます。
予算不足を防ぐには、工事内容に優先順位を付ける、メーカーやブランドにこだわり過ぎないなどのコツを押さえる事も意識しましょう。

 

また、複数の業者から見積もりを取ったり、リフォームローンを活用したりする事も有用です。
中古住宅を補修した上で、リニューアルした事例や浴室と洗面所・脱衣所のリフォームを同時に施工した事例を参考にすれば、実際に300万円でリフォームする計画を立てる際に役立ちます。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。