リフォームの流れについて

MENU

リフォームの流れは?

 

リフォームの流れ

 

リフォームを行う際に、状況によっても流れは変わってきます。
普段から頻繁に行う行事でもありませんので、流れが分からないという方もいると思います。

 

しかし、完全に業者任せにしてしまうと、トラブルになる場合もありますので、おおまかでもリフォームの流れを知っておくようにしましょう。

 

リフォームのイメージを明確にする

 

まずは、どんなリフォームにしたいのかをイメージしておく事が大切です。
「なぜリフォームを行うのか?」「どうしたいのか?」は非常に重要になってきます。

 

本当にリフォームが必要なのかなどを考える事で、不要なリフォームを避ける事が出来るのです(業者からの不要な提案を避けれる)。
とりあえず、予算の事は考えずに家族で話し合いをする、カタログを見る、専門誌を見るなど、様々な方法でイメージを膨らませるようにしましょう。

 

また、休みの日に近くのショールームに行っても参考になると思います。
専門スタッフも在籍しているはずなので、色々と相談する事で資料も見せてもらえるでしょう。

 

リフォーム業者探し

 

どんなリフォームにしたいのかイメージ出来たら、次は業者探しをしましょう。
業者の探し方としては、家の近くの施工店、WEB、雑誌、ショールーム、紹介などが挙げられます。

 

どの探し方でも自分に合ったやり方で問題はありません。
重要なポイントとしては、複数の業者と相見積もりを取るという事です。

 

リフォーム業者によって、金額・やり方などは大きく変わってきます。
まずはどんな業者があるのか、色々な業者を見る事が重要と言えるでしょう。

 

オススメの業者探しの方法は、WEBで探す事です。
家にいながら資料などを請求する事も出来ますし、複数業者と比較しやすいのがメリットと言えます。

 

現地調査

 

現地調査をしなければ、正確な金額というのは算出できません。
ある程度業者を絞る事が出来たら、現地調査を行ってもらい、見積もりを出してもらいましょう。

 

この時に、最初に行ったリフォームイメージの明確化が役に立ちます。
どんなリフォームにしたのかイメージを業者に伝えると、業者とのやり取りもスムーズに行う事が出来ます。

 

見積もり・プラン作成

 

現地調査の内容を元に、リフォーム業者は見積もり・プランの作成をしてもらえます。
ここまでは無料で行っている所が多いと言えます。

 

この見積もりやプランですが、複数業者と比較するようにしましょう。
単に見積もりが安いだけではなく、プランがしっかりしているか、手抜き工事になっていないかをチェックするためにも、複数業者と比較するのがベストです。

 

契約

 

見積もり・プランを見て、気に入った業者があれば契約という流れになります。
契約を行う際には、リフォーム内容が間違っていないか、工事後の保証はどうなっているかなど、しっかりと確認をしておくようにしましょう。

 

契約書をしっかりと確認しておく事は、後々のトラブル防止にも繋がります(言った、言わないにならないためにも口約束は絶対にNG)。
分からない事は、しっかりと聞いておくようにしましょう。

 

この際に、リフォームローンを組む方もいると思います。
リフォームローンに関しては、金利など詳細を確認しておくようにしてください(リフォーム業者によってローンの取り扱いが異なるため金利が異なります)。

 

全面リフォームなど大きなリフォームの場合、資金計画を行ってくれる業者もあります。
また、減税が適用される場合もありますので、そちらも合わせて確認をしておくようにしましょう。

 

プラン修正

 

契約を行った後は、最初に提出してもらったファーストプランからプラン修正をしてもらう事になります。
工事に入ると変更出来なくなる事もありますので、希望は明確に伝えるようにしてください。

 

この時に無茶なお願いをすると、追加工事・追加費用になるケースもありますので十分に注意するようにしましょう。
また、契約の段階で修正回数が決まっている事もあります。

 

無制限の所もありますが、修正回数に関しては必ず契約段階で確認しておくようにしてください。

 

工事着工

 

プランが固まった後は、工事に入ります。
工事前、工事後に注意点がありますので、しっかりと確認をしておくようにしてください。

 

工事前

 

工事前には近隣の方に挨拶をしなければなりません。
業者が頻繁に出入りする、騒音、臭いなども出てくる場合もあるでしょう。

 

迷惑が掛かる事になりますので、必ず挨拶はしておくようにしてください。
業者が代行して行ってくれるという所がほとんどですが、近所トラブルに発展しないためにも、自分で行っておく事がベストです。

 

工事中

 

工事の最中ですが、業者任せになる事なく、自分で進行状況などは確認しておく事をオススメします。
出来れば営業担当者の立ち合いの元で、自分の目で工事現場を見て、進行状況を確かめた方が良いでしょう。

 

契約、見積もり通りに進んでいなければ、しっかりと修正をしてもらうようにしてください。
また、追加工事についてのトラブルがありますが、リフォームをして解体しなければ見えない部分もあり、絶対に発生しないというわけではありません。

 

そのため、事前に追加工事の内容についても確認しておく事をオススメします。
その他疑問が多い事と言えば、工事中の職人へのお茶菓子などの気遣いに関してです。

 

行わなくても良いと業者から言われるかと思います。
しかし、あくまでも気遣いの範囲ですが、夏の日にペットボトルのポカリスエットや水を出すのは良いでしょう。

 

ペットボトルでないと飲み切らないといけなくなるため、かえって迷惑になる場合もありますので注意してください。

 

工事後

 

工事が完了した後には引き渡しになるわけですが、この時に保証について再度確認をしておくようにしてください。
また、引き渡しの立ち合いを行う際には、しっかりと確認をしておかなければなりません。

 

立ち合い後に不備を見つけた場合、明らかに業者側のミスでない限り、対応してもらえない可能性もありますので注意しなければなりません。
リフォーム業者であれば、リフォーム瑕疵担保責任の保証には入っているはずですが、その他、独自の工事保証がある業者であれば、なお安心に繋がると思います。

 

リフォームの流れのまとめ

 

リフォームの流れのまとめ

 

おおまかなリフォームの流れは上記の通りです。
リフォームは内容によっても日数は異なりますが、1日から数週間掛かる事もあります。

 

大きな工事になると、仮住まいも探さなければならない状況になるかもしれません。
そのため、契約の段階で、日数もしっかりと聞いておくようにしましょう。

 

また、マンションの場合は一軒家と異なり、管理規約の確認をしておく必要があります。
分からない事があれば、管理組合、もしくはマンションオーナーに聞いておくようにしましょう。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で決まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。