掘りごたつリフォームについて

掘りごたつリフォームのメリット・デメリット!費用・相場は?

掘りごたつのリフォームの費用やメリット・デメリット

 

掘りごたつのリフォームの費用やメリット・デメリット

 

日本の昔ながらの文化の1つに掘りごたつと呼ばれるものがあります。
掘りごたつは文字通り、床に穴を掘り、そのスペースにこたつを設置したもの。

 

そんな昔ながらの堀りごたつを、リフォームで家に設置する人が最近増えていると言われているのです。
そこで今回は、その掘りごたつをリフォームで設置する事に関連する情報をまとめて解説していきます。

 

具体的には、掘りごたつを設置するメリットやデメリット、設置のための条件や価格の相場などです。
掘りごたつのリフォームを検討している方は、チェックしてください。

 

 

掘りごたつをリフォームで設置するメリット

 

それでは初めに、掘りごたつをリフォームで設置するメリットについて解説していきます。
今回解説する掘りごたつを設置する代表的なメリットは、以下の3つのものです。

 

通常の床に置くこたつと比べて足腰への負担が減る
エアコンや電気カーペットよりも足元が温まりやすく電気代の節約になる
床下を使用するため部屋の空間が広く感じるようになる

 

では早速、れぞれのメリットについて、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

足腰への負担が減る

 

掘りごたつをリフォームで設置する1つ目のメリットは、足腰への負担が減る事にあります。
通常のこたつは床に座るため、膝を曲げるか、伸ばすかのどちらかの状態で座らなければいけません。

 

また、上半身の体重を支える効果のある背もたれも無いため、結果として膝や腰などに大きな負担が掛かってしまうのです。
しかし、掘りごたつであれば、普通の椅子と同じように座れます。

 

そのため、通常のこたつと比べて足腰への負担を減らす事が出来るのです。
このメリットは、慢性的な膝や腰の痛みを抱えている人には、特に大きなメリットとなるでしょう。

 

足元が温まりやすく電気代の節約になる

 

通常のこたつは床上に設置するので、出入りを繰り返していると、すぐに熱が外へ逃げてしまう傾向にあります。
ところが、掘りごたつは床下に設置するので、熱が外へ逃げづらく、温まりやすくなっているのです。

 

そのため、通常のこたつよりも電気代を節約する効果が期待出来ます。
また、掘りごたつは他の暖房器具でもあるエアコンや電気カーペットよりも、1時間あたりの電気代が低いのです。

 

例えば、エアコンは1時間あたり3円〜5円ほど、電気カーペットなら1時間あたり6円〜8円前後の電気代が掛かります。
しかし、掘りごたつはほとんど場合で2円〜4円ほどに収まるのです。

 

このように、リフォームによる掘りごたつの設置からは温まりやすく、他の暖房器具よりも電気代が低いという省エネのメリットも得られます。

 

部屋の空間が広く感じるようになる

 

こたつやテーブルなどは通常、床の上に置きます。
しかし、既に解説している通り床下に穴を掘って、その空間をこたつとして活用するものです。

 

つまり、リフォームで掘りごたつを設置すれば、本来必要だった床上のスペースがなくなります。
そして、その結果部屋の全体的な空間が広くなったように感じる事が出来るのです。

 

ちなみに、掘りごたつには床上に高いスペースを作って、設置する「小上がり」と呼ばれる種類のものも存在します。
この種類の場合には、通常の掘りごたつと同じように部屋の空間が広く感じる事は出来ません。

 

しかし、床上に作った高いスペースを収納場所として活用出来るので、決して空間が無駄になる事はないのです。

 

掘りごたつをリフォームで設置するデメリット

 

掘りごたつをリフォームで設置するデメリット

 

ここまで解説してきましたように、リフォームで掘りごたつを設置すると様々なメリットが得られます。
しかし、掘りごたつには反対にデメリットもあるのです。

 

例えば、掘りごたつは床下に設置するため、掃除する際には机をどかして、低い位置の床を掃除がけなどを行う大変さというデメリットがあります。
また、掘りごたつから立ち上げる時には、通常のこたつと同じように床から立ち上がるため、普通の椅子と比べて多くの労力を必要とするのです。

 

このように掘りごたつには、デメリットになり得るポイントもあります。
後から後悔しないためにも、これらも考慮した上で設置するようにしましょう。

 

掘りごたつリフォームの費用・価格の相場は?

 

掘りごたつリフォームの費用・価格の相場

 

それでは次に、掘りごたつをリフォームなどで設置する際に必要となる費用・価格の相場についてご紹介していきましょう。
掘りごたつは、完全オーダーメイドで、こたつの広さや使う材質などを指定すれば、100万円以上のリフォーム費用が必要となるケースがあります。

 

ただ、ユニットバスのように既に規格に基づいて作られたユニットを設置するタイプであれば、価格を抑える事が可能です。
具体的には、平均して20万円から60万円ほどで設置する事が出来ます。

 

このように、掘りごたつのリフォームでは望む条件によって、大きく価格が変わるのです。
そのため、正確な数字が知りたい際には、リフォーム業者などに見積を依頼する事をオススメします。

 

リフォームで掘りごたつを設置するための条件

 

リフォームで掘りごたつを設置するための条件

 

リフォームで掘りごたつを設置するために満たしている必要のある条件について解説していきます。
掘りごたつは何度も説明している通り、通常は床下に穴を開け、そこにこたつを設置します。

 

そのため、原則として腰を掛ける事が出来るほどの深さの穴を開けられる環境かどうか、というのが重要な条件となるのです。
ただし、マンションなどでは建物の構造上そういったスペースを床下に作れない事もあります。

 

このような場合には、一般的な掘りごたつは作る事が出来ません。
しかし、上記で少し触れたような「小上がり」と呼ばれる床上よりも高いスペースを作れば、掘りごたつの設置が可能になります。

 

そのため、マンションなどで床下に十分なスペースが無い場合には、「小上がり」を活用した掘りごたつの設置を検討してみると良いでしょう。

 

掘りごたつを設置する際の注意点

 

掘りごたつを設置する際の注意点

 

それでは最後に、掘りごたつを設置する際に気を付けておきたい注意点について解説していきます。
掘りごたつを設置する場合に、は主に以下の2つについて注意しなければいけません。

 

高い湿度に対応出来るような素材を選ぶようにする事
リフォーム業者に依頼せずにDIYで掘りごたつの設置は出来れば避ける事

 

では、これからそれぞれの注意点について詳しく解説していきます。
掘りごたつの設置で失敗しないためにも一通り目を通してみてください。

 

湿度に対応出来る素材を選ぶ

 

掘りごたつの設置の際に注意しなければいけない1つ目のポイントは、湿度に対応出来る素材を選ぶようにするという事。
掘りごたつは床下の空間にこたつを設置する事もあって、床上にあるこたつや机よりも高い湿度になりやすいのです。

 

そのため、湿度に対応出来るような素材を選ばなければ、カビが生えてしまったり、強い臭いが発生してしまったりします。
このような理由があるので、掘りごたつの設置の際には防カビ性や消臭性など高い湿度でも対応出来る素材を選ぶようにしましょう。

 

DIYでの掘りごたつの設置は避ける

 

掘りごたつの設置をDIY、つまり自分の手で行おうと考えている人がいます。
確かに自分だけで掘りごたつを設置出来れば、費用は大幅に節約する事が可能です。

 

しかし、DIYでの掘りごたつの設置は避けた方が良いでしょう。
掘りごたつは建物の強度を落とす事なく床に穴を掘ったり、床下の配管の変更などが難易度の高い作業が必要になる事があります。

 

こういった難易度の高い作業を素人が行うと失敗してしまったりして、結局労力や資金の無駄遣いになる事もあるのです。
また、安全性が損なわれてしまい、大きな事故に繋がる可能性も少なからずあります。

 

そういった事を防ぐためにも、特別な理由がない限りはDIYでの掘りごたつの設置は避けて、リフォーム業者に依頼するようにしてください。

 

掘りごたつのリフォームまとめ

 

掘りごたつのリフォームまとめ

 

最近になって、リフォームで設置する人が多くなってきた掘りごたつ。
今回の記事で解説したように、リフォームで設置すれば、足腰への負担の軽減や電気代の節約などといったメリットが得られます。

 

一方で反対に掃除が大変だったり、立ち上げる際に労力が必要だったりといったデメリットもあるのです。
また、設置の際には高い湿度に対応出来る素材を選んだり、DIYでの設置を避けたりといった事に注意しなければいけません。

 

しかし、これらの事を総合的に考えれば、理想的な掘りごたつを安全に設置出来る可能性を高くする事が出来ます。
ですので、掘りごたつの設置を考えている人は、ぜひ上記の情報を参考にした上で、業者などにリフォームの依頼や相談をしてもらいたいと思います。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で決まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。