リフォームとリノベーションの違いについて

リフォームとリノベーションの違いはどこにある?

リフォームとリノベーションの違いを解説

 

リフォームとリノベーションの違いを解説

 

家の修繕について調べていると、リフォームとリノベーションという2つの単語を目にする事になると思います。
様々な場面で使われるリフォームとリノベーションという言葉ですが、その違いについて正しく把握している人は意外と少ない物です。

 

漠然としたイメージでリフォームもしくはリノベーションを依頼してしまうと、想像と違う提案をされて戸惑ってしまうかもしれません。
自分の望む結果に繋がる工事をしてもらうためにも両者の差を理解する事は重要です。

 

リフォームとリノベーションの違いがどこにあるのかチェックしていきましょう。

 

リフォーム・リノベーションの定義

 

意外に思われるかもしれませんが、実はリフォームとリノベーションに明確な定義はありません。
改修する面積や支払う費用などの数値による基準がないため、ハッキリとした違いはないのが実情です。

 

しかし、だからと言ってリフォームとリノベーションが全く同じような意味で使われている訳ではありません。
重なる部分はあるものの、工事の目的や内容によって使い分けられる事が殆どです。

 

業者によって分類の方法に多少の差はありますが、大体以下のような形で使われる傾向にあります。

 

リフォームとは?

 

リフォームは、老朽化した家の機能を新築時の状態に戻すための工事を指す言葉として使われる事が多いのです。
具体的な工事の内容としては、キッチン・浴室などの設備変更や雨漏りの修繕、外壁の再塗装などが挙げられます。

 

リノベーションとは、工事の目的に違いがある事が分かるでしょう。
新築の家の性能をプラスマイナスゼロとした時、マイナスからゼロに戻す作業がリフォームであると考えると理解しやすいのです。

 

アパートなどの賃貸物件を退去する際に行われる原状回復もリフォームの一種と言えます。

 

リノベーションとは?

 

リノベーションは、家の機能を新築時の状態よりも向上させる工事を指す言葉として使われる傾向にあります。
間取りの大幅な変更や耐久性・耐震性を高めるための家全体の補修が代表的なリノベーションの例です。

 

マイナスからゼロに戻すリフォームに対して、プラスの状態まで持っていく点が大きな違いとなります。
単に家の住みやすさを向上するだけでなく、物件としての価値を高める事も期待出来る工事です。

 

そのため、中古物件を購入した後、リノベーションして販売するという事例も存在します。

 

リフォームとリノベーションの様々な違い

 

リフォームとリノベーションの様々な違い

 

リフォームとリノベーションという単語の使われ方を比較してみると、工事の目的に大きな違いがある事が分かりました。
しかし、それ以外にも両者の間には様々な違いがあります。

 

工事の目的が異なれば、その規模や費用も当然変わってくるからです。
リフォームとリノベーションで違いが出る部分としては、以下のような項目が挙げられます。

 

必ずしも全ての事例に当てはまる訳ではありませんが、おおまかに把握する分には問題ないはずです。

 

リフォームとリノベーションの違いは施工後の住まいの性能

 

リフォームとリノベーションの違いの代表的な物として、施工後の住まいの性能が挙げられます。
両者の定義で説明したようにリフォームはマイナスからゼロに、リノベーションはプラスにする工事です。

 

そのため、単純な性能で比較すると、リノベーションをした方が高機能な家になると考えてよいでしょう。
また、リノベーションは建物を利用する目的を変更するために行われる事もあります。

 

これはコンバージョンと呼ばれる事もある工事です。
倉庫やオフィスを賃貸住宅に変えたり、廃校になった学校を福祉施設に変えたりと様々なケースが存在します。

 

工事の規模もリフォームとリノベーションの違いの1つ

 

行われる工事の規模もリフォームとリノベーションの違いの1つです。
リフォームはその性質上、台所や浴室など特定の場所のみを対象とする小規模な工事が多くなります。

 

これに対してリノベーションは、家全体の工事が必要となる場合が珍しくありません。
例えば、間取りを変更する際には、家の強度を保つために補強を行ったり、換気設備を整えたりといった作業をしなければならない可能性があります。

 

そのため、基本的にリノベーションの方が大規模な工事をする事になるでしょう。

 

リフォームとリノベーションに掛かる費用の違い

 

リフォームとリノベーションでは、工事に掛かる費用にも違いが出てきます。
工事の規模に違いがあるという事は、それだけ必要となる費用にも差が出てくるという事だからです。

 

大規模な工事の多いリノベーションの方が、費用は高額になる傾向があります。
また、リノベーションは新たに中古住宅を購入する場合もあるため、その費用も含めると違いはさらに大きくなるでしょう。

 

ただし、リノベーションをした結果として不動産としての価値が上昇する事もあるため、費用が高いからと言って一概にコストパフォーマンスが悪いという訳ではありません。

 

リフォーム・リノベーションをするメリット・デメリットの違い

 

リフォーム・リノベーションをするメリット・デメリットの違い

 

リフォームとリノベーションには、それぞれ特徴に応じたメリット・デメリットが存在します。
どちらの工事をするべきか迷っている場合、メリット・デメリットの違いを把握しておく事が大切です。

 

重要視している要素にメリットが多いのはどちらか、デメリットにどうしても見逃せない点はないかなどをチェックしていきましょう。
ただし、メリットだけ、あるいはデメリットだけに注目していると、最終的に不満の残る結果になってしまうかもしれません。

 

メリット・デメリットの両方を理解した上で、自分の家の状況に合っているのはどちらなのかを判断してください。

 

リフォームを選択する場合のリノベーションとの違い

 

リフォームは小規模な工事で済む事例が多いので、リノベーションよりも気軽に検討しやすいのです。
家を改修した経験がないのであれば、まずはリフォームから始めてみる事は無難な選択肢と言えます。

 

すぐに用意出来る予算が少ないという場合にも、リフォームを選ぶ意味は大きいでしょう。
しかし、当然の事ながらリフォームにもデメリットはあります。

 

リノベーションとの違いを見比べながら、メリット・デメリットを確認していきましょう。

 

リフォームのメリット

 

リフォームのメリットをまとめると、以下のような点が挙げられます。

 

・リノベーションよりも安い費用で家を修繕出来る
・工期が短いため、家に住んだままでリフォームする事が可能な場合もある
・家の構造は変わらないため、施工した後の状態を想像しやすい
・予算に応じてリフォームする場所の広さや数を決める事も出来る

 

いずれも工事の規模の違いに大きな関わりのある要素です。
工事の手軽さがリフォームを選ぶメリットと言っても良いでしょう。

 

リフォームのデメリット

 

リフォームのデメリットとしては、リノベーションと違い、あくまでも元の状態に戻す工事である点が挙げられます。
施工内容は修理の範囲に留まるため、家の持つ性能が以前と比べて向上する事はありません。

 

老朽化した部分や壊れた部分に不便を感じている場合には適していますが、家族が増えるなどの環境変化への対応としては不十分な場合もあります。
また、場合によってはコストパフォーマンスが悪くなるというデメリットも考慮しなければなりません。

 

費用を抑えられるリフォームですが、小規模な工事を何度も繰り返していると意外と出費が嵩みがちです。
修繕すべき部分が多い場合には、全てまとめてリノベーションした方が良い場合もあるので注意してください。

 

リノベーションを選択する場合のリフォームとの違い

 

リノベーションは工事が大規模になる事が珍しくないので、施工は慎重に検討する必要があります。
これまで家を改修した経験がない場合、しっかりと情報収集をしてから依頼した方が良いでしょう。

 

また、理想の家を目指すのであれば、依頼する業者と綿密にコミュニケーションを取る事も大切です。
円滑に手順を進めるためにも、まずはメリット・デメリットを把握する事が重要となります。

 

リフォームとの違いがどこにあるかチェックしながら、メリット・デメリットを確認していきましょう。

 

リノベーションのメリット

 

リノベーションのメリットは何と言っても、自由度の高さです。
特定の箇所だけを直すリフォームと違い、リノベーションは間取りの変更を自由に行う事が出来ます。

 

仕切りとなっている壁を壊して広い部屋を作る事も、逆に壁を設置して個室を増やす事も可能です。
家族の生活環境に合わせた細やかな住まい作りが出来る点はリフォームにない魅力と言えます。

 

また、中古物件を購入してリノベーションすれば、新築の物件を購入するよりも安く理想の家を手に入れられるでしょう。

 

リノベーションのデメリット

 

リノベーションのデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

 

・リフォームより掛かる費用が高い
・工期が長くなるため、仮住まいを用意しなければならない事もある
・間取りを変更する場合、施工後のイメージが湧き辛い場合がある

 

リフォームよりも性能の高い住まいを手に入れられる代わりに、施工前・施工中に不便を感じる場面が多くなります。
また、中古物件を購入してリノベーションする場合、築年数の影響で新築物件より耐久性が劣るケースも出てくるでしょう。

 

手間やリスクの多さという違いを容認してまでリノベーションをしたいのか、よく考える必要があります。

 

リフォーム・リノベーションの違いの比較表

 

リフォームとリノベーションのメリット・デメリットを比較してまとめると、以下のような表になります。

 

リフォーム リノベーション
工事に掛かる費用 安い 高い
工事に掛かる期間 短い 長い
家の資産価値 向上があまり期待できない 向上が期待できる
間取りの変更 自由度が低い 自由度が高い
施工後の家の状態 想像しやすい 想像しにくい

 

上記の表において、メリット・デメリットが共通する部分はありません。
そのため、自分がリフォーム・リノベーションで重視する項目から順に比較していくと、どちらが適しているか判断しやすいでしょう。

 

リフォームとリノベーションの違いまとめ

 

リフォームとリノベーションの違いまとめ

 

リフォームは老朽化した建物を直す場合、リノベーションは住まいの性能を向上させる場合によく使われる単語です。
リフォームとリノベーションの間には、工事の規模やかかる費用に違いがあります。

 

また、リフォームは費用が安く手軽に検討しやすい、リノベーションは自由度が高く理想に近付け易いと言うように、それぞれ異なるメリットのある工事です。
ただ、リフォームには以前より住みやすさが上がる訳ではない、リノベーションには費用・工期の面で負担が大きいなどのデメリットもあります。

 

そのため、結果に後悔しないためには、自分の家や家族の状況に合っているがどちらか、きちんと考える必要があるでしょう。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で決まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。