浴室乾燥機のリフォーム

浴室乾燥機を設置するリフォームに掛かる費用とメリット

浴室乾燥のリフォームについて

 

浴室乾燥のリフォーム

 

浴室乾燥機は、浴室の湿気対策や洗濯物の乾燥など、様々な用途で使える便利な設備です。
浴室のリフォームを行い、浴室乾燥機を交換したり新たに設置したりする事を考えている方もいるでしょう。

 

しかし、浴室乾燥機を設置するためにどれくらいの費用が掛かるか、あるいは設置する事で得られるメリットについて把握している人は案外少ない物です。
リフォームを実際に依頼する前に知っておくべき情報をチェックしていきましょう。

 

浴室乾燥機を設置するリフォームそのものだけでなく、生活の中で活用する際のポイントについても確かめていきます。

 

 

浴室乾燥機を設置するリフォームに掛かる費用

 

浴室乾燥機は、乾燥方式や取り付け方式、備えている機能によって本体価格が異なります。
リフォームの際には、設置のための工事費も必要です。

 

浴室乾燥機のメーカーやリフォームを依頼する業者によって掛かる費用は様々ですが、ある程度の相場を知っておいて損はないでしょう。
また、リフォーム後に浴室乾燥機を使用する際のコストについてもあらかじめ把握しておきたい所です。

 

浴室乾燥機を設置するリフォームに関する費用面の情報について、順番に見ていきましょう。

 

主要なメーカーの浴室乾燥機の本体価格

 

主要な国内メーカーの浴室乾燥機の本体価格の例は以下の通りです。
ただし、リフォーム業者によっては、これより割引された価格で購入出来る場合もあります。

 

メーカー 製品 本体価格
TOTO 1室換気用「TYB3021GA」 138,000円
パナソニック 3室換気用「FY-18UXT1」 198,000円
ノーリツ 1室換気用「BDV-M4105」 182,000円
LIXIL 1室換気用「UFD-110A」 105,000円
マックス 2室換気用「RS-C102HR-CX」+「BRS-CA01R」 オープン価格

 

それぞれ機能は異なりますが、10〜20万程度の範囲に収まっている事が分かります。

 

浴室乾燥機を設置するリフォーム費用の相場

 

浴室乾燥機を設置するリフォームでは、本体価格とは別に2〜5万円程度の工事費が掛かります。
ただし、工事費込みで本体価格が表示されている場合もあるので注意が必要です。

 

天井埋め込み型の浴室乾燥機を設置する場合、開口部のサイズ変更や天井の補強などで追加費用が発生する事もあります。
また、浴室に換気扇がない場合も、別途工事費が必要となるでしょう。

 

工事の具体的な内容にもよりますが、リフォーム全体で40万円程度の費用が掛かる事もあります。
そのため、リフォームを依頼する際は、複数の会社で見積もりをとって比較する事がオススメです。

 

業者によって支払う費用に差が出る事は珍しくありません。

 

浴室乾燥機を使う際に掛かる電気代

 

浴室乾燥機を使う際に掛かる電気代は、使用する浴室乾燥機の消費電力や契約している電力会社などによって変わります。
例えば、電気料金が1kWhあたり30円掛かる場合、1250Wの衣類乾燥を3時間使用すると約113円、1300Wの暖房機能を1時間使用すると117円掛かる計算です。

 

電気式ではなく、ガス式の浴室乾燥機を使う場合は、ガス代を計算する必要があります。
使用する機能や使う時間の長さによってランニングコストは大きく変わるため、リフォームをする前に使い方を想定した費用の算出を行う必要があるでしょう。

電気代・ガス代を節約するための方法

 

浴室乾燥機に掛かる電気代やガス代を節約するための方法としては、以下のような手段が考えられます。

 

・水気を拭き取るなどの湿気対策をして浴室の湿度を下げておく
・空気が循環する流れを作って換気しやすい環境を整える
・フィルターをこまめに掃除して浴室乾燥機がしっかりと働くようにする
・浴室乾燥機を使う前に室内干しである程度乾かしておき使用時間を短くする
・洗濯物が乾きやすい干し方をする
・夜間の電気料金が安いプランを契約して夜間に使う

 

リフォーム後に慌ててコスト対策をしなくて済むように、節約法は事前に把握しておきましょう。

 

浴室乾燥機を設置するリフォームのメリット

 

浴室乾燥機を設置するリフォームのメリット

 

浴室乾燥機のメリットを理解してからリフォームを依頼すれば、支払う費用に納得感を持つ事が出来ます。
浴室乾燥機という名前の印象から浴室を乾燥するためだけに用いる物と勘違いしている方もいますが、実は他にも様々な機能を持っている設備です。

 

もちろん、どの浴室乾燥機でも同じ機能が使えるという訳ではありませんが、多様な使い道を知っておけば製品選びの際に役立ちます。
浴室乾燥機が持つ機能の例とそのメリットは以下の通りです。

 

浴室乾燥機能が使える

 

浴室乾燥機能は、浴室乾燥機の基本的な機能です。
通常であれば、長い時間の掛かる浴室の乾燥・換気を短時間で行う事が出来ます。

 

スイッチ1つで湿気がこもりがちな浴室内の湿度を下げる事が出来るため、非常に便利です。
また、湿度を下げる事によって、気になるカビの発生を抑える事も出来ます。

 

普段から浴室のしつこいカビに悩まされているなら、リフォームをする価値は十分にあると言えるでしょう。
入浴後に浴室を乾燥させる習慣を付ければ、日常的なカビ掃除と無縁の生活を送る事も夢ではありません。

 

洗濯乾燥機能が使える

 

浴室で洗濯物を乾かす事が出来る点も、浴室乾燥機を設置するメリットの1つです。
室内で洗濯物を干していると湿気の原因になってしまいますし、乾燥までに掛かる時間も馬鹿になりません。

 

浴室乾燥機能を活用して洗濯物を乾かせば、ジメジメとした空気を感じる事なく室内干しをする事が可能です。
雨の多い地域に住んでいる、花粉症に悩んでいるなどの理由で室内干しをする機会が多いのであれば、浴室乾燥機を設置するリフォームは大きな価値を持ちます。

 

浴室暖房・涼風機能が使える

 

入浴前に浴室暖房・涼風機能を使えば、浴室を適度な室温に調節する事が可能です。
この暖房・涼風機能も浴室乾燥機を導入する魅力の1つと言えます。

 

着替えを行う部屋との温度差を感じずに済むので、より快適な入浴が可能です。
長めに入浴したい時も室温を調整する事で、湯船でのぼせない心地良い環境を維持出来ます。

 

また、浴室暖房機能は、冬の間のヒートショック対策としても優れた機能です。
お年寄りが生活している家であれば、その点からも浴室のリフォームを考えてみる価値はあるでしょう。

 

ミストサウナが使える

 

浴室乾燥機の中には、ミストサウナ機能が搭載された製品も存在します。
リフォームすれば自宅で手軽にサウナが楽しめるという事で、サウナ好きの人にはたまらないメリットです。

 

また、ドライサウナと異なり室内が息苦しくならないので、気軽に活用しやすいという魅力もあります。
ミストサウナは浴室の湿度を上げるため、肌が乾燥してしまう心配も要りません。

 

湿気によってカビが発生しないか不安になる方もいると思います。
しかし、プラズマクラスターイオンが発生するタイプであれば、カビの除去にも対応する事が可能です。

 

浴室乾燥機を設置するリフォームのポイント

 

浴室乾燥機を設置するリフォームのポイント

 

浴室乾燥機の設置は、どんな家でも行うべきリフォームという訳ではありません。
浴室乾燥機なしでも問題なく生活出来る家庭もありますし、浴室の環境があまりリフォームにおすすめ出来ない場合も考えられます。

 

深く考える事なくリフォームを強行すると、せっかく費用を掛けて浴室乾燥機を設置したにも関わらず、思っていたような結果にならなかったというケースも出てくるでしょう。
後から悔いる事がないよう、注意点を事前に確認しておく必要があります。

 

そこで、浴室乾燥機を設置するリフォームのポイントについてチェックしていきましょう。

 

浴室乾燥機の必要性を考える

 

浴室乾燥機が本当に必要かどうかを考える事は、基本中の基本です。
例えば、洗濯乾燥機能は便利な物ですが、浴室内に干せる洗濯物の量は限られます。

 

家で生活している人数が多く洗濯物が大量に出る場合には、浴室乾燥機ではなく衣類乾燥機を導入した方が良い事も少なくありません。
また、そもそも室内干しをする機会が少ないのであれば、洗濯乾燥機能の必要性は薄くなります。

 

雨や雪が少ない地方に住んでいる場合、浴室乾燥機を設置するリフォームを行わなくても大丈夫な場合が多いのです。
洗濯乾燥以外の機能についても、自分が本当に必要としているかを一度考えてみてください。

 

天井の開口部のサイズが合っているかを確認する

 

天井に埋め込んで設置している浴室乾燥機を新しい製品に交換するリフォームの場合、天井の開口部のサイズが合っているかを確認する必要があります。
浴室乾燥機はメーカーや機種によって様々なサイズが混在しており、現在の開口部がピッタリ合うとは限りません。

 

サイズの違う浴室乾燥機を取り付けたい場合、開口部のサイズを変更する工事が必要となります。
浴室乾燥機を選ぶ前に、ホームページや説明書などで現在の製品のサイズを確認したおいた方が良いでしょう。

 

もし、開口部の工事を避けたいのであれば、同じメーカーの同じ機種もしくは後継機種を選ぶという手段もあります。

 

浴室乾燥機が後付け出来るかどうかを確かめる

 

天井付け型や壁掛け型の浴室乾燥機を設置する場合、後付けが可能かどうかをチェックしておきましょう。
いくら後付けが可能な浴室乾燥機であっても、換気扇や点検口がない浴室にそのまま設置する事は出来ません。

 

換気扇や点検口がない場合には、新たに配線・配管が必要となるでしょう。
開口部を作るリフォームよりは安く済む可能性が高いですが、支払う費用が多くなる事は間違いありません。

 

通常のリフォームと同じ感覚で予算を組み立てていると後々問題が出てくるので、事前に確認しておきましょう。

 

換気口がある部屋の数に対応した浴室乾燥機を選ぶ

 

家によっては、浴室の換気に関わる設備がトイレや洗面所などの場所と共通である場合も考えられます。
そういった場合に、浴室乾燥機を設置するリフォームを行うのであれば、換気口のある部屋の数に対応した製品を選ばなければなりません。

 

換気口が浴室だけであれば1室換気タイプを選べば大丈夫ですが、換気が共通している部屋があるなら2室換気タイプや3室換気タイプを選ぶ必要が出てきます。
対応する部屋の数が違う製品を基準に費用を想定していると、後から予算オーバーが発覚する事もあるため注意が必要です。

 

ただし、家の構造によっては通常と異なる製品を選ばなければいけないケースもあるため、依頼するリフォーム業者と良く相談する事をオススメします。

 

分電盤の空き状況をチェックする

 

分電盤の空き状況をチェックする事も、浴室乾燥機を新たに設置する際は重要になります。
浴室乾燥機を動かすには、分電盤から電線を引いて電源を確保しなければなりません。

 

もし分電盤に空きがない場合、ブレーカーを増設しないと浴室乾燥機を設置出来ない可能性が高いのです。
ブレーカーのスイッチをチェックして、増設の必要があるかどうかを確認するようにしましょう。

 

なお、既存の浴室乾燥機を同型の機種に交換するリフォームであれば、そのまま電源設備を流用出来る場合が殆どです。

 

リフォーム出来る浴室乾燥機の種類と特徴

 

リフォーム出来る浴室乾燥機の種類と特徴

 

リフォーム出来る浴室乾燥機には、浴室への取り付け方や乾燥方式の違いによって、複数の種類が存在します。
種類ごとに異なる特徴を持っているため、自宅での使用状況を想定して適した機種を選ぶ事が大切です。

 

また、浴室乾燥機の種類と浴室の環境の組み合わせによっては、そもそもリフォームが難しい・出来ない場合もあります。
そのため、あらかじめ種類ごとの特徴を把握してから機種選びを始めた方が良いでしょう。

 

浴室乾燥機の分類は、以下の通りです。

 

浴室乾燥機の取り付け方による違い

 

浴室乾燥機は取り付け方の違いによって、大きく天井埋め込み型・天井付け型・壁掛け型の3種類に分けられます。
取り付ける場所が天井と壁のどちらなのか、後付け出来るタイプなのかによって区別されていると考えれば分かりやすいでしょう。

 

どの種類の浴室乾燥機を設置するリフォームでも同じような機能を利用する事は可能ですが、浴室のスペースや掛かる工事費には差が出てきます。
それぞれのタイプの浴室乾燥機が持つ特徴を見ていきましょう。

 

天井埋め込み型

 

天井埋め込み型はその名の通り、天井に埋め込む形で設置する浴室乾燥機です。
ビルトインと呼ばれる事もあります。

 

天井埋め込み型は本体が薄型なので、浴室のスペースを広く保つ事が可能です。
ただし、その分天井部分に埋め込むスペースが必要となるため、リフォームしても設置出来るとは限りません。

 

基本的には既に天井埋め込み型の浴室乾燥機を設置しており、新品に交換する場合に選択するタイプと言えます。
同じメーカーで同じサイズの浴室乾燥機に交換するのであれば、天井のスペースをそのまま活用出来ます。

 

そのため、取替えに必要な工事費以外を掛けずにリフォームする事も可能です。

 

天井付け型

 

天井付け型は天井埋め込み型と同じく、天井に取り付ける種類の浴室乾燥機です。
ただし、天井のスペースに埋め込むのではなく、換気扇を外して交換したり、換気扇の上に被せたりする形で取り付ける仕組みとなっています。

 

大規模な工事なしで取り付ける事が出来るため、後からリフォームで浴室乾燥機を取り付けたい場合に向いたタイプです。
換気扇ではなく点検口を活用する場合もあります。

 

天井埋め込み型よりも厚みのある製品が多いので、浴室の天井が若干狭く感じられるという点がデメリットです。

 

壁掛け型

 

壁掛け型は天井付け型と同様に、換気扇や点検口を活用して取り付ける種類の浴室乾燥機です。
取り付ける場所が天井ではなく、壁である点が異なります。

 

簡単に施工出来るという点も天井付け型と同じです。
換気扇が壁にある浴室に浴室乾燥機を後付けする場合に適しているタイプと言えます。

 

ただし、壁に設置する分、浴室を狭く感じる度合いは天井付け型よりも大きいでしょう。
リフォームをする際は、設置後の空間の余裕についても考えておくべきです。

 

浴室乾燥の方式による違い

 

浴室乾燥機は乾燥方式の違いによっても分類する事が出来ます。
現在販売されている浴室乾燥機は、大きく電気式とガス式に分ける事が可能です。

 

どちらの方式でも浴室乾燥や洗濯乾燥といった便利な機能を利用出来ますが、工事費やランニングコスト、使い方などの面で違いがあります。
リフォームをする際は、両者の違いを把握した上で乾燥方式を選んだ方が良いでしょう。

 

電気式・ガス式の浴室乾燥機は、それぞれ以下のような特徴を持っています。

 

電気式

 

電気式の浴室乾燥機は、電気の力でヒーターを加熱して温風を発生させる仕組みとなっています。
ガスに関する配管が必要ないため施工しやすく、掛かる費用も少なく済む傾向にある方式です。

 

ただ、乾燥・暖房に関する性能は落ちるため、一度に乾かせる衣類の量には限界があります。
また、スイッチを入れてから温風が発生するまでに時間が掛かる点もデメリットです。

 

リフォームしやすい代わりに、機能面では若干我慢しなければならない場面も出てくる浴室乾燥機と言えるでしょう。

 

ガス式

 

ガス式の浴室乾燥機は給湯器でお湯を沸かし、そのお湯を循環させる事で温風を発生させる仕組みとなっています。
外部に給湯器を設置しなければいけないため、電気式と比べると多くの費用が掛かる乾燥方式です。

 

電気式よりもパワーのある浴室乾燥機なので、大量の衣類や厚手の服の乾燥にも対応出来ます。
リフォーム費用が多くかかったとしても機能に優れた浴室乾燥機を導入したいと考えているならオススメの選択肢です。

 

ただし、ガス料金によっては使用時のコストも高くなってくるので、事前に計算して確かめておきましょう。

 

浴室乾燥機のリフォームまとめ

 

浴室乾燥機のリフォームまとめ

 

浴室乾燥機を設置するリフォームには本体価格に加えて、工事費が掛かります。
浴室の状況によっては、追加の工事が必要となる事もあるので注意が必要です。

 

浴室乾燥機には浴室乾燥機能だけでなく、洗濯乾燥・暖房・涼風などの機能も備わっています。
機種によってはミストサウナ機能も付いており、リフォームするメリットは大きいのです。

 

ただし、浴室乾燥機が設置出来るかどうかを調べるため、分電盤や浴室の換気扇などをチェックする必要がある事も覚えておきましょう。
また、浴室乾燥機は取り付け方式や乾燥方式によって複数のタイプに分けられます。

 

どれが自宅の浴室に適したタイプなのか、それぞれの特徴を把握した上で製品を選択してください。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。