リフォーム費用の相場は?

外壁サイディングリフォームの価格相場!損しない最善の方法

サイディングリフォームについて

 

サイディングリフォーム

 

外壁に関するリフォームで最近良く行われるようになったのが、外壁のサイディングリフォームです。
今回は、この外壁をサイディングに変えるリフォーム工事の相場価格について解説していきます。

 

また、解説するのは相場となる価格だけではありません。
サイディングで使われる材質の種類や特徴、サイディングにするメリットやデメリット、工事の価格を安くするためのポイントについても解説します。

 

現在、外壁のサイディングリフォームを考えている方や、業者に勧められてどのようなリフォームなのか気になっている方などは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

外壁サイディングリフォームとは?

 

外壁サイディングリフォームとは、そもそもどのようなリフォームなのか解説しましょう。
様々な素材を板状に加工して作られたサイディングボードと呼ばれるものを壁に貼り付けるリフォームの事を指します。

 

後ほど詳しく説明しますが、このサイディングを外壁に貼り付けると、従来の塗り壁とはまた違うメリットのある壁になるのです。
ちなみに、このリフォームで使われるサイディングボードには、主に以下の4種類のものがあります。

 

・窯業系サイディング
・金属系サイディング
・木質系サイディング
・樹脂系サイディング

 

これら4種類のサイディングは使われている素材が違うため、それぞれ違った特徴を持ちます。
これからそれらの特徴について1つずつ詳しく解説しますので、どのサイディングを選ぶべきか判断するためにも一通り目を通してみてください。

 

窯業系サイディング

 

窯業系サイディングは、セメントや粘土、ケイ砂といった金属ではない原料を高熱で処理して作られるサイディングを指します。
そんな窯業系サイディングの最大の特徴は、デザイン性が高い事です。

 

例えば、レンガ調やタイル調、石積調などまで幅広い質感を出す事が出来ます。
また、デザイン性が高いだけでなく、防火性が高い事や地震に強い事など、他にも多くの特徴があるのです。

 

このように、外壁として使うものとしては良い特徴が多くあります。
近年の戸建てや住宅のリフォームでは、この窯業系サイディングを使う事が多くなってきていると言えるでしょう。

 

金属系サイディング

 

金属系サイディングとは名前の通り、アルミニウムやスチールなどの金属から作られるサイディングの事を指します。
ただ、サイディングボードの全てが金属であるというわけではありません。

 

実際には、金属が使われているのは表側だけで、ボードの裏面には断熱材が入っているのです。
そんな金属系サイディングボードには、3つの特徴あります。

 

・他の素材で作られたサイディングよりも軽くなっている
・断熱材が裏側に入っていて、断熱性・防音性も高くなっている
・表側が金属で作られていて防水性が高くなっている

 

このように、金属系サイディングにも多くの特徴があるため、リフォームでは窯業系に続いて人気があります。
ただし、金属の種類によっては、高い価格が設定されている事があるので注意が必要です。

 

木質系サイディング

 

木質系サイディングは、天然の木を板状に加工し、その板に塗装したサイディングの事です。
天然の木を使っている事もあって、他のサイディングにはない木ならではの優しい質感を出せるのが最大の特徴だと言えます。

 

しかし、この木質系サイディングは、木が素材である事からも分かる通り、防火性は高くなく、塗装についても定期的に行わなければいけません。
つまり、リフォーム工事の価格が安く済んでも、長期的には高いコストが掛かる可能性があるわけです。

 

そのため、この木質系サイディングは、価格よりもデザインなどの面を重視している場合に向いている種類だと言えます。

 

樹脂系サイディング

 

樹脂系サイディングは、名前の通り樹脂によって作られているサイディングの事です。
そんな樹脂系のサイディングの特徴は2つあります。

 

耐久性や耐候性に優れている

 

例えば、他の素材で作られているサイディングは、潮風などによってサビなどが出来たり、極めて低い気温によってひび割れなどを起こす事があります。
しかし、樹脂系サイディングは素材が樹脂のため、特殊な気候でもサビやひび割れなどが起きる事はないのです。

 

メンテンスに必要なコストが少ない

 

実は、この樹脂系サイディングは、本来必要なシーリング材の補修が不要なのです。
また、それだけでなく再塗装を行う必要もありません。

 

そのため、この樹脂系サイディングでは、メンテナンス費用が他のサイディングと比べて低いのです。

 

リフォームでサイディングにするメリット・デメリット

 

リフォームでサイディングにするメリット・デメリット

 

リフォームで従来の塗り壁ではなく、サイディングにする事で得られるメリット、そしてデメリットについてご紹介します。
サイディングするメリットとデメリットを理解して比較する事で、本当にリフォームでサイディングにする必要があるかどうかを判断出来るようになります。

 

ですので、現時点でサイディングリフォームを行うか悩んでいる方は、その悩みを解決するためにもメリットとデメリットの両方をチェックしてみてください。

 

メリット

 

サイディングにする事で得られるメリットは、大きく分けて3つあります。

 

デザインや色の選択肢が広い

 

木質系では木に近い質感しか出せません。
しかし、その他のサイディングであれば、既に解説したように豊富なデザインや色を選ぶ事が出来ます。

 

リフォームの価格を抑える事が可能

 

例えば、本当のタイルやレンガを使うと価格が高くなってしまう事があります。
しかし、サイディングでタイル調やレンガ調にすれば、見た目はタイル・レンガのまま価格を抑える事が出来るのです。

 

職人の質による仕上がりに違いがない

 

なぜ変わりがないかと言うと、サイディングは既に作られた板を壁に貼るだけなので、担当する職人の腕の影響は殆どないからです。
このように、塗り壁ではなく、サイディングにすると得られるメリットは多くあります。

 

デメリット

 

上記の通りリフォームで外壁をサイディングにすると様々なメリットが得られますが、反対にデメリットもあります。

 

定期的に塗装リフォームが必要になる

 

サイディングボードの中には、それ自体に耐水性を持つものがあります。
しかし、基本的には、サイディングの上にある塗装によって高い防水性を実現しています。

 

そのため、長い時間が経ち塗装が剥がれてしまうと、防水性が低下してしまうのです。
それを防ぐためにも、定期的に塗装リフォームを行う必要があります。

 

また、樹脂系サイディング以外の種類は、施工時にサイディングボード同士の隙間を埋めるためにシーリング材・コーキング剤を使わなければいけません。
そして、そのシーリング材なども時間の経過と共に劣化するため、定期的に補修などを行う必要があるのです。

 

このように、外壁をサイディングにするとデメリットもあります。
そのため、メリットと比較した上で必要かどうかを判断するようにしましょう。

 

サイディングリフォームの4種類の施工方法

 

サイディングリフォームの施工方法

 

サイディングリフォームの施工方法には、以下の4種類の方法があります。

 

・従来のモルタル外壁をサイディング外壁に変える方法
・サイディングの塗装だけの方法
・サイディングそのものを張り替える方法
・サイディングの上から新しいサイディングを重ね張りする方法

 

では、これからそれぞれの施工方法の具体的な内容について、1つ1つ詳しく解説していきます。

 

モルタル外壁からサイディング外壁に変える

 

最初にご紹介するのは、モルタル外壁からサイディング外壁に変える施工方法です。
モルタル外壁とは、先ほどから何度か触れている塗り壁の事で、セメントと水、そして砂を混ぜたものを外壁に塗ったものを指します。

 

このモルタル外壁は、一昔前の時代に建てられた住宅などでよく採用されていました。
しかし、10年近く経つとひび割れなどが起こってしまう事が多いのです。

 

そして、そのひび割れなどの劣化があまりにも酷くてリフォームで修復出来ない場合などに、このサイディング外壁に変える施工方法が選ばれます。
もしくは、修復は出来るが、モルタル外壁の古いイメージを変えたい時などにも、この施工方法が選ばれる事があるのです。

 

ちなみに、この施工方法では、通常モルタル外壁の上からサイディングを貼り付けるか、外壁を取り除いてからサイディングを設置するかのどちらかの方法で行われます。

 

サイディングの塗装

 

この施工方法は文字通り、既に設置されているサイディングの塗装をリフォームで再塗装するのが具体的な工事の内容です。
また、この施工方法が選ばれるのは、主に2つのケースに分けられます。

 

1つ目のケースは現在のサイディングの劣化があまり進んでおらず、塗装さえ行えばまだ外壁の機能を保てるケース。
そして、2つ目のケースは単純にサイディング自体には問題はないが、リフォームして色を変えたいと考えているケースです。

 

このどちらかのケースに当てはまる場合には、このサイディングの塗装がよく施工方法として選ばれます。

 

サイディングの張替え

 

この施工方法もそのままの意味で、現在あるサイディングを新しいサイディングに張り替えるのが具体的な工事の内容です。
このサイディングの張替えがリフォームなどで選ばれるのは、主に以下の2つのケースです。

 

・設置されているサイディングの劣化が激しく、塗装だけでは機能が保てない
・現在のサイディングからデザインや質感を変更したい

 

ちなみに、この施工方法は、塗装だけの工事とは違ってサイディングを入れ替えるだけで済むため、工事期間が短くなるメリットがあります。

 

サイディングの上から重ね張り

 

現在使われているサイディングを取り除く事なく、その上から新しいサイディングを重ねて張るのが主な工事の内容です。
そんなサイディングの上から重ね張りという施工方法は、費用を抑えて新しいサイディングにリフォームしたい時に選ばれます。

 

なぜこの施工方法では費用が抑えられるのかと言うと、この施工方法では既存の外壁の撤去費用が必要がないからです。
ただし、この施工方法は、ベースとなる既存のサイディングの劣化が激しい場合には出来ないと判断される事もあります。

 

外壁サイディングのリフォームの価格・相場

 

外壁サイディングのリフォームの価格・相場

 

外壁サイディングのリフォームの価格・相場は、当然外壁の面積の大きさやサイディングの種類、デザインなどによって変わります。
ただ、外壁サイディングリフォームを実際に行ったケースの約6割が、50万円から150万円ほどの価格である事が明らかになっているのです。

 

そのため、相場としてはこの50万円から150万円ほどを1つの目安として考えると良いでしょう。
ちなみに、この外壁サイディングのリフォームの価格の内訳は、以下のようになる事が多いです。

 

・サイディングボードや塗料、養生などに必要な材料費が約20%
・サイディングボードの設置作業などに必要な足場を組む費用が約20%
・リフォームを担当する職人などの人件費約30%
・業者の運営費等の雑費が約30%

 

このように、外壁サイディングのリフォームの価格は、様々な費用から構成されています。

 

価格は業者によって変わる

 

上記の通り、外壁サイディングのリフォームの価格・相場は多くの場合50万円から150万円ほど。
ただ、この価格は業者によって変わる事があるため注意が必要です。

 

例えば、全国的に展開している大手のリフォーム業者の場合、サイディングや塗料を一度に大量に仕入れるため材料費を安くする事が出来ます。
しかし、リフォーム工事自体は下請けなどに依頼する事がほとんど。

 

そして、その下請けに依頼する事で高い中間マージンが発生し、結果的に価格が割高になってしまう事があるのです。
一方で、地元密着型の業者の場合、材料は大手のように大量ではないため、通常の価格でしか購入する事が出来ません。

 

しかし、その地元業者の場合は、リフォームをほとんど全て自社で担当します。
そのため、高い中間マージンが必要なく、結果として価格が安く抑えられる事があるのです。

 

このように、リフォームの価格というは依頼する業者によっても変わります。

 

外壁サイディングリフォームの価格を安くするポイント

 

外壁サイディングリフォームの価格を安くするポイント

 

外壁サイディングリフォームの価格を少しでも安くするためのポイントについてご紹介していきす。
リフォームの価格を安くするポイントは、以下の3つです。

 

・可能であれば、張替えではなく重ね張り工事でサイディング貼る
・複数のリフォーム業者の実績や価格を比較する
・外壁サイディングと同時に屋根などのリフォームも依頼する

 

では早速、それぞれのポイントについて、より詳しく解説していきます。

 

張替えではなく重ね張り工事を行う

 

サイディングリフォームの価格を安くするための1つ目のポイントは、可能であれば重ね張り工事を行う事です。
既に解説している通り、外壁のサイディングリフォームには様々な施工方法があります。

 

そして、その中にモルタル外壁を取り除いて、新しいサイディングに張り替える方法と既存のサイディングを張り替える工事がありました。
ただ、もし外壁の状況に問題がなければ、この張替え工事よりも重ね張り工事をした方が工事費用は安く済みます。

 

なぜなら、重ね張りであれば、壁の撤去費用やその撤去の際の人件費、足場の費用などが必要な無いからです。
そのため、もし価格を安くしたいのであれば、見積もり時などに業者に重ね張りが出来ないかも同時にチェックしてもらうと良いでしょう。

 

複数業者と比較をする

 

サイディングリフォームの価格を安くするための2つ目のポイントは、複数業者との比較です。
外壁のサイディングリフォームに限った話ではありませんが、複数業者の比較は価格を抑えるためには非常に需要だと言えます。

 

なぜなら、複数の業者を比較しなければ、見積もり価格が適正かどうか判断できず、場合によっては相場よりも高い価格を支払う事になる事もあるからです。
また、比較をすれば、高い価格を支払う事を避けられるだけでなく、その中から安い価格の業者を選ぶ事も出来ます。

 

このような理由があるため、リフォームを依頼する前には必ず複数業者の比較を行うようにしましょう。

 

屋根などの他の箇所のリフォームも行う

 

サイディングリフォームの価格を安くするための3つ目のポイントは、他の箇所のリフォームも同時に行う事です。
通常、他の箇所のリフォームを行うと、その分リフォームの価格は高くなりますが、中にはお得になるケースがあります。

 

例えば、サイディングリフォームでは足場を組みますが、この足場を使う屋根のリフォームなどを行うのです。
そうすると、30万円ほど掛かる事もある足場の費用が1回分節約出来ます。

 

もちろん、屋根などに全く問題がないのであれば、無理にリフォームをする必要はありません。
ただし、近い将来リフォームをする可能性があるのであれば、この同時に依頼する事も検討してみる事をおすすめします。

 

外壁サイディングリフォームの注意点

 

外壁サイディングリフォームの注意点

 

サイディングリフォームに関する注意点は、以下の2つのものがあります。

 

・サイディングには定期的なメンテナンスが必要
・リフォーム業者による大幅な価格の値引き

 

サイディングリフォームで失敗や後悔をしないためにも、注意点については一通りチェックしておいてください。

 

定期的なメンテナンスが必要

 

外壁サイディングリフォームに関する1つ目の注意点は、定期的なメンテナンスが必要である事です。
既に解説しましたが、サイディングの種類の中には防水性が無い素材のものもあります。

 

そのような素材のサイディングの場合、塗装を行う事で防水性を出しています。
そして、塗装は長い時間が経つと劣化するため、定期的に塗り直さなければいけません。

 

また、隙間を埋めるためのコーキング剤などの補修も定期的に必要なのです。
もしこのメンテナンスを怠ると外壁の耐久性が落ちるため、忘れないように注意してください。

 

ちなみに、サイディングのメンテナンスは通常の外壁塗装と違って、コーキング・シーリングの打ち替えも必要です。
そのため、メンテナンスの価格は通常の外壁塗装だけの場合と比べて高くなる事もあります。

 

しかし、メンテンス自体は約10年に一度と多くないので、長期的に見れば通常の外壁塗装と負担が変わらない事もあるのです。

 

大幅な価格値引きに注意

 

外壁サイディングリフォームに関する2つ目の注意点は、大幅なリフォーム価格の値引きについてです。
実は、リフォーム業者の中には値下げをする事を前提で価格を設定している事があります。

 

そのような業者に対して値引きの相談をすると、当然値下げが前提で設定している価格なので、すぐに大幅な値引きをしてくれるのです。
しかし、このような大幅な値引きをする業者には注意しなければいけません。

 

なぜなら、そういった業者は値引き交渉をしない人に対しては、通常の価格よりも高い価格で工事を受注しようと考えている不親切な業者であるからです。
もちろん、不親切である事と工事の仕上がりに関係性はありません。

 

しかし、安心して工事を依頼したいのであれば、念のためにこういった業者への工事の依頼は避けた方が良いでしょう。

 

サイディングリフォームの価格のまとめ

 

サイディングリフォームの価格のまとめ

 

今回記事で解説したように、外壁のサイディングリフォームを行うと、デザインや色の選択肢が増えたり、リフォームの価格が抑えられるなど様々なメリットがあります。
ただし、サイディングの種類やリフォームの施工方法、また選ぶ業者などによって、リフォームの価格が大きく変わる事もあるので注意しなければいけません。

 

もし現在リフォームを考えている方は、そういった違いなどを理解し、なるべく安い価格でリフォームの工事を依頼するようにしてもらいたいと思います。
一括見積もりのようなサービスで、複数業者に依頼する事もおすすめです。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。