壁の撤去リフォーム

壁を撤去するリフォームに掛かる費用と注意点

壁の撤去リフォームについて

 

壁の撤去リフォーム

 

間取りを変更するリフォームの中でも、壁を撤去する工事は注目を集めています。
大掛かりな工事になりそうなイメージがありますが、意外と手軽に施工出来る場合も多いのです。

 

しかし、行き当たりばったりで壁を撤去して良いという訳ではありません。
適当なリフォームを依頼してしまうと、部屋の機能性や家全体の耐久性について問題が出てくる事もあるからです。

 

また、どれくらいの予算を用意すれば良いかについても、事前に把握しておきたい点と言えます。
壁を撤去するリフォームに掛かる費用や実際にリフォームを依頼する際の注意点についてチェックしていきましょう。

 

 

壁を撤去するリフォームの費用相場

 

壁を撤去するリフォームの費用相場を把握している人は意外と少ない物です。
依頼する業者や部屋の広さによって必要な金額は変わってきます。

 

しかし、ある程度の相場だけでも把握しておけば、見積もり内容が割高なのか割安なのかを判断しやすくなるでしょう。
また、悪徳業者に法外な値段のリフォームを提案された場合でも対処しやすくなります。

 

リフォーム事例ごとの費用の相場を確認すると共に、費用を安く抑えるポイントについても見ていきましょう。

 

リフォーム事例に応じた費用の相場

 

壁を撤去するだけの工事であれば、5?6万円程度の費用で施工する事が可能です。
しかし、コンセントの移動などの電気工事をする場合には3?4万円程度、撤去した部分に引き戸を付ける場合には15〜20万円程度の追加費用が掛かります。

 

また、壁紙やフローリングなどのリフォームも合わせて行うと、合計で30万円以上の費用が掛かる事も珍しくありません。
実際のリフォーム事例で掛かった費用を以下の表でチェックしてみてください。

 

リフォーム事例 追加の工事 費用
引き戸の付いた間仕切り壁を撤去する工事 フローリング・壁紙の張替え 約30万円
壁を撤去した後、折れ戸を設置する工事 梁による耐震性の補強 約40万円
壁を撤去して、リビングと和室を繋げる工事 和室の床や壁を洋風に変更 約60万円
キッチン上部の壁を撤去する工事 キッチンのリフォーム 約80万円

 

リフォームに掛かる費用を安く抑えて壁を撤去するポイント

 

壁を撤去するリフォームに掛かる費用を安く抑えるポイントとしては、最低限の工事に留める事が挙げられます。
壁を撤去する際、フローリングや壁紙、天井など全ての部分をリフォームすれば統一感のある部屋になります。

 

しかし、その分費用は高くなりがちです。
あまり来客の目に触れない部屋であれば、一部分だけのリフォームで済ませる事も選択肢に入れましょう。

 

壁を撤去して繋がる部屋の天井の高さが違う場合、高さの違いをそのままにしておく事も費用を軽減するために有効です。
また、同じリフォーム内容であっても、業者によって請求される金額は異なります。

 

1社だけで決めてしまうのではなく、複数業者から見積もりをとって比較検討しましょう。

 

壁を撤去するリフォームの注意点

 

壁を撤去するリフォームの注意点

 

壁を撤去するリフォームは外壁や外構部分のリフォームと違い、生活に密着した空間が工事の対象となります。
そのため、工事に掛かる期間やリフォーム後の生活の快適さなど、注意しておくべき点も多いのです。

 

また、壁を撤去する工事に制限が掛かる場合がある点にも注意が必要となります。
途中でリフォーム内容を変更しなければならない事態を避けるためにも、細かい計画を立てる前に要点を把握しておきましょう。

 

壁を撤去するリフォームで覚えておきたい主な注意点としては、以下のような項目が挙げられます。

 

壁を撤去する工事に掛かる期間

 

壁を撤去する工事に掛かる期間は4〜6日程度です。
撤去のみに掛かる期間という訳ではなく、壁の補修も含めてこの長さとなっています。

 

ただし、繋げた部屋の壁紙や床を全て入れ替える、部屋を広くすると同時に和室を洋室にするなどのリフォームを行う場合、当然リフォーム期間は長くなります。
壁を撤去する部屋の状況によっても期間の長さは変わってくるので、業者に確認する事がオススメです。

 

工期を短く済ませる選択肢を提示してもらえる場合もあります。

 

リフォームで撤去出来ない壁も存在する

 

どんな壁でもリフォームで撤去出来る訳ではありません。
建物の構造に大きく関わる耐力壁は、地震や台風から家を守るために残しておく必要がある部分です。

 

木造建築における耐力壁としては、筋交い壁と面材耐力壁が挙げられます。

 

筋交い壁

 

筋交い壁は、柱の間に斜めに入れて建物を補強する筋交いのある壁です。
筋交いは横方向の力を支えてくれる役割を持っています。

 

もし筋交い壁を撤去してしまうと、地震や台風で家が崩れる危険性が高くなってしまうため、撤去する事は出来ません。

 

面材耐力壁

 

面材耐力壁は2×4工法で用いられる事の多い、建物を面で支えている壁です。
面材を壁全体に施工する事で、筋交いと同様に建物を補強する事が出来ます。

 

撤去すると耐震性が損なわれる事に加え、家が傾くなどの事態につながるため、撤去する事は出来ません。

 

マンションで壁を撤去する場合に注意したい事

 

マンションで壁を撤去する工事を行う場合には、特に注意が必要です。
基本的に専有部分の壁を撤去する事は問題ありませんが、マンションの管理規約でリフォームに制限がかけられている事があります。

 

リフォーム自体は可能であっても事前の届出が必要となるケースもあるので、しっかり調べておきましょう。
リフォームの際には、騒音などでトラブルにならないよう、近隣の方にきちんと挨拶をしておく事も大切です。

 

また、マンションが壁で支える構造になっている場合、コンクリートの壁を撤去する事は出来ません。

 

採光・通風・換気にも気を配る

 

壁を撤去する事で変わるのは、部屋の広さだけではありません。
部屋の中への光の入り方や風の通り抜ける経路も、壁を撤去する事によって変わります。

 

深く考えずにリフォームしてしまうと、リフォーム後の部屋で快適な生活を送れない場合も出てくるでしょう。
そのため、リフォームを施工する前に採光や通風にも気を配らなければなりません。

 

シックハウス対策の換気設備が必要になる事もあるので、予算の面でもリフォーム後の影響を考える事は大切です。

 

壁を撤去するリフォームを行うメリット・デメリット

 

壁を撤去するリフォームを行うメリット・デメリット

 

壁を撤去する費用や注意点について見てきました。
しかし、そもそもどんなメリット・デメリットがあるのかを気にしている方もいるでしょう。

 

あなたにとってメリットが魅力的であればリフォームする価値は高まりますし、逆にデメリットが気にかかるようであればリフォームを再考した方が良い事もあります。
壁を撤去するリフォームにどれだけの予算を用意するかを考える上でも、メリット・デメリットを知っておく事は大切です。

 

壁を撤去する事によるメリット・デメリットは、以下のようになっています。

 

壁を撤去するリフォームのメリット

 

壁を撤去するリフォームのメリットは、何と言っても部屋のスペースが広くなる事です。
現在使っていない子供部屋などを活用すれば、誰かに生活の不自由を押し付ける事なく広い部屋を確保する事が出来ます。

 

単に間取りが広くなるというだけでなく、開放感の高さから部屋全体が広く見えるという効果も期待出来るリフォームです。
同時に壁紙などを変えれば、気分を一新して生活する事が出来るでしょう。

 

また、部屋の間を遮っていた壁がなくなる事で、風通しが良くなるケースも多く見られます。

 

壁を撤去するリフォームのデメリット

 

壁を撤去するリフォームのデメリットとしては、冷暖房が行き渡るスピードが遅くなる点が挙げられます。
壁を撤去するという事はそれだけ部屋の体積も増えるという事ですから、なかなか適切な室温にならない可能性がある訳です。

 

部屋の状況によっては出力の高い冷暖房に交換したり、壁に断熱材を入れたりするなど追加の対応が必要になる事もあります。
夏の暑さや冬の寒さが厳しい地域では、冷暖房の面で問題がないか確かめてからリフォームを依頼しましょう。

 

壁を撤去するリフォームまとめ

 

壁を撤去するリフォームまとめ

 

壁を撤去する工事に掛かる費用は5〜6万円程度ですが、電気工事や引き戸の設置、部屋全体のリフォームも含めると30万円以上になる事も珍しくありません。
予算を抑えたいのであれば、リフォームを行う箇所を限定したり、複数の業者を比較したりするなどの対策を意識しましょう。

 

壁を撤去するリフォームでは、工期の長さや採光・通風・換気についてもしっかりと考えておきましょう。
また、家の構造上撤去すると耐震性に問題が出る壁もあるので、撤去出来ない壁を調べておく事も大切です。

 

壁を撤去する事に部屋が広くなるメリットがありますが、冷暖房が行き渡りにくくなるデメリットもあります。
利点・欠点の両方を理解した上で、実際にリフォームするかどうかを判断してください。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。