一軒家リフォームについて

一軒家のリフォームの費用相場と注意点

一軒家リフォームの費用や注意点、事例など

 

一軒家リフォーム

 

一軒家で長く暮らしていると、「古くなった設備を新しくして住みやすくしたい」「家族構成の変化に合わせて間取り変更したい」など、様々な理由でリフォームを考える場面があるでしょう。
また、中古の一軒家を購入してリノベーションするという形も最近多く見られます。

 

しかし、一軒家のリフォームに掛かる費用について詳しく知っている方は意外と少ない物です。
どの程度の費用が掛かるのかを把握しておけば、用意する予算の金額を想定しやすくなります。

 

また、一軒家ならではの注意点も完成度の高いリフォームを目指すなら、ぜひ確かめておきたい所です。
一軒家のリフォームに掛かる費用の相場と注意すべき点についてチェックしていきましょう。

 

 

一軒家のリフォームに掛かる費用の相場

 

一軒家のリフォームは工事の規模によって掛かる費用が大きく異なります。
水回りの設備を新しくするだけのリフォームと大幅な間取り変更を含むリフォームで、必要な予算が変わってくるのは当然の事です。

 

そのため、一軒家のリフォームに掛かる費用を把握するには、工事の規模ごとに相場を見ていく必要があります。
工事規模ごとにまとめたリフォーム費用の相場は以下の通りです。

 

合わせてリフォーム費用の節約に役立つ補助金・減税制度についても紹介しています。

 

リビング・風呂などを原状回復するためのリフォームの相場

 

一軒家でリビング・風呂などの生活空間を原状回復するためのリフォームに掛かる費用の相場は、200〜500万円程度となっています。
ユニットバス・キッチン・トイレ・洗面台をリフォームして、水回りの設備を交換する工事であれば全て合わせても200万円程度で可能です。

 

しかし、壁付きキッチンを対面型キッチンに変更する場合は、追加で25万円程度が必要になります。
また、壁紙の交換をする場合は80万円程度、フローリングの張替えをする場合は90万円程度というように、工事を行う箇所が増えれば増えるほど費用は高くなっていく物です。

 

そのため、予算を考慮してどの程度までリフォームするかを決める必要があるでしょう。

 

二世帯住宅への変更など全体をリノベーションする際の相場

 

二世帯住宅への変更など一軒家をまるごとリノベーションする場合、掛かる費用の相場は1000万円以上になる事が珍しくありません。
水回りのリフォームに掛かる費用は同じですが、耐震補強や断熱対策、間取り変更など様々な工事が必要となるため、費用は高くなりがちです。

 

また、家全体のリノベーションの費用は、工事をする床面積によっても大きく変動します。
地域によっても差は出ますが、床面積ごとの相場の目安は以下の通りです。

 

床面積 費用の相場
20坪 750〜1150万円程度
30坪 1200〜1700万円程度
40坪 1400〜2000万円程度
50坪 1900〜2500万円程度

 

壁の撤去まで含むスケルトンリフォームを行う場合の費用

 

一軒家で内装のリノベーションに留まらず、屋根や壁の撤去まで含むスケルトンリフォームを行う場合、費用はさらに高くなります。
基礎部分と柱以外の部分を新たに作り直さなければなりませんし、廃材の処分に掛かる手間も大きくなるからです。

 

床面積ごとのスケルトンリフォームの相場の目安は、以下のようになっています。

 

床面積 費用の相場
20坪 1000〜1400万円程度
30坪 1350〜1800万円程度
40坪 1600〜2100万円程度
50坪 1900〜2500万円程度

 

一軒家のリフォームで活用出来る補助金・減税制度

 

原状回復・リノベーションどちらの場合でも、一軒家のリフォームには多額の費用が掛かります。
費用を出来るだけ節約したいと考えているのであれば、利用出来る補助金・減税制度についても知っておきましょう。

 

耐震リフォーム・省エネリフォーム・バリアフリーリフォームなど、一定の条件を満たした工事を行う場合、減税制度を利用する事が可能です。
所得税の減税制度には投資型減税・ローン型減税・住宅ローン減税の3種類があり、ローンの有無や借り入れ期間などによって利用出来る制度は異なります。

 

また、自治体によっては独自の補助金制度を実施している場合があるので、しっかりと確認する事が大切です。
詳しくは別のページにまとめてありますので、確認してみてください。

 

一軒家のリフォームをする際の注意点

 

一軒家のリフォームをする際の注意点

 

一軒家のリフォームをする事を決めた場合でも、すぐに施工を依頼する事は避けた方が無難です。
工事期間中の家族の生活についてきちんと考えなければなりませんし、現状の不満への対策としてリフォーム以外の選択肢が適している場合も少なくありません。

 

また、家の構造や法規制によってリフォームの工事内容に制限が掛かる可能性も無視出来ない点です。
制限が掛かる事を知らずにリフォームをしてしまうと、違法建築になってしまう恐れがあります。

 

そのため、一軒家のリフォームで注意しておくべき点をあらかじめ把握しておく事が大切です。
一軒家のリフォームをする際の注意点には、以下のような事が挙げられます。

 

一軒家のリフォームに適した時期と工事期間を把握する

 

一軒家のリフォームをいつ行うかは重要な問題です。
日常生活に不満を感じているならリフォームをする理由は十分ですが、あまりに頻繁に工事をするといくら予算があっても足りません。

 

そのため、リフォームに適した時期のサイクルを知る事が必要です。
水回りの設備の交換は10年ごと、外装・屋根のリフォームは10〜20年ごとに行う事が1つの目安となっています。

 

ただし、予算の関係で同時にリフォームする事が難しいのであれば、5年ごとに一部のリフォームを行うなどの選択肢もあるでしょう。
また、工事中の生活で不便を出来るだけ感じないようにするには、リフォームに掛かる期間の長さをあらかじめ把握しておく事も重要です。

 

工事を行う場所や劣化の進み具合によって掛かる期間は変化するので、依頼するリフォーム業者としっかりスケジュール調整をしておきましょう。

 

思ったような間取り変更が出来ない場合がある

 

一軒家のリフォームでは思ったような間取り変更が出来ない場合があります。
LDKの間仕切りを撤去して1つの部屋にする程度の工事であれば問題ない場合が殆どです。

 

しかし、水回りの設備を移動させる場合、配管工事や電気工事が必要になる事もあります。
追加の工事を行うと費用はそれだけ増えますから、予算の都合上間取り変更を諦めなければならない場合も出てくるでしょう。

 

また、壁で家全体を支える構造の場合、撤去出来ない壁が存在する事もあります。

 

法規制により増築や使用する部材に制限が掛かる事もある

 

一軒家のリフォームは工事内容の自由度が高いのですが、法規制によって制限が掛かる事もあります。
建ぺい率や日陰規制など、様々な面で条件をクリアしなければなりません。

 

増築を含むリフォームを行う場合、自治体によっては申請をする必要がある所も多いのです。
また、地域の防災規制によって、リフォームに使用する部材が制限される事もあるので注意してください。

 

例えば、窓・ドアなどに燃えにくい素材を採用する必要がある場合、その分のコスト上昇を考慮して予算を決める必要があります。

 

仮住まいのアパートの賃貸料など一時的な費用も考慮する

 

一軒家をリフォームする際、工事の規模によっては仮住まいとしてアパートなどを借りなければいけない場合もあります。
一軒家に住みながらリフォーム出来る場合もありますが、スケルトンリフォームなど大規模な工事を依頼する場合には仮住まいが必要となるでしょう。

 

仮住まいで暮らす際には賃貸料や引越し料金など一時的な費用が発生するので、その分も予算に組み込んでおかなければなりません。
特にリフォームが長引く場合、賃貸料も高くなりますから事前に計算しておく事が重要です。

 

仮住まいの事を考えずにリフォームの予算を組んでしまうと、後で資金不足に陥る可能性もあります。

 

リフォームではなく建て替えと言う選択肢もある

 

住んでいる一軒家に不満がある場合、何もリフォームだけが唯一の選択肢という訳ではありません。
いったん家を取り壊して基礎部分から作り直す建て替えという選択肢もあります。

 

不満のある点の解消だけに留まらず、理想の家作りを追求する事が可能です。
ただし、仮住まいが絶対に必要になりますし、工事期間もリフォームと比べて長くなります。

 

家の解体に掛かる費用も考えなければならないため、リフォームする場合と比較してどちらが現在の状況に適しているかを判断する必要があるでしょう。

 

一軒家リフォームを依頼する業者の選び方のコツ

 

一軒家リフォームを依頼する業者の選び方のコツ

 

一軒家をまるごとリフォームする場合、DIYで作業を進めていく事は難しくなります。
そのため、基本的には専門のリフォーム業者に依頼する事になるでしょう。

 

しかし、よく考えず新聞広告などで目に付いたリフォーム業者に工事を依頼してしまうと、悔いの残る結果になりかねません。
リフォーム業者と一口に言ってもそれぞれ差があり、想定するリフォームに適しているかどうかが違うからです。

 

満足出来るリフォームを目指すには、業者選びのコツを覚えておく事が欠かせません。
具体的な業者選びのコツとしては、以下のような点が挙げられます。

 

価格や提案力の違いを理解して適した業者を選ぶ

 

リフォーム業者は、価格や提案力に違いがあります。
大手リフォーム会社は価格は高いのですが多くの実績があり、工事内容の提案力はバッチリです。

 

ショールームなども用意されているため、具体的なイメージを掴みやすいというメリットもあります。
地元の工務店は大手リフォーム会社より価格が安い傾向にありますが、提案力は会社ごとにまちまちです。

 

そのため、満足の行くアドバイスを受けられない事もあります。
「費用が高くなっても一軒家の機能性やデザインにはこだわりたい」「デザインは単純な物で良いので費用を安くしたい」など自身の希望を明確にした上で、適した価格・提案力の業者を選ぶようにしましょう。

 

もちろん、会社の規模だけでなく個々の業者によっても細かな違いがあるので、口コミ情報や過去の実績などもチェックしておくと良いでしょう。

 

相見積もりを取って複数の業者を比較検討する

 

相見積もりを取って複数のリフォーム業者を比較検討する事も重要なポイントです。
いくら優良な業者に思えたとしても、1社の見積もりだけで判断してしまうのは危険と言えます。

 

もしその業者が地域の相場よりも割高な価格設定をしていた場合、気付かないうちに損をしてしまうでしょう。
施工内容や価格を比較してベストな業者を見つけ出すため、必ず相見積もりを取るようにしましょう。

 

紹介サイトなどを活用すれば複数のリフォーム業者に一括で見積もりを取る事も出来ます。

 

一軒家のリフォーム事例

 

一軒家のリフォーム事例

 

一軒家のリフォームに掛かる費用の相場や注意すべき点をチェックしてきましたが、実際のリフォーム事例を見ておく事も同じくらい大切です。
具体的な工事の内容と掛かった費用をチェックする事で、自宅のリフォーム計画をよりイメージしやすくなります。

 

また、他の一軒家のリフォーム事例の中から、工事内容のアイディアを得られる事もあるでしょう。
多くの事例を知れば知るほど、リフォームの選択肢の幅が広がるはずです。

 

ここでは一軒家のリフォームを考える際、参考になる事例を以下で2件紹介します。

 

大幅な間取り変更をしない原状回復のためのリフォーム事例

 

大幅な間取り変更を行わず、原状回復を主な目的として行ったリフォームの事例です。
洗面台のサイズを小さくして収納スペースを確保するなど、水回りを中心に利便性を向上させています。

 

壁紙を交換し、フローリングも張り替えた事で内装の雰囲気を大きく変える事に成功した事例です。
間取り変更はキッチンの間仕切り壁を撤去する程度で、費用を抑える事に貢献しています。

 

35坪の一軒家のリフォームに掛かった費用は、約440万円。
同じ床面積をフルリノベーションした場合の相場と比較してみると、かなり安い事が分かります。

 

中古の一軒家を購入してフルリノベーションした事例

 

築年数の古い一軒家を購入してフルリノベーションをした事例です。
スケルトンリフォームを行い、耐震性の補強や吸音性の高い断熱材の導入など様々な工事を行っています。

 

45坪の一軒家のフルリノベーションに掛かった費用は、約2500万円。
一般的な費用相場と比べると割高に見えますが、ベランダや駐車場を新たに作るなどこだわりの強いリフォームを行った結果と言えます。

 

また、基礎部分についてもしっかり補強を行い、安心して住める家を作り上げています。
劣化の進んだ中古住宅であっても、十分な予算があれば納得の行くリノベーションを行える事が分かるでしょう。

 

一軒家のリフォームまとめ

 

一軒家のリフォームまとめ

 

一軒家を原状回復するためのリフォームに掛かる費用の相場は200〜500万円程度です。
家全体をリノベーションする場合、1000万円以上の費用が掛かる事も珍しくありません。

 

壁を撤去するスケルトンリフォームを行うなら、さらに費用は高くなります。
ただ、減税・補助金制度を利用出来る可能性があるので、費用節約に役立てましょう。

 

一軒家をリフォームする際は、いつ工事をするか・工事にどれ位の期間が掛かるかを把握しておく事が大切です。
工事期間が長い場合、仮住まいの賃貸料も予算に組み込んでおきましょう。

 

また、家の構造や法規制によって工事内容に制限が掛かる事もあります。
場合によっては建て替えという選択肢も考えると良いでしょう。

 

リフォーム業者は価格や提案力の差を理解した上で、選ぶ事が大切です。
1社だけで決めることなく、必ず相見積もりを取りましょう。

 

実際の事例の費用と相場を比較してみる事も参考になります。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

タウンライフリフォームの一括見積もり

【タウンライフリフォームで適正価格診断】
  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単!リフォームの適正価格診断はこちら。