リフォームのお祝いについて

リフォームのお祝いの相場とおすすめの贈答品

リフォームのお祝いの相場や注意点など

 

リフォームのお祝い

 

自宅をリフォームした友人をお祝いする際、どんな物を贈れば良いのか迷ってしまう方は多いでしょう。
これまで何度も新築祝いを贈った事のある人であっても、改築祝いとなると勝手が違ってきます。

 

しかし、せっかくお祝いするのですから、相手が喜んでくれる贈答品を選びたいはずです。
また、どれくらいの値段の贈答品を選べば良いかも悩みの種になります。

 

地域によって差は出てきますが、大体の相場を把握しておく事が大切です。
リフォームのお祝いの相場とおすすめの贈答品についてチェックしていきましょう。

 

 

リフォームのお祝いの相場

 

リフォームのお祝いに掛ける費用に絶対的な基準はありませんが、ある程度の相場はあります。
相場より極端に安いお祝いを贈ると失礼になってしまいますし、逆に極端に高いお祝いを贈ると相手に気を遣わせてしまうでしょう。

 

相手に気兼ねなく喜んでもらうためにも、お祝いの相場を知っておいて損はありません。
ただ、お祝いを贈る相手によってお祝いの金額は変わってくる物なので、それぞれのお祝いの相場をチェックしていきましょう。

 

合わせて受け取ったお祝いへお返しをする際の相場についても見ていきます。

 

贈る相手ごとのお祝い品の相場

 

リフォームのお祝い品を贈る相手ごとの相場の目安は以下の通りです。

 

家族・親戚 5,000〜30,000円
友人・知人 3,000〜10,000円
職場の同僚や上司 3,000〜10,000円
お世話になった方 10,000〜30,000円

 

注意すべき点としては、あくまで上記の金額は目安に過ぎないという事です。
お祝いする相手との関係性によっては、相場の範囲外の贈答品を贈った方が良い場合もあります。

 

また、複数人でお金を出し合い、まとめてお祝いを用意するケースも考えられるでしょう。
状況に合わせて柔軟にお祝い品の金額を変える事が大切です。

 

受け取ったお祝いへのお返しの相場

 

自宅をリフォームした際に受け取ったお祝いへのお返しの相場は、贈答品の金額に応じて変化します。
貰った贈答品の金額の3分の1から半額程度が、お返しの大体の相場です。

 

受け取ったお祝いに対して金額の割合が低いように感じるかもしれませんが、相手に気を遣わせないためにも相場の範囲内に収めておきましょう。
感謝の気持ちを伝えようと考えて、貰った贈答品と同じ金額のお返しやもっと高いお返しを用意すると、逆にマナー違反となってしまいます。

 

リフォームのお祝いにおすすめの贈答品

 

リフォームのお祝いにおすすめの贈答品

 

リフォームのお祝いの相場を把握出来たとしても、その金額の範囲内で何を贈れば良いかという問題が解決した訳ではありません。
贈答品にこれと言った決まりはなく、縁起の悪い物でなければ何を贈っても問題はありませんが、出来れば相手にとって価値のある物を選びたい所です。

 

リフォームした人の置かれている状況によって適した贈答品は異なるものの、一般的にお祝いで人気の高い品物であれば無難な選択肢になってくれる事でしょう。
リフォームのお祝いにおすすめの贈答品としては、以下のような物が挙げられます。

 

お祝い金(現金)

 

お祝いの品に悩んだ時に最も無難なのは、お祝い金(現金)を贈る事です。
現金であれば受け取った側が自由に使い方を選択出来ますし、貰って困るという事もありません。

 

リフォームを行う際には想定以上に費用が掛かる事も多いので、家計の負担を減らせる現金はありがたい物です。
予算不足でなかったとしてもリフォーム後は何かと物入りになりがちですから、お祝いとして適してきます。

 

ただし、金額は1万円・3万円など、お札の枚数を奇数にするよう心がけてください。
お祝いで現金を渡す場合、奇数の方が縁起が良いとされているからです。

 

商品券

 

いくら無難でも現金をそのまま渡す事に抵抗がある、という方には商品券やギフトカードがオススメです。
現金ほどではありませんが使い道の選択肢が豊富にありますし、用意するにもそれほど手間が掛かりません。

 

商品券やギフトカードをリフォームのお祝いとして贈る際は、使える店舗が多い物を選ぶと良いでしょう。
おこめ券やビール券などよりも、JCBギフトカードやVJAギフトカードのように様々なカテゴリの商品に対応した物の方が使いやすいはずです。

 

また、コンビニなどで使えるQUOカードも贈答品として無難な選択肢になります。

 

カタログギフト

 

カタログギフトもリフォームのお祝いに悩んだ際にオススメの贈答品です。
掲載されている品物の中から受け取った相手が欲しい物を選んで注文出来るため、貰って困る事はないでしょう。

 

詳しく調べない限り、贈ったカタログギフトの金額が相手に分からないという点が、お祝い金や商品券にはないメリットです。
ただし、カタログギフトと一口に言ってもその内容はそれぞれ異なるため、リフォーム後に適した物や相手の趣味に合った物を選ぶ必要があります。

 

家電製品

 

掃除機や空気清浄機、加湿器などの家電製品もリフォームのお祝いにオススメです。
リフォームの予算が不足していると、家を改築したにも関わらず、家電製品は古い物をそのまま使っているというケースが良くあります。

 

せっかく新しい内装に変えたにも関わらず、雰囲気の合わない家電製品を使っていては台無しです。
そのため、お祝いとして家電製品を選ぶ事は無難な選択肢と言えます。

 

ただし、既に購入した家電製品を贈っても意味はありませんし、他の方とお祝いが重複してしまっても困ります。
家電製品をお祝いの品に選ぶ際は相手にあらかじめ確認を取っておいた方が良いでしょう。

 

日用品

 

タオルなどの日用品もリフォームのお祝いとして人気が高いです。
数があっても困る事がありませんから、他の方のお祝いと重複する心配をせずに贈る事が出来ます。

 

特に洗剤などの消耗品は日常生活での必要性が高いので、喜んでもらえる可能性が高いです。
ただし、人によっては使う日用品にこだわりを持っている場合もあります。

 

こだわりに合致しない日用品を贈ってしまう事態を避けたいのであれば、家電製品と同様にあらかじめ相手に確認を取る事がおすすめです。

 

リフォームをお祝いする時のマナー

 

リフォームをお祝いする時のマナー

 

リフォームをお祝いする際、贈答品を手渡しするという方は稀でしょう。
基本的にしっかりと包装をしてから相手に渡すはずです。

 

しかし、どんな水引を選べば良いのかいまいち分かっていないという方も多いのではないでしょうか。
また、贈答品に添えるお祝いのメッセージについても気を付けておかなければいけない点が存在します。

 

受け取った相手に失礼がないように、ある程度のマナーを知っておく事が重要です。
リフォームをお祝いする時に注意すべきマナーについてチェックしていきましょう。

 

贈答品の水引・のし紙

 

リフォームのお祝いの品に使う水引は、紅白の結び切りを選ぶ事が一般的です。
紅白の結び切りは一度きりにしたい事柄を祝う場合に用います。

 

小規模なリフォームを繰り返す予定があるような場合を除いて、リフォームを何度もしなければならない事態は避けたい物ですから、紅白の結び切りを選びましょう。
のし紙の表書きとしては、「御祝」「祝御改装」「改装御祝」などの書き方があります。

 

贈る品物に水引・表書きの条件を満たしたのし紙をかければ、包装は完了です。
なお現金を贈る場合は祝儀袋に入れる事になります。

 

お祝いのメッセージで避けるべき忌み言葉

 

リフォームのお祝いのメッセージを添える際は、縁起の悪い忌み言葉を避けなければなりません。
自分にそのつもりがなくても、相手を悪い気分にさせてしまう事があります。

 

例えば、火事のイメージに繋がる焼く・焦げる・燃えるといった表現や家の損壊を想像させる倒れる・崩れるなどの言葉は使わないようにしましょう。
忌み言葉を避けた具体的なメッセージとしては、以下のような文章が挙げられます。

 

例文1

 

ご改築、おめでとうございます。
ささやかな物ではありますが、お祝いの気持ちを贈らせていただきます。
幸せな毎日になるように願っております。

 

例文2

 

ご改築、おめでとう!
新しい環境に合う品物を選べるよう、お祝いとしてカタログギフトを贈ります。
近いうちに友人一同で遊びに行きます!

 

リフォームのお祝いまとめ

 

リフォームのお祝いまとめ

 

リフォームのお祝いの相場は、家族や親戚に対しては5,000〜30,000円、職場の同僚や上司であれば3,000〜10,000円というように贈る相手によって金額が異なります。
受け取ったお祝いにお返しをする場合、貰った品物の3分の1から半額程度の物を選ぶと良いでしょう。

 

リフォームのお祝いとしておすすめなのは、使い道が多彩な現金や商品券、カタログギフトなどです。
リフォーム後に入用になる家電製品や日用品も贈答品として人気が高くなっています。

 

お祝いを渡す際は、水引に紅白の結び切りを選ぶなどマナーにも気を付けましょう。
贈答品に添えるメッセージでは、焼く・燃える・倒れるといった忌み言葉を避ける事を意識してください。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

タウンライフリフォームの一括見積もり

【タウンライフリフォームで適正価格診断】
  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単!リフォームの適正価格診断はこちら。