リフォーム費用の相場は?

間取りを変更するリフォームの費用相場と注意点

間取り変更リフォームの費用や事例など

 

間取りを変更リフォーム

 

リフォームには様々な種類がありますが、中でも間取り変更を伴う工事は日々の生活を大きく変える可能性がある物です。
上手く間取りを変更する事が出来れば、利便性を大いに向上したり、部屋の雰囲気を全く異なる物に変えたりする事も出来ます。

 

しかし、壁紙の交換だけを行うリフォームなどと比べると、費用の相場が把握しにくい事も事実です。
また、間取り変更に制限が掛かる場合など、注意しておくべき点もいくつか存在します。

 

間取りを変更するリフォームの費用相場と、注意点についてチェックしていきましょう。

 

 

間取りを変更するリフォームの費用相場

 

間取りを変更するリフォームと一口に言っても、複数の部屋を1つにまとめる、1つの部屋を複数の部屋に分ける、というように工事内容が異なります。
当然の事ですが、行う工事が異なれば掛かる費用も違う金額になる物です。

 

また、間取り変更のために、どんな手段を選ぶかによっても必要となる費用は上下します。
そのため、リフォームの予算を考えるには、様々なパターンの間取り変更の費用を把握した上で、自分が想定している工事の内容に近い物を参照しなければなりません。

 

間取りを変更するに掛かる費用を工事の内容ごとに見ていきましょう。

 

壁を撤去して空間を広げるリフォームに掛かる費用

 

隣接する部屋の壁を撤去して空間を広げるリフォームは、間取り変更と聞いてまずイメージする工事の1つでしょう。
開放感のある部屋を作る事が出来ますし、あまり使っていない部屋のスペースを有効活用する事にも繋がります。

 

壁を撤去して簡単な補修をするだけであれば、18〜30万円程度で施工する事が可能です。
しかし、隣接する部屋の壁紙や床材を同じものにして統一感を出したいのであれば、追加の費用が必要となります。

 

掛かる費用は部屋の広さによっても違いますが、20〜30万円程度の追加費用を支払う覚悟をする必要があるでしょう。
なお、洋室と和室を繋げる場合、畳をフローリングに変えなければいけないため、追加費用が掛かる事はほぼ確実です。

 

間仕切りを作るリフォームに掛かる費用

 

間仕切りを作って1つの部屋を2つに分割するリフォームは、壁を撤去する工事と比べると安く済むケースが多いのです。
壁とドアを設置する場合でも12〜24万円程度ですし、引き戸で済ませるのであれば10〜16万円程度まで費用を抑えられます。

 

また、音についてそれほど考慮せず、視線を遮るだけで大丈夫なら、アコーディオンドアやロールスクリーンを選択する事も出来るでしょう。
4〜8万円程度で部屋の間取りを変える事が出来るので、費用を節約したい場合におすすめです。

 

間取り変更に伴う追加工事に掛かる費用

 

間取りを変更するリフォームを行う際、間取り変更自体だけでなく追加の工事が必要となる場合は少なくありません。
例えば、1つの部屋を2つに分ける場合、それぞれの部屋に照明が必要となります。

 

照明の取り付けに1.2〜2万円、照明スイッチの増設に0.8〜1.5万円程度の費用が掛かるため、合計で2〜3.5万円程度の追加予算が必要です。
また、分けた部屋を収納スペースとして使うのでない限り、コンセントが不足して不便になるケースも多く見られます。

 

コンセントを増設するには1.2〜2.5万円程度の費用が必要なので、その分も想定して予算を決めなければなりません。

 

間取りを変更するリフォームの注意点

 

間取りを変更するリフォームの注意点

 

間取りを変更するリフォームでは、様々な理由から行う工事の内容に制限が掛かる事があります。
適当に新しい間取りを決めてしまうと、後々厄介な問題になってしまう可能性が否定出来ません。

 

例えば、費用が想像以上に高くなってしまったり、工事の完了が遅れてしまう事が考えられます。
そのため、間取り変更に関する注意点を把握しておく事は大切です。

 

間取りを変更するリフォームで注意しておくべき点としては、以下のような項目が挙げられます。

 

構造上の問題で壁が撤去出来ない場合がある

 

住んでいる家の構造上の問題で、壁が撤去出来ない場合があります。
柱を組み合わせて家を支えているのであれば比較的自由に壁を撤去出来ますが、壁自体が家を支える構造の場合そうは行きません。

 

壁を撤去してしまうと家の強度に問題が出てしまうため、間取り変更の内容を見直す必要があります。
また、耐力壁を撤去するリフォームも基本的には不可能です。

 

耐力壁を移動して耐久性を維持する選択肢もありますが、通常の間取り変更リフォームと比べると費用は高くなってしまうでしょう。

 

マンションのリフォームでは管理規約で制限が掛かる事も

 

マンションで間取りを変更するリフォームを行う場合、管理規約によって工事の内容に制限が掛かる事があります。
例えば、防音性を維持するために使用する床材が限られている場合です。

 

畳からフローリングへの変更が禁じられている場合、壁を撤去して部屋を繋げる際に統一感は損なわれます。
防音対策をする事で同じ床材に変えられる事もあるでしょうが、余計な手間が掛かる事は避けられません。

 

制限される工事内容はマンションごとに異なるので、管理規約をしっかりと確認する必要があります。

 

適切なリフォーム計画を提案してくれる業者を選ぶ

 

間取りを変更するリフォームの選択肢は幅広いため、工事内容と費用のバランスが取れたリフォーム計画を立てられるかが重要となります。
適切なリフォーム計画を提案してくれる業者を選べば、自身に専門知識がなくても満足度の高いリフォームをする事が出来るでしょう。

 

業者選びをする際に、間取りを変更するリフォームの実績が豊富にあるのかどうかはチェックしておきたい所です。
特に、マンションのリフォームでは、管理規約に柔軟な対応が出来るかも大切な点となります。

 

希望するリフォームを豊富な経験を元に実現してくれそうな業者を探し出しましょう。

 

家族の変化への対応・住みやすさの向上など目的を明確に

 

間取りを変更するリフォームを行う際は、工事の目的を明確にしておく事も大切です。
家族構成の変化に対応するために部屋数を増やす、住みやすさを向上するために広いスペースを確保するなど、何のためにリフォームするのかをしっかり決めておきましょう。

 

目的が明確になっていれば、工事の内容を吟味する時に優先度を設定しやすくなります。
また、リフォーム後に得られる結果と費用を見比べて、工事をする価値があるかどうかを判断する材料にもなるでしょう。

 

逆に目的があいまいな状態でリフォームをしてしまうと、後悔する可能性が高くなります。

 

間取りを一新するスケルトンリフォームという選択肢

 

間取りの変更を考えている場合、内装・設備を全て取り除いて改装をするスケルトンリフォームという選択肢もあります。
家全体の間取りを変更出来るだけでなく、内装も一新する事が可能なリフォームです。

 

細かな不満点を解決する事に留まらず、新しく生まれ変わった家で生活したいと思っているなら選ぶ価値があります。
配管・配線の変更や断熱材の追加など、機能性を向上する工事も同時に行う事が可能です。

 

ただし、スケルトンリフォームは掛かる費用も高くなるので、慎重に検討する必要があります。

 

間取りを変更するリフォームの費用を抑えるコツ

 

間取りを変更するリフォームの費用を抑えるコツは、大掛かりな工事をなるべく行わない事です。
キッチン・トイレ・浴室などで水回りの移動が必要になると、工事の規模が多くなり掛かる費用も高くなってしまいます。

 

そのため、水回りの移動を避けるような間取り変更をすれば、費用の高騰を避ける事が可能です。
また、耐力壁の移動など耐震性に影響を与える工事を行うと、耐震診断など工事以外の費用を支払う必要が出てきます。

 

希望するリフォームの内容と予算を良く比較検討した上で、バランスの取れた工事を計画する事が大切です。

 

間取りを変更するリフォームの事例

 

間取りを変更するリフォームの事例

 

間取りを変更するリフォームの費用相場と注意点をチェックしてきましたが、実際の事例について情報を得ておく事も忘れてはなりません。
複数の事例を知る事でリフォームに掛かる費用について、もっと具体的なイメージが持てるようになりますし、リフォームを計画する上でのアイディアを思いつく助けにもなります。

 

現在、行おうとしているリフォームとは関係ない事例であっても、将来参考になる可能性があるはずです。
そこで、間取りを変更するリフォームの事例を2つ、以下で紹介します。

 

マンションの3LDKを2LDKに間取り変更した事例

 

マンションの3LDKの間仕切りを撤去して、2LDKに間取り変更した事例です。
リビングと隣接する和室を繋げる事で非常に広い空間を確保する事に成功しています。

 

リフォームに掛かった費用は1470万円と高額になっていますが、これはキッチンを対面型にする・浴室にミストサウナを設置するなど、数多くの工事を行ったためです。
間取り変更だけであれば60万円程度で済むリフォームであっても、細かい所にこだわり始めると費用は際限なく上昇します。

 

キッチンや浴室など水回りの改装もしたいのであれば、予算は多めに確保しておくべき事が分かる事例です。

 

戸建ての2LDKを1LDKに間取り変更した事例

 

戸建ての2LDKの壁を撤去して、1LDKに間取り変更した事例です。
リフォームに掛かった総額は180万円程度ですが、間取り変更の工事に限定すると31万円の費用が掛かった計算になります。

 

間取り変更によってLDKの広さが20畳となり、開放感のある空間を楽しめるようになった事例です。
壁の撤去・補修だけでなく、コンセントを2箇所増設するなどの工事も追加で行ったため、費用は相場の中でも高めの水準になっています。

 

間取りを変更するリフォームまとめ

 

間取りを変更するリフォームまとめ

 

間取りを変更するリフォームに掛かる費用の相場は、工事の内容によって異なります。
壁を撤去して空間を広げるリフォームは18〜30万円程度、壁とドアを設置するリフォームは12〜24万円程度で施工可能です。

 

ただし、壁紙や床材の交換をするともっと費用は高くなりますし、アコーディオンドアやロールスクリーンを採用する事で節約する事も出来ます。
コンセントの増設や照明の取り付けなどに追加費用が掛かる場合も多いのです。

 

家の構造やマンションの利用規約によっては、間取り変更が難しいケースもあります。
適切なリフォーム業者を選んだり、リフォームの目的を明確にしておいたりするなどのコツを実践する事も大切です。

 

内装を一新したいのであれば、スケルトンリフォームを選ぶと良いでしょう。
また、水回りの移動や耐震性に影響のある工事を避ければ、費用を抑える事が可能です。

 

間取りを変更するリフォームの事例を見ておく事も重要となります。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。