リフォームの期間について

リフォームに掛かる期間の目安と注意すべきポイント

リフォームの期間の目安や注意点など

 

リフォームの期間

 

自宅のリフォームを考える上で支払う費用と同様に大切なのが、工事に掛かる期間の長さです。
工事期間中は家の一部が使えないため、日常生活で不便を感じる事があります。

 

掛かる期間の長さによっては、リフォームの規模を小さくして対応した方が良い場合も少なくありません。
また、仮住まいへの引越しの必要性など、気を付けておきたい点もいくつか存在します。

 

リフォームに掛かる期間の目安と注意すべきポイントについてチェックしていきましょう。

 

 

リフォームの工事が完了するまでに掛かる期間の目安

 

リフォームが完了するまでに掛かる期間は、当然ですが工事の内容によって異なる物です。
工事を始めた日の内に終わる小規模なリフォームもありますし、2週間以上の長期に渡って工事が必要な大規模なリフォームもあります。

 

また、同じように見えるリフォームであっても、内容にこだわる事でより長い期間が必要になる場合も珍しくありません。
きちんと計画を立てたいのであれば、リフォームの内容や規模ごとに異なる期間の目安をしっかり把握しておく事が重要となります。

 

全面リフォームに掛かる期間の目安

 

家全体を一気に改修する全面リフォームの場合、工事完了までに掛かる期間の目安を定める事は難しいです。
リフォームする家の広さによって必要となる工事の量は違いますし、築年数によってもどれだけの手間を掛けなければいけないかが変わります。

 

また、家の立地によっては大型のトラックが入れず、部材の運搬に時間が掛かってしまう場合も出てくるでしょう。
大規模な工事の場合には3ヶ月以上掛かる事例もあるため、依頼するリフォーム業者と念入りに相談する事が必要となります。

 

部分リフォームに掛かる期間の目安

 

工事の対象が家の一部だけである部分リフォームは、リフォームを行う場所によって掛かる期間が違います。
そのため、どれぐらいの期間を想定すれば良いかを知るには、場所ごとに目安を把握しておかなければなりません。

 

また、同じ場所であっても、工事の規模が違えば掛かる期間は変わってきます。
それぞれの場所について、行われる事の多い工事内容に対応した期間の長さを覚えておくと良いでしょう。

 

部分リフォームに掛かる期間の場所ごとの目安は以下の通りです。

 

キッチンのリフォームに掛かる期間の目安

 

キッチンの位置を移動せず、フローリングや壁紙を交換したり設備を新しくしたりする工事であれば、1週間以内に完了する事が殆どです。
ガスコンロをIHクッキングヒーターに変える程度であれば、1日で終わる事も珍しくありません。

 

その一方、壁付きキッチンをアイランドキッチンにするなど、間取り変更を含むキッチンのリフォームでは2週間程度の期間が必要になる事もあります。
配管工事や電気工事が必要なリフォームでは、さらに期間が長くなる事も覚悟しなければなりません。

 

リフォーム中はキッチンで料理を作れなくなるので、カセットコンロなどを用意する必要があるでしょう。

 

トイレのリフォームに掛かる期間の目安

 

トイレのリフォームに掛かる期間の長さは、工事の内容によって差が大きいです。
便座を新しい物に取り替えるだけなら、1日どころから2時間ほどで終わる場合もあります。

 

しかし、壁紙の交換や配管の変更を伴う場合、3日〜1週間程度の期間が必要になるでしょう。
埋め込み型の収納スペースを作るリフォームは人気ですが、工事に掛かる期間も長くなるので慎重に判断する必要があります。

 

トイレのリフォームをする際は、水道が使えない時間が生じる事も注意しておきましょう。

 

浴室のリフォームに掛かる期間の目安

 

浴室のリフォームも、トイレのリフォームと同様に工事内容によって掛かる期間の差が大きくなっています。
ユニットバスのバスタブのみを交換する場合には1日で済む事も多いのですが、タイル風呂をユニットバスへと変える場合、1〜2週間程度の期間を見ておいた方が良いでしょう。

 

特に配管を変更する場合はリフォーム期間が長くなるので注意してください。
また、夏と冬ではコンクリートを乾燥させるために必要な時間が異なります。

 

過去にリフォームした経験があったとしても、季節が違う事で掛かる期間が想定とずれる場合もあるのでしっかり確認しましょう。

 

リビングのリフォームに掛かる期間の目安

 

リビングのリフォームは、壁紙の交換なら1〜2日、フローリングの張替えなら3日程度と比較的短い期間で行える内容が多くなっています。
部屋の広さにもよりますが、間取り変更をしないのであれば1週間以内にリフォームを完了出来る場合が多いです。

 

しかし、断熱材を入れる、あるいは床暖房を導入するなどリビングの機能性を高める工事を含む場合には2〜3週間以上かかる事も珍しくありません。
リビングは生活の中心となるスペースですから、工事の規模によっては仮住まいでの生活を検討しなければいけない事もあるでしょう。

 

外壁・屋根のリフォームに掛かる期間の目安

 

外壁・屋根のリフォームは、足場の組み立てや高圧洗浄、複数回の塗装など工程が多くなるため、1週間以上掛かります。
また、雨や雪の日にはリフォームが出来ない事もあるため、さらに期間が長くなる可能性も考えなければなりません。

 

太陽光発電装置を設置するつもりであれば、1〜2週間程度の期間を前提に計画を立てるべきです。
なお、外壁と屋根を同時にリフォームすれば、それぞれの工事ごとに足場を組み立てる必要がなくなります。

 

トータルの期間の短縮に加えて費用面でもメリットがあるので、外壁と屋根は出来るだけまとめてリフォームする事がオススメです。

 

外構・エクステリアのリフォームに掛かる期間の目安

 

外構・エクステリアのリフォームは、どこまで手を掛けるかによって必要な期間が異なります。
植栽・芝張りやウッドデッキの新設といった工事は1日あれば完了しますが、ブロック塀やフェンスを設置する場合、2週間程度の期間が掛かる事を覚悟しておきましょう。

 

駐車スペースとして車庫やガレージを作る場合、1〜3ヶ月程度の長い期間が必要になります。
そのため、リフォームを早く終わらせたいのであれば、カーポートやカーゲートで妥協する事も考えてください。

 

カーポート・カーゲートであれば長くても3日程度で完成します。

 

収納スペースのリフォームに掛かる期間の目安

 

収納スペースのリフォームは、その広さが工事に掛かる期間に直結します。
玄関や床下などに小規模な収納を追加する工事は1〜2日程度で完了しますが、パントリーやウォークインクローゼットを作るとなると1週間以上掛かるケースも出てくるでしょう。

 

リフォーム期間を短くしたいのであれば、最低限の収納スペースのみを作る事をオススメします。
屋根裏やロフトを収納スペースへ変える工事は1〜3日と比較的短期間で済みますが、屋根裏やロフトがない家の場合はもっと長い期間が掛かるので注意が必要です。

 

リフォームに掛かる期間について注意すべきポイント

 

リフォームに掛かる期間について注意すべきポイント

 

リフォームに掛かる期間の大体の目安を把握したとしても、実際の計画に活用出来なければ意味がありません。
リフォーム期間が長くなる事で生じる影響や期間を短縮するためのコツなど、様々な注意点についても把握しておく必要があります。

 

注意すべきポイントをしっかり抑えておけば、業者から提示されたリフォーム期間を確認した後に適切な対応をする事が出来るでしょう。
リフォームに掛かる期間について注意しておきたいポイントとしては、以下のような事が挙げられます。

 

工事の期間によっては仮住まいへの引越しが必要になる

 

大規模なリフォームで工事の期間が長くなる場合、家で生活しながらリフォームする事は難しくなります。
工事の期間の長さによっては、仮住まいへの引越しが必要となる事もあるでしょう。

 

しかし、仮住まいで生活する場合、引越し代・部屋代など想像以上に費用が掛かる物です。
リフォーム予算に余裕がない場合、仮住まいが必要ない範囲で工事を行う事も選択肢に入れましょう。

 

緊急性がそれほど高くないリフォームを後回しにして、将来金銭的な余裕が出来てから改めて工事するという方法です。

 

リフォームに掛かる期間が長いと費用も高くなる

 

リフォームに掛かる期間が長いと、それだけリフォームに掛かる費用も高くなる物です。
スケジュール調整を疎かにした結果、予算オーバーになってしまっては困ります。

 

ギリギリのスケジュールでリフォームを始めると、ちょっとした事で遅れが出てトラブルに繋がりがちです。
特に仮住まいを利用する場合、賃貸を更新するタイミングという問題も出てきます。

 

そのため、余裕を持ったスケジュールを組んだ上で、定期的にリフォームの進捗状況を確認するよう心がけてください。

 

一軒家よりマンションの方が工事期間が長くなる場合も

 

マンションのリフォームを行う場合、一軒家よりも工事期間が長くなる場合があります。
一軒家と比べてリフォーム出来る範囲が狭い分、早く工事が完了するように思えますが、多くの場合それは間違いです。

 

マンションのリフォームでは、管理者を経由して手続きを行わなければならない上、マンションの規約をしっかりと確認する必要があります。
また、近隣に住む方に対して、騒音などの面で迷惑を掛けないようにしなければなりません。

 

工事が出来る日や時間帯が限定される可能性もあり、仮に同じ工事内容であったとしても期間が長めになりがちです。

 

リフォームに掛かる期間を短縮するためのコツ

 

リフォームに掛かる期間を短縮したい場合、工事の規模を小さくする以外にも方法があります。
例えば、リフォームに使う材料として作業性の良い物を選べば、同じ作業内容であってもより短い期間で工事を完了する事が可能です。

 

ただし、工期短縮が可能な材料を採用出来るかどうかはリフォーム業者によって異なるので、見積もりの際に確認しておきましょう。
また、雨や風などでスケジュールが狂わないように、気候の良い時期を選ぶ事も大切です。

 

特に、外壁・屋根・エクステリアなど外での作業を含むリフォームの場合、天候は重要なポイントとなります。

 

リフォームに掛かる期間まとめ

 

リフォームに掛かる期間まとめ

 

リフォームに掛かる期間は、行う工事の内容によって異なる物です。
全面リフォームの場合、家の広さや築年数、立地などによって掛かる期間が大きく変わり、3ヶ月以上必要な事もあります。

 

部分リフォームの場合、キッチン・トイレ・浴室などそれぞれの場所に応じて、掛かる期間の目安を把握しておくと良いでしょう。
ただし、同じ場所でも工事の内容によっては、1週間以上の差が出る場合もあります。

 

リフォームの期間が長くなる場合、仮住まいへの引越しが必要になる事がありますが、想像以上に費用が掛かる物です。
予算に余裕がない場合、工事の規模を最小限にする事も検討してください。

 

リフォームに掛かる期間が長くなると費用も高くなるので、スケジュール調整は重要です。
手続きや工事日による制限で、マンションのリフォームは一軒家のリフォームより長い期間が掛かる事があります。

 

作業性の良い材料を使えば、リフォームの期間を短縮する事も可能です。
また、気候の良い時期を選ぶ事も大切になります。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

タウンライフリフォームの一括見積もり

【タウンライフリフォームで適正価格診断】
  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単!リフォームの適正価格診断はこちら。