フローリングリフォームについて

フローリングへ張り替えるリフォームの費用相場と注意点

フローリングリフォームを失敗しないためのコツ

 

フローリングリフォーム

 

部屋のイメージチェンジや老朽化した床の改善など、様々な理由でフローリングへ張り替えるリフォームが必要となる事があります。
大規模な工事を行わなくてもフローリング床に変える事は可能なので、最初に行うリフォームとして選択する方も多いでしょう。

 

しかし、フローリングの張り替えと一口に言っても、使用する床材や施工方法、元の床の材質などに差があるため、工事に掛かる費用は変わってきます。
費用の相場を把握しないままでリフォーム業者に依頼してしまうと、割高な見積もりを提示された時に気付かず損をしてしまうかもしれません。

 

また、張り替えリフォームを行う際には、いくつか注意しておくべきポイントも存在します。
フローリングへ張り替えるリフォームの費用相場と注意点をチェックしていきましょう。

 

 

フローリングへ張り替えるリフォームの費用相場

 

フローリングへ張り替えるリフォームの費用で差が出やすいのは、張り替える前の床材の種類の違いです。
床材の種類によって撤去する手間や、張り替える前の準備が異なるため、工事の費用にも違いが出てきます。

 

そのため、リフォームを行おうとしている部屋の床材に応じた費用相場を知る事が大切です。
また、防音仕様にするかどうかやフローリング材を合板・無垢のどちらにするかも、床材の違いほどではありませんが、リフォーム費用に影響を与えます。

 

地域や業者によっても価格は変わってきますが、一般的な相場は以下の通りです。

 

カーペットやクッションフロアからフローリング

 

カーペットやクッションフロアの床は、比較的簡単に撤去する事が出来るため、リフォーム費用も他の床材と比べて安めです。
6畳の部屋をカーペットやクッションフロアからフローリングへ張り替える場合、合板フローリング材なら10万円程度、無垢フローリング材なら12万円程度で施工出来ます。

 

ただし、防音仕様にする場合、追加で4〜5万円程度の費用が必要です。
マンションでの張り替えリフォームでは、基本的に防音仕様が求められるため、追加費用込みで見積もりをチェックするようにしましょう。

 

畳からフローリング

 

畳からフローリングへ張り替える場合、ただ撤去するだけでは済みません。
床の高さを調整するための作業が必要となるため、リフォームに掛かる費用が高くなります。

 

6畳の部屋を畳からフローリングへ張り替える際に掛かる費用は、合板フロリーング材なら17万円程度、無垢フローリング材なら19万円程度です。
カーペット・クッションフロアと同じく、防音仕様にするのであれば追加費用が掛かります。

 

また、畳からフローリングへ張り替える時には、断熱材を入れるという選択肢もあります。
断熱材を入れる作業を行う場合、追加で1万円程度が必要になるので覚えておきましょう。

 

フローリングからフローリング

 

フローリングの床を新たなフローリングへ変える場合、2種類の施工方法があります。
他の床材の場合と同様に、古いフローリングを撤去する張り替えと、既存のフローリングの上に新しいフローリングを張る上張りです。

 

張替えでリフォームする場合、工事に掛かる費用の相場は合板フローリング材で16万円程度、無垢フローリング材で18万円程度になります。
一方、上張りでリフォームする場合、合板フローリング材で12万円程度、無垢フローリング材で14万円程度です。

 

上張りの方が費用は安くなりますが、段差が出来てしまうというデメリットがあります。
また、下地の傷みを直せない事も無視出来ないポイントです。

 

張替えリフォームにおけるフローリング材の種類による差

 

張替えリフォームにおけるフローリング材の種類による差

 

張替えリフォームでは、合板フローリング材と無垢フローリング材のいずれかを選択する事になります。
リフォームの費用相場での説明からも分かる通り、合板フローリング材の方が価格は安いのです。

 

しかし、合板フローリング材と無垢フローリング材の間には、価格以外にも差が存在します。
安いからと言って、合板フローリング材がデメリットばかりという訳ではありません。

 

そのため、種類ごとの特徴を把握した上で適切なフローリング材を選ぶ必要があります。

 

合板フローリング材

 

合板フローリング材は、複数の木材を重ねて加工した床材です。
無垢フローリング材と比べて傷が付きにくく、汚れも付きにくい事から手間を掛けずに維持しやすいフローリング材と言えます。

 

反面、加工されている以上、自然な風合いを出す事はなかなか難しいのです。
踏み心地についても、固さを感じる人の割合が多くなっています。

 

そのため、リフォーム後の床の印象をそれほど気にしない人、耐久性を重視する人におすすめのフローリング材です。
もちろん、コストを抑えてリフォームを行いたい人にも向いています。

 

無垢フローリング材

 

無垢フローリング材は、1枚の木もしくは継ぎ足した木をそのまま加工した床材です。
耐久性の面では合板フローリング材に劣りますが、自然な風合いを感じる事の出来るフローリング材となっています。

 

木の温もりを感じやすいという点は合板フローリング材にない魅力で、こだわりを持ってリフォームをするなら選択肢に入るでしょう。
また、無垢フローリング材はパイン材やナラ材など、木の種類によっても特徴が異なるフローリング材です。

 

例えば、ナラ材は無垢フローリング材の中では、傷が付きにくい性質を持っています。
価格は高めですが、雰囲気と機能性の両立を考えるのであれば、床材として選ぶ価値はあるでしょう。

 

フローリングへ張り替えるリフォームの注意点

 

フローリングへ張り替えるリフォームの注意点

 

フローリングへ張り替えるリフォームでは、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。
何の知識もなく気まぐれでフローリング床へと変えてしまうと、後々問題が出る結果になりかねません。

 

せっかくリフォームを行うのですから、満足出来る結果を出すためにも注意すべきポイントをしっかりチェックしておきましょう。
注意点と言っても、内容を理解するために専門知識は要らないので安心してください。

 

具体的に覚えておきたい項目としては、以下のような事が挙げられます。

 

フローリングへ張り替えるタイミング

 

フローリングへ張り替える際に重要となるのが、リフォームを行うタイミングです。
早めにリフォームを行うに越した事はありませんが、頻繁に張り替えを行うと支払うトータルの費用が高くなってしまいます。

 

一般的な目安としては、前回の張り替えから15年程度と言われています。
しかし、床が傷んでいると感じるのであれば、もっと早いタイミングでのリフォームが必要となるでしょう。

 

傷や汚れが目立つ場合は勿論、床の上を歩いた際にきしむ場合には早急なメンテナンスが必要です。
現在の床に変えてから10年以上経過しているのであれば、定期的に状態をチェックする事をおすすめします。

 

フローリングへ張り替える前に床下地のチェックを

 

フローリングへ張り替えるリフォームを行う際には、床下地のチェックが欠かせません。
もし床下地がダメージを受けている場合、そのまま張り替えてしまうと床のきしみなどの困った症状に繋がってしまうからです。

 

仮に、現在問題が起きていないとしても、将来トラブルに発展する可能性は高くなります。
次に、床下地をチェック出来る機会が10年以上先になる事も珍しくないので、細かくチェックする事が大切です。

 

見落としをなくしたいのであれば、自分で確かめるのではなくリフォーム業者に依頼すると良いでしょう。

 

DIYでフローリングを張り替える場合のポイント

 

リフォームに掛かる費用を抑えるため、あるいは作業そのものを楽しむために、DIYでフローリングを張り替えるという方もいるでしょう。
DIYで張り替える場合、床下構造を把握しておく事が大切です。

 

用いられている工法によっては床下地の交換が必要となり、想像よりも多くの手間が掛かる場合もあります。
また、単純なポイントですが、フローリング材を張る向きにも注意しましょう。

 

向きを考えてフローリング材を長めに張る事が出来れば、同じ面積でもより部屋を広く感じられるようになります。

 

フローリングへの張替えリフォームで実際に掛かった費用事例

 

フローリングへの張替えリフォームで実際に掛かった費用事例

 

ここまでフローリングへ張り替えるリフォームの費用相場や注意点を紹介してきました。
しかし、当然の事ながら、それぞれの事例によって細かい点は異なります。

 

そのため、一般的な相場だけを参考に判断していると、割高なリフォームになってしまう場合もあるでしょう。
これからリフォームを行おうと考えているのであれば、実際の事例をチェックしておく事をおすすめします。

 

フローリングへの張替えリフォームで実際に掛かった費用の事例を見ていきましょう。

 

和室を洋室に変えるリフォーム

 

和室の畳をフローリングに張り替えるリフォームを行い、部屋の印象を変える事に成功した事例です。
8畳の部屋のリフォームでしたが、費用は18万円程度に抑えられています。

 

これは壁紙の張り替えや収納スペースの新設など、他の工事を行っていないためです。
和室を洋室へと完全に変えるのではなく、床だけをリフォームするだけであれば、大規模な工事を行わずにリフォームを終える事も出来ます。

 

和室に合うフローリング材を選べば、違和感を覚える事態を防ぐ事も可能です。

 

フローリングを重ね張りするリフォーム

 

玄関・床・リビングの床にフローリングを重ね張りしたリフォーム事例です。
広い範囲でリフォームを行っていますが、上張りを選択した事で費用は35万円程度に抑えられています。

 

ただ、全ての床でそのまま上張りを行った訳ではありません。
床が鳴るなどの問題が起きていた場所では詳細なチェックを行い、必要に応じて床下地への対応を行っています。

 

上張りを選んだ場合でも部分的に床下地を補修して、床のきしみや鳴りを解消する事は可能です。

 

マンションの全部屋の床をフローリングにするリフォーム

 

マンションの和室を洋室へと変えるリフォームの中で、畳をフローリングへと張り替えた事例です。
他の部屋でも工事を行っていますが、和室のリフォームに掛かった費用のみを考えると、6畳で45万円となっています。

 

マンションなので防音仕様にする必要があった点を考慮しても、一般的な相場と比較するとかなり高く見えるかもしれません。
しかし、フローリングの張り替えに加えて壁紙や照明の交換も行っているため、その分の工事費用が加算されています。

 

また、押入れをクローゼットにする工事や隣のLDKと続き間に出来る工事も行ったため、リフォーム費用が相場より高くなっているのです。
こだわりを持って張り替え以外のリフォームも行う場合、予算が費用相場の2倍以上になる場合も珍しくない事を示す良い事例と言えます。

 

フローリング張り替えリフォームまとめ

 

フローリング張り替えリフォームまとめ

 

フローリングへ張り替えるリフォームの費用相場は、現在の床材の種類や施工方法などによって変わってきます。
カーペットやクッションフロアから張り替えを行う場合、撤去する手間が少ないので費用は安めです。

 

畳からフローリングへ張り替える場合、床の高さの調整などが必要になるため、費用は若干高くなります。
フローリングからフローリングへ張り替える場合、既存の床材の上に新しい床材を張る上張りという方法が選択可能です。

 

段差が出来てしまう欠点はあるものの、費用を抑える事が出来ます。
フローリング材には、合板フローリング材と無垢フローリング材があります。

 

合板フローリング材はコスト・耐久性に優れており、無垢フローリングは自然な風合いが特徴です。
リフォームの際は、タイミングや床下地のチェックなどに注意しなければなりません。

 

実際のリフォーム事例を見てみると、内容によって費用が大きく異なる事が分かります。
相場を知る一番簡単な方法として、相見積もりがあります。

 

また、当サイトでおすすめしているリノコであれば、概算の適正価格の表示も無料で行う事が出来ますのでおすすめです。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。