リフォーム費用の相場は?

介護リフォームの費用相場や工事のポイント、補助金などを解説

介護リフォームについて

 

介護リフォーム

 

ご家族の中に高齢者の方や障がいを持つ方がいる場合などに行われるリフォーム、それが介護リフォームです。
この介護リフォームは、通常のリフォームとは違う考え方を持って行う必要があるため、簡単に行える工事ではありません。

 

今回は、そんな介護リフォームの工事を成功させるためのポイントや介護リフォームの種類ごとの費用相場などを解説していきます。
また、介護リフォームの費用を抑えるコツや業者選びのポイントなども解説します。

 

介護リフォームを検討中の方は合わせてチェックしてみてください。

 

 

そもそも介護リフォームとは?

 

介護リフォームとは、高齢者や障がいを持っていて、介護が必要な方がより暮らしやすいような環境を作るためのリフォームの事です。
例えば、車椅子を利用している方であれば、車椅子が通りやすいように屋内の段差をなくしたりします。

 

また、他にも足腰が弱っている方であれば、2階へ楽に移動出来るように階段の段差を低くしたり、手すりを設置したりするのです。
ちなみに、介護が必要な人だけでなく、介護を行う人がより介護をしやすい環境を作る事もこの介護リフォームに分類されます。

 

補助金などにも関わる事なので、介護リフォームがどこまでの範囲か知っておく事は重要と言えます。

 

高齢者向けの介護リフォームのポイント

 

高齢者向けの介護リフォームのポイント

 

高齢者向けの介護リフォームのポイントについてご紹介していきます。
今回ご紹介するのは、以下の3つのポイントです。

 

・介護される人の障がいの症状に合わせたリフォームにする事
・介護される人だけでなく、介護する人にも役に立つリフォームにする事
・現在の状況だけでなく、将来も見据えてリフォームの内容を決める事

 

では早速、それぞれのポイントについて、1つ1つ詳しく解説をしていきます。
介護リフォームで失敗しないためにも、一通り目を通しておきましょう。

 

介護される人の障がいの症状に合う

 

介護リフォームを行う際のポイントの中でも最も重要とも言えるのが、障がいの症状に合わせるという事です。
既に解説した通り、介護リフォームの最大の目的は、介護が必要な方がより楽に生活出来るような環境を作る事。

 

そして、その目的を達成させるためには、やはり介護が必要な方の障がいの症状に合わせたリフォームを行う必要があるのです。
例えば、自分で歩ける方と車椅子でしか移動出来ない方では必要な環境は違います。

 

また、自力で歩ける方であっても、階段を上る事が辛いと感じる方もいれば、トイレの利用が辛いと感じる方もいるのです。
このようなそれぞれの違いを考慮した上でリフォームを行わないと、生活のし辛さを解消する事は出来ません。

 

それを防ぐためにも、やはり介護リフォームでは、介護される人の障がいの症状に合った内容にするべきなのです。

 

介護する人にも役に立つ

 

ここまで介護リフォームでは、介護される人に合わせた内容にするべきだと解説しました。
しかし、実際には、介護リフォームでは介護される人に合わせるだけでは十分とは言えません。

 

なぜなら、介護は介護をする人がいて初めて成り立つものであり、そういった介護をする人にも役に立つリフォームをしないと結局意味がないからです。
例えば、部屋を介護される人が使いやすい構造にしたとします。

 

しかし、もし介護する人がその部屋の管理などに大きな負担を感じているのであれば、それは正しい介護リフォームとは言えないのです。
こういった理由があるため、介護リフォームを行う際には介護をする人の事もしっかりと考えた上で行うようにしましょう。

 

将来を見据えた内容

 

介護リフォームが必要になった時、多くの人は現在の障がいの症状などに合わせたリフォーム内容を考えます。
もちろん、その考えは決して間違いではありません。

 

しかし、より良い介護リフォームをしたいのであれば、将来を見据えた内容にするべきです。
現在の障がいの症状が今後も一切変わらない事もあります。

 

しかし、反対に症状が悪化する事も決して珍しくはありません。
そして、症状が悪化すると必要な介護のレベルが変わります。

 

それは介護される人、そして介護する人にとって楽に生活していける環境も変わる事を意味するのです。
もしこのような将来の変化についても考えてリフォームをしなければ、再びリフォームを行う必要が出てきたりします。

 

そういった事を避けるためにも、現時点での環境はもちろん、将来を見据えた上でリフォームの内容を決定する事が重要なポイントだと言えるのです。

 

介護リフォームの種類とその費用相場

 

介護リフォームの種類とその費用相場

 

介護リフォームの種類と、それぞれの費用相場について解説していきましょう。
介護リフォームの種類は細かいものも見れば多くありますが、代表的なものに絞れば以下の8種類のものがあります。

 

・トイレ
・玄関
・階段の段差
・ドアの扉
・浴室・洗面所
・廊下
・寝室
・床

 

それでは早速、それぞれの種類のリフォームの内容と費用相場について、1つ1つ詳しく見ていきます。
現在、既に介護リフォームをしたいと考えている箇所があれば、該当する見出しをチェックしてみてください。

 

トイレ

 

トイレは多くの人が介護リフォームを行う場所で、リフォーム内容は非常に豊富です。
例えば、以下のような内容のリフォームがあります。

 

・つまずかないようにドアの段差をなくす
・足腰が弱い人でも使えるように和式から洋式に変える
・車椅子でも利用出来るようにスペースを広くする
・立ち上がる動作をサポートする昇降式の便っ座の取り付け
・手すりの設置

 

この他にも、多くのリフォーム内容があるのです。
では、これらのリフォームの費用相場はどうなるのかと言うと、当然行うリフォームの内容によって大きく変わります。

 

例えば、手すりの設置であれば、5万円から10万円前後が費用の相場。
しかし、スペースを広くするのであれば、10万円から30万円前後が費用の相場です。

 

ただ、総合的に見ると20万円前後の費用になる事が多いため、まずはこれを1つの目安として考えておくと良いでしょう。

 

玄関

 

玄関の介護リフォームは、以下の様な内容がよく行われます。

 

・玄関の段差を低くする
・車椅子でも簡単に上がれるようにスロープを設置
・手すりの設置
・転倒を防ぐために滑りにくい床材へ変更
・靴などを履きやすくするための椅子の設置

 

これらのリフォームの費用の相場については、全体で見ると10万円から20万円で収まる事が多いので、これが1つの目安だと言えるでしょう。
ただ、トイレのリフォームと同様に内容によって、安い費用で済む事もあれば、より高い費用になる事もありますので注意してください。

 

階段の段差

 

階段の段差の介護リフォームの内容は、他の箇所と比べてあまり多くはなく、主に以下の3つに絞る事が出来ます。

 

・階段の急な勾配を緩やかな勾配へと変える
・上りやすくなるように手すりを設置する
・階段昇降機の設置

 

これらの介護リフォームの費用の相場は、それぞれの内容によって変わります。
例えば、階段の勾配を変えるリフォームであれば、30万円前後が費用の相場です。

 

また、手すりの設置であれば10万円前後、階段昇降機の設置であれば最低でも50万円前後が相場とされています。

 

ドアの扉

 

ドアの扉の介護リフォームは、主に車椅子を使用している人がいる場合に行われます。
そして、実はこのリフォームの内容のほとんどは、通常のドアを引き戸に変えるという内容なのです。

 

車椅子を利用している方にとって通常のドアを押す、もしくは引いて、そのまま部屋の中に入る行為は気軽に出来るものではありません。
しかし、引き戸であれば、通常のドアよりは簡単に部屋の出入りが出来るのです。

 

また、介護をする人がドアを開けたままにしておく事が簡単になるというメリットもあります。
このような理由があるため、ドアの扉の介護リフォームでは通常のドアから引き戸に変える内容が多いのです。

 

ちなみに、このドアの扉の介護リフォームの費用の相場は、使う引き戸の種類などもにもよります。
ただ、5万円から10万円ほどが1つの目安だと言えます。

 

浴室・洗面所

 

次は浴室・洗面所の介護リフォームについて見ていきます。
浴室・洗面所の介護リフォームは、トイレと同じように内容の幅が非常に広いのです。

 

例えば、代表的な内容は、以下のようなものがあります。

 

・浴室のスペースを拡張
・手すりの設置
・滑りづらい床材への変更
・バスリフトの設置
・ドアを引き戸へ変更
・ユニットバスへの改修

 

浴室や洗面所では、これ以外にも多くの内容のリフォームが行われています。
また、これらのリフォームの費用相場ですが、手すりの設置や床材の変更などの規模が大きくないもの関しては5万円から10万円前後が相場です。

 

一方で、浴室のスペースの拡張やバスリフト設置などの規模が大きい工事や高額な機械などの導入が必要なケースでは、30万円から40万円前後が相場とされています。
ただし、浴室をユニットバスへ改修するケースは、ユニットバスの費用と合わせて80万円前後とより高くなる事が多いので注意してください。

 

廊下

 

この廊下の介護リフォームでは、主に以下の3つのリフォームが行われます。

 

・段差をなくすバリアフリー化
・転倒防止のための手すりの設置
・廊下の幅を広くする

 

これらの相場の費用についてですが、段差をなくすバリアフリー化のリフォームでは10万円から20万円前後が相場です。
手すりの設置であれば、10万円から15万円前後が目安だと言えます。

 

一方で、廊下の幅を広くする場合には部屋の間取りの変更も伴うため、建物の状況によって費用が大きく変動するのです。
ただ、費用は20万円から50万円以上となる事が多いので、これを1つの目安として考えれば良いでしょう。

 

寝室

 

寝室の介護リフォームでは、主に以下のような内容となる事が多いのです。

 

・寝室のスペースを拡張する
・手すりの設置
・滑りづらい床材への変更

 

これらの内容の介護リフォームの費用の相場についてですが、手すりの設置は1万円から5万円の間、滑りづらい床材への変更は5万円前後が目安とされています。
ただし、滑りづらい床材への変更で畳からフローリングに変える場合には、相場が15万円前後なので注意しましょう。

 

また、寝室のスペースの拡張については、廊下の幅を変えるのと同様に間取りの変更が必要です。
そして、その間取りの変更には、壁を壊したりするなどの大掛かりな工事をする必要があります。

 

そのため、工事費用の相場は20〜50万円前後と比較的高くなるのです。

 

 

床の介護リフォームは通常、転倒防止のために滑りづらい床材への変更という内容のものがほとんどです。
例えば、滑りやすく事故に繋がりやすい畳からフローリングへの変更やカーペットの設置などが代表的なケースとして挙げられます。

 

こういった床材の変更の費用の相場は、フローリングへの変更の場合15万円前後、カーペットの設置のみであれば、5万円前後が目安です。
もちろん、床の広さによってこの費用は前後します。

 

そのため、正確な数字が知りたい場合は、リフォーム業者に見積もりを依頼するようにしましょう。

 

介護リフォームの事例

 

介護リフォームの事例

 

ここからは、実際に行われた介護リフォームの事例についてご紹介していきます。
今回ご紹介するのは、以下の4つの事例です。

 

・お風呂のバリアフリー化
・玄関の段差改修
・扉を引き戸へ変える
・高齢者でも使いやすいトイレへの変更

 

それぞれ2つずつ事例をピックアップし、築年数や施工面積、建物の種類や費用などと合わせてご紹介していきます。
もし現在考えているリフォーム内容に近い事例があれば、参考のために費用などをチェックしてみてください。

 

お風呂のバリアフリー化

 

お風呂のバリアフリー化の介護リフォームの事例についてご紹介していきます。r
1つ目は以下の事例です。

 

費用 80万円
建物タイプ 戸建て
築年数 30年以上
施工面積 非公開

 

こちらは以前主流だった在来浴室から歩く事に不安のある方でも使いやすいタイプのユニットバスへの改修という内容の事例です。
既に浴室があった場所ではなく、他の新しい場所へユニットバスを設置したのですが、工事費用は相場80万円でした。

 

2つ目は以下の事例です。

 

費用 110万円
建物タイプ マンション
築年数 21年
施工面積 2.5平米

 

こちらは将来介護が必要になった時のために、手すり付きで入り口に段差の無いバリアフリーのユニットバスに変更する事例です。
単純なユニットバスへの改修だけでなく、引き戸への変更や入り口付近の工事も必要だったため、費用は110万円必要でした。

 

玄関の段差改修

 

玄関の段差改修の介護リフォームの事例についてご紹介していきます。
1つ目は以下の事例です。

 

費用 16万円
建物タイプ 戸建て
築年数 30年以上
施工面積 非公開

 

こちらは、家族が玄関の段差につまづいて怪我をしてしまった事がきっかけで、段差を緩やかに改修したという事例です。
具体的には、2段から3段へと変更した工事内容で、費用は合計で16万円、工期も1日で済みました。

 

2つ目は以下の事例です。

 

費用 8万円
建物タイプ 戸建て
築年数 30年以上
施工面積 3.3平米

 

こちらは玄関に踏み台を設置する事緩やかにし、また手すりも設置する事で安全性を高めた事例です。
踏み台と手すりの2つを設置しましたが、費用は8万円でした。

 

扉を引き戸に変える

 

扉を引き戸に変える介護リフォームの事例についてご紹介していきます。
1つ目は以下の事例です。

 

費用 5万円
建物タイプ マンション
築年数 30年以上
施工面積 非公開

 

こちらは、開き扉の開け閉めで発生してしまうデッドスペースを無くし、通りやすくするために引き戸に変えた事例です。
開き扉のドアをそのまま引き戸として利用したため、費用は5万円で収まりました。

 

2つ目は以下の事例です。

 

費用 15万円
建物タイプ 戸建て
築年数 16年
施工面積 非公開

 

こちらはスペースを広くし、かつ引き戸で開けたままにしておく事で見守りやすくするために壁を引き戸に変えた事例です。
通常のドアではなく、壁から引き戸に変えるため、費用は本来よりも高めの15万円でした。

 

高齢者でも使いやすいトイレへの変更

 

高齢者でも使いやすくトイレへの変更という介護リフォームの事例についてご紹介していきます。
1つ目は以下の事例です。

 

費用 30万円
建物タイプ マンション
築年数 11年
施工面積 2.7平米

 

こちらは車椅子でも利用出来るように、ドアを吊り戸に、また段差を無くし、L字の手すりの設置も行った事例です。
費用は3つの箇所を合わせて30万円でした。

 

2つ目は以下の事例です。

 

費用 40万円
建物タイプ 戸建て
築年数 30年以上
施工面積 非公開

 

こちらは将来の介護が必要になった時のために、トイレを広々としたワンルームに変えた事例です。
スペースだけでなく、トイレ自体も全自動の種類に変えたため、費用は40万円必要でした。

 

介護リフォームの費用を抑えるためのコツ

 

介護リフォームの費用を抑えるためのコツ

 

ここからは、介護リフォームを行うための費用を、少しでも抑えるためのコツについてご紹介していきます。
今回ご紹介するのは、以下の2つのコツです。

 

・市町村区や介護保険による補助金や助成金などを活用する
・複数のリフォーム業者で見積もりを取り比較する

 

これからそれぞれのコツについて、1つ1つ詳しく解説していきます。
介護リフォームは、内容によっては高い費用が発生してしまう事もあるものです。

 

少しでもその費用による負担を少なくするためにも、これらのコツを参考にしてください。

 

市町村区や介護保険の補助金などを活用

 

介護リフォームの費用を抑えるために最も効果的だと言えるのが、市町村区や介護保険による補助金・助成金を活用する事です。
例えば、40歳以上の国民が加入しなければいけない介護保険。

 

この保険を活用すると、介護認定のレベルなどは関係なしに、20万円のリフォーム費用のうち9割の18万円を支給してもらえます。
ちなみに、20万円を超える介護リフォームの場合には、20万円の1割にあたる1万円と、工事費から20万円を引いた額は自分で支払わなければいけません。

 

また、それぞれの市町村区では地域によって内容は変わります。
ただ、住宅改修費制度が用意されている事もあります。

 

こういった制度を活用すると、地域によっては上限100万円まで支給される事があるのです。
この保険や制度による補助金・助成金を活用するのとしないとでは、負担額が大きく変わるので、リフォームの際には必ず活用するようにしましょう。

 

複数のリフォーム業者を比較

 

介護リフォームの費用を抑えるためには、複数のリフォーム業者を比較する事も非常に効果的です。
理由は2つあります。

 

1つ目の理由は、単純に工事費用が比較出来るため、自然と高額な費用を避けて相場通りの費用で工事を依頼出来るからです。
2つ目の理由ですが、複数の業者を比較すると、口コミや実績、対応などもチェック出来ます。

 

すると、工事の質が悪いような業者を避ける事が出来ます。
また、それによって再工事や追加工事などの余分な費用が発生する事も避ける事が出来るのです。

 

このような理由がありますので、介護リフォームを行う時には複数の業者の比較にも時間をかける事をおすすめします。

 

介護リフォーム業者選びのポイント

 

介護リフォーム業者選びのポイント

 

護リフォームを依頼する業者は、どのようなポイントを抑えて選ぶべきか解説していきます
介護リフォーム業者選びでは、最低でも以下の3つのポイントはチェックしておきたいです。

 

・ケアマネージャーなどの専門家と連携が取れるかどうか
・介護リフォームの施工数などの実績は豊富であるかどうか
・介護リフォームの工事後の保証があるかどうか

 

それぞれののポイントについて、1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

ケアマネージャーなどの専門家と連携が取れるか

 

当たり前ですが、外壁などのリフォームであれば、リフォーム業者自体が専門家です。
しかし、介護リフォームでは単なるリフォームではありません。

 

介護される人やする人が、どのようなものを求めているのかといった介護に関する知識も必要な工事なのです。
そのため、介護リフォームを成功させるためには、ケアマネージャーなどの介護に関する専門家とリフォーム業者が連携しなければいけません。

 

もし介護に関する専門家との連携がとれない業者に工事を依頼すると、実際の介護には役に立たなかったという結果になる事もあります。
そういった結果を避け、本当に役に立つリフォームをするためにも、ケアマネージャーなどとの連携が取れる業者を選ぶようにしましょう。

 

介護リフォームの実績は豊富か

 

介護リフォーム業者選びでは、実績が豊富かどうかをチェックするのも重要です。
実績が無い業者の場合、再工事や追加工事などが発生するような技術の無い業者である可能性も考えられます。

 

再工事や追加工事が必要になった場合、追加での請求が発生する事もあるのです。
また、費用だけでなく時間も無駄に掛かってしまいます。

 

そういった事を避けるためにも、やはり豊富な実績があるかどうかはチェックしておくべです。
ちなみに、リフォーム業者は水回りが得意だったりする業者もあれば、内装が得意な業者もあります。

 

そういった事も実績を見れば判断出来るので、合わせてチェックしておきましょう。

 

リフォーム工事の保証はあるか

 

介護リフォーム業者選びにおける最後のポイントは、リフォーム工事後の保証はあるかどうかです。
通常の新築工事であれば、法的に工事の保証は必須です。

 

しかし、リフォームにおいては、保証をしなければいけない義務はありません。
そのような背景があるため、工事に自信がない業者はあえて工事後の保証を付けていない事があるのです。

 

反対に考えるとリフォーム工事後の保証を付けている所は、工事の質に自信がある業者である事を意味します。
そのため、業者選びではこのリフォーム工事の保証があるかどうかも、チェックしておく事もポイントだと言えるのです。

 

ただし、保証が付いていても期間が短かったり、保証範囲が狭いと保証の意味を持たない事もあります。
ですので、保証が付いているかどうかだけでなく、期間や範囲についても合わせて確認しておくようにしましょう。

 

介護リフォームにおける注意点

 

介護リフォームにおける注意点

 

介護リフォームの実施の際の注意点、それは介護保険の利用に関わるものです。
介護リフォームでは、先程も解説したように介護保険を利用するとリフォームの費用を抑えられます。

 

しかし、この介護保険は原則として事前申請が必要なのです。
もし事前申請をしていなかった場合、リフォーム後に申請したとしても保険がおりる事はありません。

 

そのため、介護リフォームを予定している方は、なるべく早めに市町村区へ申請するようにしておきましょう。

 

介護リフォームの費用のまとめ

 

介護リフォームの費用のまとめ

 

今回解説してきましたように、介護リフォームは通常のリフォームとは違う点がいくつもあります。
介護される人の症状や介護をする人の事、そして将来的な事も考えて工事をしないと満足の行くリフォームをする事が出来ません。

 

また、リフォームの費用に関しても、保険や制度による補助金などが使えるなどの違いがあるのです。
そのため、もし今後介護リフォームを行うのであれば、今回解説した情報を意識して、役に立つ介護リフォームを納得のいく費用で依頼してもらいたいと思います。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。