1500万円でどこまでのリフォーム

1500万円で可能なリフォームと新築・建替えとの比較

1500万円でどこまでのリフォームが可能?

 

1500万円でどこまでのリフォーム

 

1500万円の予算があれば、可能なリフォームの選択肢の幅はかなり広くなります。
家全体のリフォームをするだけでなく、低予算では難しい工事を行う事も可能です。

 

しかし、1500万円ある場合、新築物件を購入したり、現在の家を建替えたりする事も出来ます。
そのため、どのようなリフォームが出来るのかを把握すると共に、新築・建替えとの差も知っておきたい所です。

 

1500万円の予算で可能なリフォームの内容と、新築・建替えとの比較についてチェックしていきましょう。

 

 

1500万円の予算で可能なリフォームの内容

 

リフォームのための予算が1500万円程度ある場合、かなり大規模な工事を行う事が出来ます。
家の床面積や依頼する業者などによって費用に違いは出てきますが、家全体をしっかりリフォーム出来る場合が殆どです。

 

また、今住んでいる家をリフォームするだけでなく、中古物件を購入してリノベーションする事も出来るでしょう。
選択肢が豊富にあるので、計画を立てる際にはどんな工事を行えるのか具体的なイメージを持つ事が大切です。

 

1500万円の予算で可能なリフォームの例としては、以下のような物が挙げられます。

 

フルリフォームした上で追加の工事を行う

 

家のフルリフォームをした上で、追加の工事を行う事も1500万円の予算なら十分に可能です。
壁紙や天井、床材の交換を行い、水回りの設備をリニューアルしても費用が1500万円以上掛かる事はそれほど多くないでしょう。

 

そのため、余った予算を別の工事の費用として活用する事が出来ます。
様々な工事の可能性が考えられますが、実際に行われる事が多く、しかも満足度の高い内容となると、ある程度の範囲に限定されるでしょう。

 

フルリフォームと合わせて行われる事のある工事の例としては、以下のような物が挙げられます。

 

外壁・屋根の塗装や庭の改修

 

家の中全体をリフォームしたとしても、外側がそのままの状態では古臭い印象が拭えません。
1500万円の予算があるなら、外壁・屋根の塗装工事も検討すると良いでしょう。

 

美しい外観を取り戻せるだけでなく、風や雨などの外部の影響から家を守る機能性が向上するメリットもあります。
フルリフォームに掛ける費用が多い場合には、塗料のグレードを調整して予算内に収める工夫も可能です。

 

また、庭や外構部分の改修工事も追加の選択肢の1つと言えます。
テラスやウッドデッキなどを増設して、新たな生活空間を作り出す事も出来るでしょう。

 

基礎部分の補修

 

1500万円の予算を掛けて築年数が古い家をフルリフォームする場合、基礎部分の補強・改修をする事はおすすめの工事内容です。
基礎部分を補強して耐震性を上げる事で、万が一災害が発生した際にも対応しやすくなります。

 

また、地盤改良を行えば家の傾きを改善する事も可能です。
いくら内装を新しくしても、地震などのせいで住めなくなってしまっては意味がありません。

 

安心安全に長い年数住んでいく事を重視するのであれば、最初に検討したい追加工事と言えます。

 

設備・材料にお金を掛けたスケルトンリフォームをする

 

骨組み以外を一旦全て解体して内装を新しくするスケルトンリフォームも、1500万円の予算があれば行う事が出来ます。
個々の事例で違いはあるものの、スケルトンリフォームに掛かる費用は1000万円程度と言われているため、残りの予算を設備・材料に回す事が可能です。

 

キッチンを壁付けからアイランド式に変更したり、新たに床暖房を設置したりといった工事を行えば、もっと暮らしやすい家を実現出来ます。
また、壁紙を張るのではなく塗り壁にする、フローリングを無垢材にするなど内装の見た目にこだわれる点も魅力的です。

 

中古マンションを購入してリフォームする

 

持ち家をリフォームするのではなく、新たに中古マンションを購入してリノベーションするという選択肢もあります。
マンションは販売価格の差が大きいため、1500万円以内に収まるかどうかは住む地域などの条件などに左右されがちです。

 

しかし、築年数が古い物件であれば、リノベーション費用を含めても十分に予算内に収める事が出来るでしょう。
既に修繕が行われている中古マンションなら、大規模なリノベーションを行わなくても不満のない部屋を手に入れられるはずです。

 

1500万円のリフォームと新築・建替えの比較

 

1500万円のリフォームと新築・建替えの比較

 

1500万円の予算があれば、リフォームをするのではなく新築物件を購入したり、建替えをしたりした方が良いのではないかと考える方もいるでしょう。
現在住んでいる家を改装するよりも、完全に新しい物にした方が長い年数暮らせそうというイメージがあります。

 

しかし、リフォームにも新築・建替えにはないメリットがあり、イメージだけで判断してしまうと後悔する結果になりかねません。
両者の違いを把握して、どちらが自分に適しているのかを考える必要があります。

 

1500万円で行うリフォームと新築・建替えの差は以下の通りです。

 

一戸建てのリノベーションと建替えの比較

 

建替えを行う場合、解体費用がかさむ事があります。
リノベーションでも撤去費用は必要になりますが、建替えと比べると割安です。

 

また、リフォームであれば住みながら工事出来る場合がありますが、建替えの場合は仮住まいが必要となります。
引越し料金も支払わなければならないので、その分1500万円の予算が減る事になるでしょう。

 

一戸建てのリノベーションには、現在の家を基準に完成後を想像しやすいという利点もあります。
後からイメージと違ったと感じる事態を避けたいのであれば、無視出来ないメリットです。

 

中古マンションのリフォームと新築マンション購入の比較

 

中古マンションを購入してリフォームする場合、新築マンションを購入するよりも費用が抑えられます。
同じ立地で考えた時、新築では1500万円で無理な場合でも、中古マンションであれば大丈夫なケースは珍しくありません。

 

中古という点が気になるかもしれませんが、内装を一新すれば新築同様の感覚で住む事は十分に可能です。
大都市圏の新築マンションは販売価格が高い物件が多いため、中古マンションのリフォームは特に価値のある選択肢となります。

 

リフォームではなく新築を選ぶ場合のメリット

 

リフォームを行う場合、工事を進めていく中で補修が必要な部分が見つかり、費用が上がる事もあります。
これに対して新築する場合、全て新しい設備・材料を使うため、そういった事態に陥る可能性は非常に低いのです。

 

柱など主要な構造部分のダメージが大きい場合、無理に補強するよりも新築した方が安く済むケースもあります。
安全性が高くなるというメリットもあるため、物件の状況次第ではリフォームにこだわらない方が良いでしょう。

 

また、家をすぐに建てる事の出来る土地を所有している場合、土地代を差し引いて考える事が出来ます。
1500万円の予算をフルに使えるので、満足の行く家を建てられる可能性は高いでしょう。

 

予算1500万円以内のリフォーム事例

 

予算1500万円以内のリフォーム事例

 

1500万円で可能なリフォームの例は既に紹介しましたが、実際の事例をチェックする事でより理解を深める事が出来ます。
想定と似ている事例であればそのまま参考に出来ますし、内容が全く異なる事例でも新たなアイディアに繋がる可能性があるからです。

 

また、多くの事例を知れば知るほど費用の相場を直感的に判断しやすくなります。
悪徳業者に騙されないためにも、過去の事例を知っておく事は大切です。

 

予算1500万円以内でリフォームを行った事例を以下で紹介します。

 

家族構成の変化に伴う中古マンションのリフォーム

 

お子さんが独立し、家族構成の変化に対応するためにリフォームを行った事例です。
築28年で古くなっていたキッチンをオープンタイプに変更したり、リビングの壁を撤去して部屋を広げたりと様々な工事を行っています。

 

既に所有している中古マンションをリフォームしたため、設備にも費用を掛ける事が出来ている点が特徴的です。
トイレのバリアフリー化や暖房付きの浴室などを実現する事で、人生の最期まで安心して暮らせる家作りに成功しています。

 

86平方メートルのリフォームに掛かった費用は1080円で、1500万円の予算に対してかなり余裕がありました。

 

間取り変更で開放感を生んだ戸建てのスケルトンリフォーム

 

築40年の一戸建てのスケルトンリフォームを行った事例です。
1階部分の壁をいくつか撤去してLDKを広げ、開放感を生む事に成功しています。

 

2階部分も、3つあった部屋を2つにする事で十分な広さを確保出来ました。
また、家具とマッチする事にこだわった内装と状況に応じて切り替えられる照明で、心地良く暮らせる空間となっています。

 

80平方メートルのリフォームに掛かった費用は1470万円で1500万円の予算内です。

 

1500万円で可能なリフォームまとめ

 

1500万円で可能なリフォームまとめ

 

1500万円の予算でリフォームを行う場合、家の中全体の工事だけでなく、外壁・屋根の塗装や基礎部分の補修など追加工事を依頼する事が可能です。
また、スケルトンリフォームをした上で設備・材料にこだわったり、中古マンションを購入してリノベーションするという選択肢もあります。

 

一戸建ての建替えと比べた場合、仮住まいが必要ない・完成後をイメージしやすいなどの点がリフォームのメリットです。
中古マンションを購入してリノベーションする場合、新築マンションよりも費用が抑えられる事が大きな利点となります。

 

ただし、リフォームの場合は後から補修が必要な部分が見つかる事もあるので、場合によっては建替え・新築を選んだ方が良いでしょう。
1500万の予算で出来るリフォームの事例としては、中古マンションのフルリフォームや部屋数を減らして広さを確保する戸建てのスケルトンリフォームなどがあります。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。