お押し入れリフォーム

押入れからクローゼットへリフォームする時の費用相場!施工事例も掲載

押し入れリフォームの費用やポイント・注意点など

 

押し入れリフォーム

 

ライフスタイルの変化などが理由で和室を洋室にしたい時、押入れをクローゼットにリフォームしたいと考える人は少なくありません。
今回の記事では、そんな押入れからクローゼットへのリフォームに関する情報をまとめてご紹介していきます。

 

具体的には、押入れからクローゼットへのリフォームの種類や、その相場費用、またリフォームを成功させるためのポイントなどです。
また、DIYで行える事や実際の施工事例などもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

押入れからクローゼットへのリフォームの種類と相場費用

 

押入れからクローゼットへのリフォームの種類とそれぞれの相場費用をご紹介していきます。
一般的に、押入れからクローゼットへのリフォームは、以下の3種類に分けられます。

 

1.中棚を外して作る簡易的なクローゼットへの変更
2.一般的なクローゼットへの変更
3.ウォークインクローゼットへの変更

 

それぞれのリフォームの具体的な内容と、その相場費用について見ていきます。
まだどのようなリフォームがあるのか知らない場合は、どれが理想のリフォームの種類なのか考えながら一通り目を通してみてください。

 

簡易的なクローゼットへの変更

 

簡易的なクローゼットへの変更を行うリフォームについて見ていきましょう。
押入れを簡易的なクローゼットにする方法は、主に2つあります。

 

1つ目の方法は押入れの中はそのままで、ハンガーパイプなどを設置するだけという方法。
そして、2つ目は押入れの中棚を外した後に、ハンガーパイプなどを設置するという方法です。

 

いずれの方法もリフォームの中では、最も簡単で、安く済む方法だと言えます。
実際に、この種類のリフォームの相場の費用は、1万円から6万円ほどです。

 

そのため、単純にクローゼットのような収納スペースがあれば良い、と考えている人には向いているリフォームの種類だと言えるでしょう。

 

一般的なクローゼットへの変更

 

一般的なクローゼットへの変更を行うリフォームについて見ていきましょう。
押入れを一般的なクローゼットへ変更する時には、様々な種類の工事が行われます。

 

例えば、押入れ内部の中棚の撤去やふすまから扉への取替、ハンガーパイプ・収納棚・仕切りの設置やクローゼット内部にクロスの追加などです。
このような工事内容を行うリフォームの費用の相場は、10万円から20万円前後とされています。

 

ウォークインクローゼットへの変更

 

ウォークインクローゼットへの変更を行うリフォームについて見ていきます。
このリフォームでは、ここまでご紹介したリフォームよりも大掛かりな工事をしなければいけません。

 

なぜなら、押入れをウォークインクローゼットにするためには、人が入れるようなスペースを作らなければいけないからです。
そんなウォークインクローゼットへの変更リフォームの相場の費用は、20万円から50万円前後ですので、他のリフォームよりも比較的高いと言えます。

 

ちなみに、ウォークインクローゼットの広さや補強工事の有無などによっては、100万円前後の費用が発生する事もあるので注意してください。

 

押入れからクローゼットへのリフォームにおけるポイント

 

押入れからクローゼットへのリフォームにおけるポイント

 

それではここからは、押入れからクローゼットへのリフォームを行う際のポイントについてご紹介していきましょう。
押入れからクローゼットへのリフォームのポイントは、主に以下の3つあります。

 

・自分達にとって使い勝手が良い扉を選ぶ
・クローゼット内のクロスは機能性を考慮して選ぶ
・リフォームを依頼する業者は複数比較した上で選ぶ

 

それぞれのポイントについて、1つずつ詳しく見ていきます。

 

使い勝手が良い扉を選ぶ

 

押入れからクローゼットへのリフォームにおける1つ目のポイント、それは使い勝手の良い扉を選ぶ事です。
押入れからクローゼットに変える時には、折れ戸や引き戸、開き戸など様々な種類の扉を設置する事が出来ます。

 

そして、これらの扉はそれぞれ違うメリット・デメリットがあります。
そのため、自分達にとって使い勝手が良いと思える扉を選ぶ事が重要なのです。

 

例えば、折れ戸であれば、クローゼットの中を全体的に見渡せる良さがあります。
しかし、扉を開け、折りたたんでいる時には、その折りたたんでいる部分がデッドスペースを作るデメリットがあるのです。

 

一方で、引き戸はデッドスペースを作らず、狭い場所でも簡単に開閉出来ます。
しかし、全体を見渡すほど扉を開けないデメリットがあります。

 

このように、扉によってメリットなどが変わるので、リフォームの際には自分達にとって使い勝手の良い扉を選ぶようにしましょう。

 

クロスは機能性を考慮して選ぶ

 

押入れからクローゼットへリフォームをする際に、クローゼットの内部にクロスを貼る事があります。
そして、もしクロスを貼るのであれば、デザインなどではなく機能性も重視して選ぶべきでしょう。

 

クローゼットは扉を閉めている時間が長いため、カビが生えるなどのトラブルが起きやすい環境でもあります。
しかし、湿気を吸収出来るような効果のあるクロスを選ぶとそのトラブルの予防が出来るのです。

 

また、最近では湿気が多すぎる時には吸収し、少なすぎる時には湿気をある程度出すような機能を持つクロスもあります。
これらの機能性を持つクロスは、1万円から3万円前後追加するだけで使用出来るので、余裕があれば検討してみてください。

 

依頼する業者は複数比較する

 

押入れからクローゼットへのリフォームの3つ目のポイントは、工事を依頼する業者は必ず複数比較するという事です。
押入れからクローゼットへのリフォームに限った話ではなく、複数の業者を比較する事は非常に重要だと言えます。

 

なぜなら、複数の業者を比較しなければ、あなたの行いたいリフォームの相場の費用が分からないからです。
もし相場の費用が分からなければ、相場よりも高い工事費用を支払う事にもなり兼ねません。

 

また、複数の業者を比較すれば、費用だけでなく対応の良さなどの違いも分かります。
このよう理由がありますので、依頼する業者は必ず複数比較した上で決めるようにしましょう。

 

押入れからクローゼットへのリフォームの施工事例とその費用

 

押入れからクローゼットへのリフォームの施工事例とその費用

 

押入れからクローゼットへのリフォームの過去の実際の施工事例についてご紹介していきましょう。
今回ご紹介するのは、簡易的なクローゼットへの変更、一般的なクローゼットへの変更、ウォークインクローゼットへの変更の全ての種類の事例です。

 

また、それぞれの事例では、築年数や建物の種類、費用や工事の内容も合わせて解説します。
現在、既にどのようなクローゼットに変えたいか決まっている方は、該当する種類の事例を参考にしてみてください。

 

簡易的なクローゼットへの変更

 

押入れから簡易的なクローゼットへの変更のリフォームの事例をご紹介します。
1つ目は以下の事例です。

 

費用 3万円
建物の種類 マンション
築年数 5年

 

こちらは収納スペースにハンガーパイプのみを設置した事例です。
設置時間はわずか1時間ほどと短く、費用も3万円で済みました。

 

2つ目は以下の事例です。

 

費用 8万円
建物の種類 戸建住宅
築年数 26年

 

こちらは和室にある押入れを違和感が出るデザインのクローゼットに変えず、内部のみをクローゼットのように変えた事例です。
ハンガーパイプを設置しただけでなく、その他内部の工事もしたため費用は相場を若干超えた8万円必要でした。

 

一般的なクローゼットへの変更

 

一般的なクローゼットへの変更のリフォームの事例をご紹介しましょう。
1つ目は以下の事例です。

 

費用 10万円
建物の種類 マンション
築年数 26年

 

こちらは襖を使っていた押入れを、折れ戸を使ったクローゼットに変えた事例です。
クローゼットの内部に間仕切り壁を設置したりもしましたが、費用は相場と変わらない10万円でした。

 

2つ目は以下の事例です。

 

費用 14万円
建物の種類 戸建住宅
築年数 30年以上

 

こちらも1つ目の同じように襖がある押入れを、折れ戸を使ったクローゼットに変えた事例です。
ただ、こちらの事例ではクローゼット内部の床をクッションフロアにしたため、費用は14万円必要でした。

 

ウォークインクローゼットへの変更

 

ウォークインクローゼットへの変更のリフォームの事例をご紹介します。
1つ目は以下の事例です。

 

費用 25万円
建物の種類 戸建住宅
築年数 非公開

 

こちらは既存の押入れとその横の1.5畳分のスペースを活用して、ウォークインクローゼットにした事例です。
ウォークインクローゼット内に照明などを付けたりしましたが、費用は相場通り25万円で済みました。

 

2つ目は以下の事例です。

 

費用 50万円
建物の種類 マンション
築年数 非公開

 

こちらは家族が増えた事で既存の押入れでは足りなくなってしまったため、ウォークインクローゼットに変えた事例です。
比較的大きなスペースをクローゼットにしたので、費用は若干高めの50万円必要でした。

 

DIYで押入れからクローゼットへのリフォームは出来る?

 

DIYで押入れからクローゼットへのリフォームは出来る

 

押入れからクローゼットへのリフォームの費用を抑えるために、DIYでリフォームをしたいと考える人は少なくありません。
実際、押入れからクローゼットのリフォームでは、DIYでも出来る事もあります。

 

例えば、襖を取り外してカーテンを設置する事や、市販のハンガーパイプを押入れの中に設置するといった事です。
しかし、それ以上のリフォームは、プロである業者に依頼する事をおすすめします。

 

基本的に規模が大きなリフォームでは、押入れをなくす作業や下地の補強やクロスの張り替え、防湿・断熱の対策などが必要です。
そして、これらの作業をDIYでやろうとすると、怪我などの事故に繋がる事もあります。

 

さらには、正しく作業を進められず、建物の耐久性などを落とす事にもなり兼ねません。
そのため、本格的なリフォームをしたいのであれば、初めからプロの業者に頼るようにしましょう。

 

押入れからクローゼットへのリフォームにおける注意点

 

押入れからクローゼットへのリフォームにおける注意点

 

押入れからクローゼットへのリフォームにおける注意点を解説しましょう。
押入れからクローゼットに変える際、注意しなければいけないのは床の耐久性です。

 

なぜなら、押入れは他の部屋とは違って、ベニヤ板など耐久性が低いものが使われたりします。
そして、そのままクローゼットにしてしまうと新しく収納する物の重量に耐えられず、破損するなどのトラブルに繋がる事があるのです。

 

そのため、押入れからクローゼットにする時には、必ず収納する物の重量に耐えられる強度があるかどうか業者にチェックしてもらってください。
そして、必要であれば、必ず床の補強工事をしてもらうようにしましょう。

 

押入れリフォームのまとめ

 

押入れリフォームのまとめ

 

今回解説してきたように、押入れからクローゼットへのリフォームには、様々な種類があります。
簡単にまとめると、簡易的なクローゼットか一般的なクローゼット、もしくはウォークインクローゼットに変えるという種類のリフォームがあるのです。

 

そして、これらのリフォームは同じく解説したように、それぞれの種類によって費用の相場や工期などが変わります。
現在、押入れからクローゼットへのリフォームを検討中の方は、上記の情報を参考にリフォームプランを考えてみてください。

 

そして、実際にリフォームをする際にはご紹介したポイントや注意点を意識しながら、理想のリフォームを行ってもらいたいと思います。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。