玄関増築のリフォームの費用・相場

玄関増築リフォームに掛かる費用と注意すべきポイント

玄関増築リフォームについて

 

玄関増築リフォーム

 

玄関の狭さに悩んでいるなら、玄関増築リフォームをするという選択肢があります。
今より広いスペースを確保する事で使いにくさを改善し、快適な生活を送れる状態を目指す事が可能です。

 

玄関に劣化している部分が存在する場合には、補修するついでにリフォームを考える事もあるでしょう。
しかし、玄関増築リフォームについて具体的な知識を持っている人は案外少ない物です。

 

リフォームの内容を業者に一任するという方法もあります。
しかし、満足出来る結果を得たいなら、可能な範囲で費用や注意点を把握しておいた方が無難でしょう。

 

玄関を増築するリフォームに掛かる費用の相場と施工にあたって、注意すべきポイントについてチェックしていきましょう。

 

 

玄関増築リフォームに掛かる費用の相場

 

玄関増築リフォームに掛かる費用は、当然の事ながら工事の内容によって異なります。
玄関を増築するリフォームと言っても、その内容は現在の玄関を広くする工事だけではありません。

 

現在の玄関を作り直す、新たに追加の玄関を設置するといったリフォームもあります。
そのため、玄関増築リフォームに掛かる費用を把握するためには、工事内容ごとの相場を知る事が必要です。

 

具体的な成功事例で掛かった費用やリフォーム費用を節約する方法についても合わせて見ていきましょう。

 

玄関増築リフォームの費用の相場と内訳

 

玄関増築リフォームに掛かる費用の相場は、大体以下の表のような金額になっています。

 

工事の内容 費用
現在の玄関を広くする 30〜40万円程度
現在の玄関に加えてもう1つ玄関を増築する 25〜30万円程度
現在の玄関を潰して新たな玄関を増築する 30〜45万円程度
2階部分に玄関を増築する(階段も設置する) 100〜140万円程

 

具体的な費用の内訳は、以下の通りです。

 

リフォーム内容 費用
玄関ドアの取り付け 15〜40万円程度(ドア代金を含む)
床・壁・天井の補修 2〜5万円程度
壁紙の変更 4〜10万円程度
土間・タイルの工事 5〜10万円程度
収納スペースの作成 5〜25万円程度

 

現在の玄関を潰す場合には10〜15万円程度、2階の玄関への階段を設置する場合は50〜90万円程度など。
工事の内容や規模によっては、上記の表以外にも費用が掛かります。

 

玄関増築の施工例で見るリフォーム費用

 

より具体的な玄関増築リフォームの事例で費用を確認してみましょう。

 

既存の玄関のスペースを広くしたリフォーム事例(費用:約50万円)

 

玄関に隣接する部屋を取り壊して、既存の玄関のスペースを広くした成功事例です。
床面積が増えた事で広々とした玄関となり、使いやすさが大きく向上しました。

 

玄関を広くするリフォームの価格相場と比べると、費用が割高に見えるかもしれません。
しかし、収納スペースとしてシューズインクローゼットを作成するなど、追加の工事を行ったという理由があります。

 

こだわりを持ったリフォームをする場合、その分費用は高くなるという事が分かるでしょう。

 

玄関増築リフォームの費用を節約する方法

 

玄関増築リフォームの費用を節約する方法としては、建物の他の部分のリフォームと同時に施工する事が挙げられます。
玄関単独だと割高になりがちな工事費用も、合わせてリフォームする事で節約可能です。

 

近い時期に補修やリノベーションが必要になりそうな場所があるなら、一緒にリフォームする事も考えてみてください。
また、玄関増築に際してバリアフリーを検討しているなら、利用出来る補助金制度がないかどうかを確認する事も重要です。

 

もちろん、他のリフォームと同様、複数の業者に見積もりを依頼して条件の良い会社を選ぶという方法も節約に役立ちます。

 

玄関増築リフォームで注意すべきポイント

 

玄関増築リフォームで注意すべきポイント

 

玄関増築リフォームは、ただ工事すれば良いという物ではありません。
増築によって広さや使いやすさを得られたとしても、別の面で問題が発生する事もあるからです。

 

悩みを解消するために玄関を増築したにも関わらず、トラブルを抱える結果になってしまっては元も子もありません。
工事が完了してから問題が起きる可能性に気付いても遅いので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

玄関増築リフォームで注意しておくべきポイントとしては、以下のような項目が挙げられます。

 

ドアを開けた時に十分なスペースを確保出来ているか

 

ドアを開けた時に十分なスペースを確保出来ているかを確認する事は、玄関増築リフォームの重要なポイントです。
スペースが狭いと、ドアの開け閉めを避ける事が難しくなってしまいます。

 

特に多くの人数が同時に出入りする家では、余裕を持った玄関作りが大切になるでしょう。
現在の状況だけでなく、将来の家族構成なども考慮に入れてリフォームの計画を立てる事がオススメです。

 

どうしてもスペースの確保が難しい時には、引き戸を付けるという選択肢もあります。

 

雨よけの位置など雨仕舞いにも気を付ける

 

玄関増築リフォームを行う際は、雨仕舞いにも気を付けましょう。
雨仕舞いは雨水を地面へと上手く誘導して、家の中に入る事を防ぐ仕組みの事です。

 

例えば、リフォーム後のドアと雨よけの位置関係によっては、現在よりも雨水が入りやすくなってしまう可能性があります。
家に出入りする際に人が濡れないようにするためにも、雨水への対策はしっかりと考えておきましょう。

 

また、玄関ポーチなどに濡れやすい部分がある場合には、滑りにくい素材を選択する事をオススメします。

 

玄関の色や素材の統一感を考えてリフォームする

 

玄関の色や素材の統一感を考える事も、玄関増築リフォームでは重要です。
一部分だけをリフォームする場合、リフォームしなかった部分が想像以上に古く見えてしまう事があります。

 

リフォームしたにも関わらず、ちぐはぐな印象を与えてしまう場合もある訳です。
そのため、玄関を一から作り直すのでない限り、全体の雰囲気を崩さないような色・素材を選ぶ事が重要です。

 

商品カタログだけを見て選ぶのではなく、現在の玄関と見比べながら計画を立てましょう。

 

リフォームで玄関の位置を変える際はご近所さんにも相談を

 

玄関増築リフォームで玄関の位置を変える際は、ご近所さんにも相談をしておくと良いでしょう。
リフォーム後の玄関の方向や照明の位置によっては、思いがけない近隣トラブルに発展する事もあるからです。

 

実際に、リフォームを開始した後で工事内容を変更するのは大変なので、施工前にあらかじめ相談しておく事が大切になります。
もし後から何らかの問題が発覚したとしても、事前に相談していた場合と相談していなかった場合では、ご近所さんの対応も大きく変わってくるはずです。

 

玄関増築リフォームまとめ

 

玄関増築リフォームまとめ

 

玄関増築リフォームに掛かる費用の相場は、工事の内容ごとに異なります。
玄関増築のための予算を考える際には、想定しているリフォーム内容に近い工事の価格相場を知る事が大切です。

 

他の部分のリフォームと合わせて施工する、バリアフリーに関する補助金制度を利用するなど、費用を節約する手段も検討すると良いでしょう。
また、ドアを開ける際のスペースや雨仕舞い、色・素材の統一感など、玄関を使う上で重要になる注意点もチェックしておきたい所です。

 

リフォーム後の近隣トラブルを避けるために、ご近所さんに相談をしておく事も忘れてはいけません。
また、リフォーム業者によっても大きく費用は異なりますので、ある程度の相場を知っておく事は重要です。

 

当サイトでもおすすめしている「リノコ」では、平均10秒の入力で適正価格を知る事が出来るのリフォームの際に試しておいて損はありません(※完全無料)。

 

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。