汲み取り式から水洗トイレへのリフォーム費用

汲み取り式から水洗トイレへのリフォーム費用・注意点

汲み取り式から水洗トイレへのリフォームについて

 

汲み取り式から水洗トイレへのリフォーム

 

築年数が長い家の場合、トイレが昔ながらの汲み取り式である傾向にあります。
しかし、現在ではいわゆる水洗トイレが主流となっている事もあって、汲み取り式しから水洗トイレへのリフォームを行う人も多くいるのです。

 

そこで今回は、そんな汲み取り式から水洗トイレへのリフォームに関する情報をご紹介していきます。
具体的には、汲み取り式から水洗トイレに変えるメリットやリフォームの方法、その費用の相場、またポイントや注意点などについてです。

 

現在、水洗トイレに変えるリフォームをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

汲み取り式トイレと水洗トイレの仕組みと違い

 

それでは初めに、リフォームの対象となる汲み取り式トイレと水洗トイレの仕組みとその違いはどこにあるのかを解説していきましょう。
まず汲み取り式トイレについてです。

 

汲み取り式トイレは、トイレと下水と繋がっていません。
そのため、便槽と呼ばれる場所にし尿を貯め、定期的にそのし尿を機械などを使って汲み出すようにしています。

 

このように、汲み出すような仕組みを持っているため、この形式のトイレは汲み取り式トイレと呼ばれるのです。
一方で、水洗トイレはトイレに浄化槽と呼ばれるタンクを繋ぎます。

 

その浄化槽ではトイレからの排水を文字通り浄化し、その後浄化槽から直接下水に流すのです。
このように、水洗トイレでは下水と繋がっているため、汲み取り式のように定期的な汲み出しは不要な仕組みに作られています。

 

汲み取り式からと水洗化するメリットとデメリット

 

汲み取り式からと水洗化するメリットとデメリット

 

リフォームで汲み取り式のトイレから水洗化するメリットは大きく分けて2つあります。
1つは見た目が綺麗になり清潔感が出る事です。

 

汲み取り式は昔ながらの和式の便器である事が多く、また便器周りのデザインなども古いままである事が多い傾向にあります。
しかし、水洗化すれば洋式の便器になり、見た目が現代に合った清潔感の感じられる見た目になるのです。

 

2つ目のメリットは、汲み取り式の欠点だとされる臭いなどがほとんど無くなる事にあります。
汲み取り式の場合は構造によっては、し尿の臭いなどが便器を通して逆流したり、害虫が発生してしまう事があるのです。

 

しかし、一度水洗化すれば、構造上そのような臭いや害虫などの発生を防ぐ事が出来るようになります。
ただし、汲み取り式トイレから水洗化するのにはメリットもあれば、デメリットもあるのです。

 

例えば、ある程度の長い工事期間が必要になったり、環境上の理由で浄化槽を設置しなければ行けない場合には費用が大きくなる事があります。
失敗しないためにも、このデメリットについても理解した上でリフォームを行うか決めるようにしましょう。

 

汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームの方法

 

汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームの方法

 

では次に、汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームの方法についてご紹介しましょう。
基本的に汲み取り式から水洗化するためのリフォームの方法は2つに分ける事が出来ます。

 

1つ目の方法は浄化槽や下水道などにトイレを繋げて、完全に水洗化する方法。
そして、2つ目の方法は汲み取り式で使っている便槽をそのままにして、便器のみを洋式に変更する簡易水洗トイレにする方法です。

 

これからそれぞれの方法の利点や欠点などについて、より詳しく解説していきます。
汲み取り式トイレのリフォームを考えている方は、どちらの方法にするのか決めるための参考にしてみてください。

 

浄化槽や下水に繋げて水洗化する

 

初めに汲み取り式トイレを撤去し、浄化槽や下水に繋げて水洗化するリフォームの方法について解説していきます。
この方法を採用するメリットは、既にご紹介したように汲み取り式による問題点をほぼ全て解決出来る事です。

 

しかし、この方法では条件によって費用が高くなってしまう欠点があります。
例えば、家の場所が問題で下水道に配管出来ない場合には、浄化槽を設置しなければいけません。

 

そして、この浄化槽の設置が必要な場合、浄化槽とその設置費用が追加で掛かり、結果として費用が高くなってしまう事があるのです。
そのため、リフォームの予算が限られている場合には、便器やオプションの費用を抑えるなどの工夫が必要となるでしょう。

 

簡易水洗と呼ばれるトイレの便器だけを洋式に変える

 

汲み取り式の構造だけは、そのままに便器だけを洋式に変えるリフォームの方法の最大のメリットは、工事費用が抑えられる事にあります。
既に解説した通り、完全に水洗化するためには、下水道への配管、もしくは浄化槽の設置が必要です。

 

しかし、この方法では便器の取り替えのみとなるので、それらの工事は必要ありません。
このような理由があるので、このリフォームの方法では工事費用が大きく抑える事が出来るのです。

 

そのため、見た目を綺麗にしたり、悪臭や虫の発生の予防をしたいが、費用を抑えたい場合には適した方法だと言えるでしょう。
ただし、この方法にも欠点があります。

 

それは汲み取り式の構造を残しているため、定期的にバキュームカーでの汲み取りが変わらずに必要である事です。
そのため、汲み取りの依頼自体をなくしたい方は注意してください。

 

汲み取り式から水洗トイレへのリフォームの費用と工事期間

 

汲み取り式から水洗トイレへのリフォームの費用と工事期間

 

それでは次に、汲み取り式から水洗トイレに変えるためのリフォームの費用や工事期間の長さについて解説していきましょう。
基本的に費用については、他のリフォームと同様に内容によって大きく変わります。

 

また、リフォームの工事期間についても早ければ数日ですが、条件が悪かったりすると2ヶ月前後必要になる事も決して珍しい事ではありません。
このように、費用と工事期間は工事の内容や条件により大きく変わるのです。

 

という事で、これからこの2つの内容について、1つ1つより詳しい解説をしていきます。
想定外の費用や工事期間の長さになってしまう失敗を防ぐためにも、一度目を通してみてください。

 

費用はリフォームの内容によって大きく変わる

 

既に少し触れたように汲み取り式から水洗トイレにするためのリフォームの費用は、内容によって大きく変わります。
例えば、上記で解説した完全水洗化の方法で、浄化槽を設置しなければいけない場合、工事の相場は100万円前後です。

 

下水道に繋げる事が出来る場合は浄化槽とその設置費用がなくなるため、費用の相場は40万円から70万円ほどに変わります。
また、簡易水洗トイレにする場合には、地下の工事が不要でさらに費用は小さくなり、相場は20万円から30万円前後です。

 

このように、内容によって工事費用は大きく変わります。
そのため、水洗トイレにするリフォームを依頼する際には、業者と話し合いをしてしっかりと予算に収まる方法を選ぶようにしたほうが良いでしょう。

 

工事期間は状況によって変わる

 

汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームの工事期間は、費用と同じく内容によって大きく変わります。
例えば、簡易水洗トイレにする場合には、地下の工事や浄化槽の設置が不要です。

 

必要なのは便器の取り替えや給水設備などの工事だけなので、平均して3日前後の工事期間で済みます。
しかし、完全水洗化の場合には、便器の取り替えだけでなく下水道への配管や浄化槽の設置が必要です。

 

そのため、工事期間が必然的に長くなり、平均して1ヶ月前後、長いと2ヶ月ほど掛かるケースもあります。
このように、工事期間についても内容によって大きく変わるので、注意しておきましょう。

 

水洗トイレに変えるリフォームの工事費用を抑えるためのポイント

 

水洗トイレに変えるリフォームの工事費用を抑えるためのポイント

 

それでは次に、水洗トイレに変えるリフォームの工事費用をなるべく抑えるためのポイントについてご紹介していきます。
今回ご紹介するのは、以下の3つのポイントです。

 

ポイント1.複数のリフォーム業者で相見積もりを取り、その費用を比較する
ポイント2.設置するトイレ便座やトイレの機能などは必要なものだけを選ぶ
ポイント3.自治体によって浄化槽の設置に補助金が出る事があるので、確認しておく

 

では早速、これからそれぞれのポイントについて、1つ1つより詳しく解説をしていきます。

 

相見積もりで比較する

 

汲み取り式から水洗トイレに変えるリフォームの費用を抑えるには、他のリフォームと同じように相見積もりを取るのが非常に重要だと言えます。
なぜなら、相見積もりを取らないと、工事費用の相場がどのくらいなのか把握する事が出来なくなるからです。

 

例えば、複数の業者に見積もりを取れば、その平均値が工事費用の相場と理解出来ます。
そうすれば、高過ぎる工事費用を提示している業者を選ぶ事を避ける事が可能となるのです。

 

また、それだけでなく、複数の業者の中から比較的安い工事費用の業者を選ぶ事が出来ます。
このように、相見積もりを取るだけで、工事費用を抑える事が可能です。

 

ちなみに、見積もり自体はほとんどの業者が無料で行っています。
ですので、多少時間が掛かったとしても複数の業者に依頼してみると良いでしょう。

 

必要な機能やオプションだけを選ぶ

 

現在、トイレの便座や便座の機能、またその周りの内装などには多くの選択肢が用意されています。
具体的には、便器の形や大きさ、節電機能やウォシュレット機能、また床の素材や壁紙などにおいて様々な種類があるのです。

 

このように、汲み取り式を変えるトイレのリフォームでは多くの選択肢がありますが、その選択次第では無駄に費用が高くなってしまうケースがあります。
例えば、水洗トイレの便器は5万円ほどのものがありますが、せっかくだからとハイグレードタイプを選ぶと20万円以上になる事があるのです。

 

このように、必要以上のレベルのものを選ぶと工事費用が無駄に高くなります。
そのため、工事費用を抑えたいのであれば、必要以上の機能がついているようなものなどは選ばないように注意しておきましょう。

 

浄化槽の設置に補助金が出る事がある

 

汲み取り式から水洗トイレへ変える浄化槽を設置する工事が必要な場合には、自治体によって補助金が出来る事があります。
特に、水洗トイレが普及していないような地域では、浄化槽設置のための補助金が用意されている事が多いのです。

 

支給される補助金の額は、自治体や工事の規模などによって変わりますが、大体30万円から60万円ほど支給されます。
これだけでも工事費用を大きく抑える事が出来るので、リフォーム前には必ず補助金についてチェックしておきましょう。

 

ただし、補助金は合併処理浄化槽と呼ばれる浄化槽に対してのみ支給されます。
また、工事前の申請が必要なので、忘れないように注意してください。

 

汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームの注意点

 

汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームの注意点

 

それでは最後に、汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームに関する注意点について解説します。
汲み取り式から水洗トイレに変えるリフォームに関する注意点は、環境によってリフォーム自体が出来なくなるケースがある事です。

 

例えば、浄化槽を設置するスペースが無い場合や建物の構造が原因で、下水道への配管を設置出来ない場合には完全水洗化にする事は出来ません。
また、汲み取り式のトイレを解体する工事に建物が耐えられない場合にも、工事が出来なくなる事があります。

 

このように、汲み取り式から水洗トイレへ変えるリフォームでは、環境によって工事そのものが出来ない事もあるので注意してください。
ちなみに、Aという業者が工事出来なくても、Bという業者ではリフォーム可能となるケースもあります。

 

そのため、複数業者への見積もりや相談は忘れずに行うようにしておきましょう。

 

汲み取り式と水洗トイレのまとめ

 

汲み取り式と水洗トイレのまとめ

 

今回の記事で解説した通り、リフォームで汲み取り式から水洗トイレへ変えると多くのメリットがあります。
簡単にまとめると見た目が綺麗になる事、そして悪臭や虫の発生を予防出来るという2つのメリットです。

 

ただし、工事の依頼内容を間違えてしまったりすると、工事費用が高くなってしまったりする可能性もあります。
そういった失敗をして後悔をしないためにも、今回解説した情報を参考にして、リフォームを進めるようにしてみてください。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で決まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。