リフォームの挨拶について

リフォームの近隣の挨拶はトラブル防止に必要?【例文も掲載】

リフォームの挨拶は必要?

 

リフォームの挨拶について

 

リフォームを行う事になった場合、トラブルを起こさないためにも、近隣の人への挨拶について気にする人が多いのです。
そこで今回は、そんなリフォーム工事前の挨拶をテーマに様々な事について解説していきます。

 

具体的には、リフォーム前の工事の必要性や誰が行うべきか、挨拶の時期や時間帯、挨拶をする範囲、手土産の内容や相場などについてです。
リフォームを実施する予定で、現在近隣の方への挨拶についてどうすれば困っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

リフォーム前の挨拶が必要な理由はトラブル予防のため

 

まず始めに、そもそもリフォーム前の近隣への必要な理由について解説しましょう。
リフォーム前の近隣への挨拶は、特別な理由がない限りは行うべきだと考えられています。

 

その理由はたった1つ、トラブルの予防です。
リフォーム工事はその規模に関係なく騒音や臭いが出てしまったり、リフォーム業者の巨大なトラックの駐車などが必要になる事が多い傾向にあります。

 

そのため、事前にそのような事を挨拶で伝えておかないと、近隣の方にとっては大きなストレスになってしまう事があるのです。
そして、そのストレスが結果として、苦情などの大きなトラブルに繋がるケースがあります。

 

もちろん、挨拶をしていても大きな音が出れば、近隣への方にとってはストレスです。
しかし、挨拶をしていればそのストレスへの準備が出来るため、その後の苦情などのトラブルに繋がりにくくなります。

 

このように、トラブルを防ぐ事こそがリフォーム前に挨拶をしておくべきだと言える理由なのです。

 

リフォーム前の挨拶は誰が行うべきなのか?

 

リフォーム前の挨拶は誰が行うべきなのか

 

それでは次に、リフォーム前の挨拶については、誰が行うべきなのか解説していきます。
基本的には、施主と業者の両者が挨拶に伺うのが原則です。

 

最近では、リフォーム業者の中には近隣への挨拶を代行して行ってくれますが、それはあまりオススメ出来ません。
なぜなら、リフォームを依頼している本人が挨拶に来た時と、そうでない時の印象に大きな違いあるからです。

 

例えば、施主がしっかりと挨拶に回れば、近隣の方からは良い印象を持ってもらえる事が多い傾向にあります。
ところが、業者に挨拶を任せて施主本人が来ない場合、悪い印象を持たれてしまい、そしてその工事自体に対して苦情が来る事があるのです。

 

また、苦情が来なかったとしても、その悪い印象がリフォーム後の生活に悪い影響を与える事もあります。
そのため、リフォーム前の挨拶は、施主と業者の両者がするようにしましょう。

 

リフォーム工事前の挨拶はいつ行う?目安の時期と時間帯

 

リフォーム工事前の挨拶を行う時期と時間帯

 

それでは次に、リフォーム工事前の挨拶はいつ頃行うべきなのか解説していきます。
リフォーム前の挨拶を行う目安の時期は、最低でも工事が始まる1週間前ですが、出来ればそれよりも早く挨拶しておくのが良いでしょう。

 

なぜなら、近隣の方にもそれぞれの予定があり、中にはその工事までにその予定などを変更する方もいるからです。
もしリフォーム工事直前などに挨拶をしてしまうと、当然予定の変更が間に合わなくなる可能性が高まります。

 

それを防ぐためにも、挨拶は最低でも1週間前にはしておくべきだと言えるのです。

 

何度も不在で会えない場合は手紙や挨拶状などを残す

 

リフォーム工事前の挨拶は、最適でも1週間前までに行うべきなのは上記で説明の通りです。
しかし、近隣の方の中には、何度か挨拶に伺っても不在続きで会えない事もあります。

 

そのような時には、手紙・挨拶状を作成し、手土産などがあればそれと一緒にポストなどに投函しておくようにしましょう。
ちなみに、手紙や挨拶状には挨拶と合わせて、工事の期限とその内容、またリフォーム業者などの連絡先などの記載が必要なので作成時の参考にしてください。

 

リフォーム前の挨拶で伝えるべき内容と例文

 

リフォーム前の挨拶で伝えるべき内容と例文

 

リフォーム工事前の挨拶の必要性、そしてその時期や時間帯など以外に多くの人が悩む事がまだあります。
それは、実際の挨拶ではどのような内容を具体的にどのような文章で伝えるべきなのかという事です。

 

そこで次に、リフォーム前の挨拶で最低限伝えておきたい内容、そして挨拶の例文について解説していきます。
現在どのように挨拶をしたら良いのかお悩みの方や、近い将来にリフォーム工事を行う予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

 

挨拶で伝えるべき内容は工事期間と工事内容

 

リフォーム前の挨拶で近隣の方に伝えるべき内容は、主に実際の工事を行う期間とその工事の内容の2つの事があります。
工事を行う期間と工事内容を伝えておくべき理由は、近隣の方がその工事期間に対して準備が出来るからです。

 

例えば、週末の2日間でリフォームを行う事が事前に分かれば、その時には外出するように予定を立てたりする事が出来ます。
もちろん、何週間〜何ヶ月と長い期間であっても事前に工事の内容などを伝えていれば、その工事の騒音などに対して準備が出来るようになるのです。

 

そして、近隣の方が工事に対しての準備が出来ると、苦情などのトラブルの発生率も低くする事が出来ます。
このような理由があるので、リフォーム前の挨拶時には工事期間と工事内容は最低限伝えておくようにしましょう。

 

リフォーム工事前の挨拶の例文

 

では次に、リフォーム前の挨拶の例文についてご紹介していきます。
どのような言葉で伝えれば良いのかお悩みの方は参考にしてみてください。

 

以下、基本となる例文の内容です。

 

こんにちは、〜(部屋番号や家の位置)の○○です。
リフォームの工事をする事になったので、ご挨拶に伺いました。

 

今回は○○のリフォーム工事を○月○日○曜日から○月○日○曜日まで予定しています。
工事中には業者の車両の出入りや工事の騒音などご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

 

また、何かお気づきの際には○○(施主の名前)、または○○(リフォーム業者の名前)までご連絡ください。

 

そして、もし手土産などがあれば、「心ばかりのものですが、お受け取りください」などの言葉合わせて渡すようにすれば良いでしょう。

 

リフォーム前の挨拶でまわるべき範囲

 

リフォーム前の挨拶でまわるべき範囲

 

それでは次に、リフォーム前の挨拶でまわるべき範囲について解説していきましょう。
リフォーム前の挨拶でまわるべき範囲は実は非常に重要で、しっかりと理解しておく必要があります。

 

なぜなら、間違った範囲で挨拶をすると、せっかく近隣の方への挨拶をしたのにトラブルを起こしてしまう可能性があるからです。
そういった事を防ぐために、ここでしっかりと挨拶するべき範囲について理解しておきましょう。

 

ちなみに、今回はマンションの場合と戸建ての場合と2通りの範囲について解説していきますので、当てはまる方を読んでみてください。

 

マンションの場合は両隣と上下の階の3部屋

 

マンションの部屋でリフォームを工事を行う場合、挨拶する範囲は合計で8部屋あります。
まずは、リフォームを行う予定のある部屋の左右1部屋ずつ。

 

そして、その部屋の上下の部屋とその上下の左右の部屋の6部屋。
つまり、今住んでいる部屋を上下左右囲う部屋の8部屋がマンションでのリフォームの際に挨拶するべき範囲なのです。

 

ちなみに、リフォームの際にエレベーターや階段を使って資材などを運んだりすると、住んでいる部屋の周り以外にも迷惑が掛かる場合もあります。
そのようなケースであれば、念のためエレベーターや階段近くの部屋にも挨拶をしておくと安心でしょう。

 

戸建ての場合は両隣と向かい側の3軒と裏側の3軒

 

戸建てでリフォームの工事を行う場合にも、マンションと同じで挨拶する範囲は合計で8箇所あります。
まずは、リフォームを行う予定のある戸建ての左右の2軒。

 

そして、向かい側の3軒と裏側の3軒の合計8軒です。
戸建てでのリフォームの場合には、斜め後ろや斜め前の家に挨拶をするのを忘れがちだと言われています。

 

しかし、斜めに位置する家からは、実は左右や前後と同じ位リフォームの様子が見え、また同じように音などの影響を受けるのです。
そのため、普段の生活であまり関係がなかったとしても、挨拶は忘れずに行っておくようにしましょう。

 

リフォーム前の挨拶時の手土産・粗品の内容や相場

 

リフォーム前の挨拶時の手土産・粗品の内容や相場

 

それでは最後に、リフォーム前の挨拶時の手土産・粗品について解説します。
一般的に、1日や2日など短期間で終わるような簡単なリフォームであれば、挨拶だけでも問題ありません。

 

しかし、長期間工事が続くようなリフォームや短期間であっても、大きな騒音などが予想される場合には挨拶時に手土産を持参する事をオススメします。
手土産・粗品の内容については、日常消耗雨品(タオルや洗剤など)で価格は1,000円前後が相場です。

 

ちなみに、手土産にはお菓子などの食べ物も候補として考えられますが、近隣の方が不在時には置いて帰る事が出来ません。
ですので、食べ物を手土産にする予定なのであれば、その点については注意しておくようにしましょう。

 

リフォームと挨拶のまとめ

 

リフォームと挨拶のまとめ

 

ここまで解説してきましたように、リフォーム前の挨拶では、その内容や挨拶する範囲、不在時の対応や手土産など色々と考える必要があります。
しかし、既に解説した通りリフォーム前の挨拶を正しく行っていなければ、その後苦情などのトラブルが起きてしまう事があるのです。

 

また、その苦情などがきっかけとなり、近隣の方との人間関係に悪影響が出るケースもあります。
そのような事を起こさないためにも上記の内容を参考にして、リフォーム前の挨拶をしっかりと行っておくようにしましょう。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

リノコの一括見積もり

【リノコで適正価格診断】
  • 約10秒の入力で概算の相場が分かる
  • 専門アドバイザーが無料で相談に乗ってくれる
  • しつこい営業・勧誘電話がない
  • 相談、業者紹介など完全無料
  • 厳しい基準に達した業者のみ紹介
  • 匿名で相場チェックできる

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単10秒のリフォームの適正価格診断はこちら。