2階の増築リフォーム

2階の増築リフォームの事例や費用相場などを解説

2階の増築リフォームの費用や注意点

 

2階の増築リフォーム

 

結婚や出産などのイベントで家族構成が変わったりする事で良く行われるリフォーム、それは2階の増築リフォームです。
今回の記事では、そんな2階の増築リフォームの工事の種類やその相場費用、また過去に行われた工事の事例と費用などについてご紹介していきます。

 

また、それ以外にも気になる人が多いポイント。
例えば、2階の増築リフォームの工事費用を抑える方法や、実際のリフォームを行う際の注意点などについても解説します。

 

現在、2階の増築リフォームについて検討している方は、参考にしてください。

 

 

2階の増築リフォームの工事の種類とその相場費用

 

2階の増築リフォームの工事における種類とそれぞれの相場費用についてご紹介していきましょう。
2階の増築リフォームの工事の種類は、大きく以下の5つに分けられます。

 

・1階の建物を2世帯住宅に増築する
・2階に新しい部屋を増築する
・2階にトイレなどの水回りを増築する
・2階にベランダ・バルコニーを増築する
・2階の吹き抜け部分に部屋を増築する

 

これからそれぞれの工事の内容や相場の費用について詳しく見ていきます。

 

2世帯住宅に増築

 

2世帯住宅に増築するリフォームは、詳しく見ると以下の3種類のパターンに分けられ、それぞれの状況に合わせてリフォームが行われます。

 

1.寝室以外の水回りやキッチンなどを完全に共有して使用する同居型
2.玄関や水回りの一部のみを共有して使用する共用型
3.完全に生活スペースを分ける完全分離型

 

このような3種類のパターンがある2世帯住宅に増築するリフォームの相場費用は、それぞれのパターンによって数字が変わります。
例えば、同居型であれば1,600万円から1,900万円前後、共用型では2,350万円から2,800万円前後、完全分離型では2,650万円から3,150万円前後が相場です。

 

もちろん、増築する部分の広さや使用する資材・設備のグレードによって費用は変わるので、上記はあくまで目安として考えておきましょう。

 

2階に部屋を増築

 

2階部分に新しい部屋を増築する場合、基本的には1階部分の耐震補強工事が必要です。
そのため1部屋だけの増築であっても、費用は比較的高額となります。

 

そんな2階に部屋を増築するリフォームの相場の費用は、1畳あたり60万円前後が相場です。
ただし、増築する部屋に水回りを設置したりするのであれば、さらに費用が追加で発生しますので注意してください。

 

2階にトイレなどの水回りを増築

 

2階にトイレなどの水回りを増築するリフォームについて見ていきましょう。
このリフォームは2階に既に部屋があるものの、トイレやお風呂などが足りたい時によく行われるものです。

 

相場の費用については、どのような水回りの工事を行うかで変わります。
例えば、トイレの増設であれば、50万円から150万円前後が相場です。

 

また、お風呂の増設であれば、150万円から250万円前後が相場とされています。
ちなみに、水回りのリフォームは、ブランドやグレードによって費用が大きく変化するものです。

 

そのため、費用を抑えたい方は、必要以上の機能などが搭載されているグレードの設備などは選ばないように注意しましょう。

 

2階にベランダ・バルコニーを増築

 

2階にベランダやバルコニーを増築するリフォームについて見ていきましょう。
このリフォームは洗濯物を干したり、ガーデニングをする事に役に立つ事もあって、非常に人気があるリフォームです。

 

また、このリフォームは一般的には、既存の窓や1階部分の屋根などを利用して行われます。
相場の費用は、20万円から50万円前後です。

 

ただし、現在の住宅の構造上ベランダやバルコニーを設置するのは、危険だと判断された場合にはリフォームする事が出来ません。
ですので、この増築リフォームを検討している方は、まずリフォーム業者に増築出来るか調査をしてもらう事から始めると良いでしょう。

 

2階の吹き抜け部分に部屋を増築

 

2階の吹き抜け部分に部屋を増築するリフォームは、2世帯住宅の増築と同じように、家族構成の変化などがあった場合に良く行われるリフォームです。
リフォームの方法としては、まず耐震性の補強を行った後、床を作ります。

 

そして、壁、天井を作り、最後に電気工事などを行う流れが一般的です。
このリフォームの相場の費用は、40万円から60万円前後とされています。

 

しかし、他のリフォームと同じように水回りなどの設置をリクエストした場合には、費用はより高くなるので注意してください。

 

2階の増築リフォームの費用の内訳

 

2階の増築リフォームの費用の内訳

 

ここまでは、2階の増築リフォームの工事の種類と、それぞれの相場の費用についてご紹介してきました。
ここからは、その相場の費用の基本的な内訳についてご紹介しましょう。

 

2階の増築リフォーム工事の費用の内訳は、主に以下の3つに分ける事が出来ます。

 

1.リフォームで使う柱などの資材や壁紙などの内装材を含む材料費
2.実際の配管工事や電気工事などをまとめた工事費
3.増築リフォームが法律を守ったものかどうか確認してもらうための確認申請の費用

 

以上が2階の増築リフォームの費用の主な内訳です。
ただし、実際の見積もりでは、リフォーム業者の運営費などをまとめた雑費などが追加されていますので、合わせて確認しておくと良いでしょう。

 

2階の増築リフォームの実際の事例とその費用

 

2階の増築リフォームの実際の事例とその費用

 

過去に行われた実際の2階の増築リフォームの事例とその費用についてご紹介していきます。
今回ご紹介するのは、先程も取り上げた以下の5つの種類全ての事例です。

 

・2世帯住宅に増築
・2階に部屋を増築
・2階にトイレなどの水回りを増築
・2階にベランダ・バルコニーを増築
・2階の吹き抜け部分に部屋を増築

 

今回は、それぞれの種類で2つずつの事例とその費用をご紹介します。
現在、既にどのような種類のリフォームをしたいのか決まっている方は、参考のために該当する種類の事例についてチェックしてみてください。

 

2世帯住宅に増築

 

2世帯住宅に増築をするリフォームの実際の事例について見ていきましょう。
1つ目は以下の事例です。

 

建物 950万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 16年

 

こちらは、既存の建物だけで2世帯が生活するには窮屈さを感じていたため、リフォームを機に2階部分をさらに拡げるために増築した事例です。
2階の部分的な増築のみでしたので、費用は相場よりも安い950万円で済みました。

 

2つ目は以下の事例です。

 

建物 1,700万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 11年

 

こちらは親と同居する事がきっかけで、1階建ての建物の上に2階部分を増築した事例です。
キッチンなどの設置や吹き抜けの設置なども行いましたが、費用は相場内の1,700万円で収まりました。

 

2階に部屋を増築

 

2階に新しい部屋を増築するリフォームの事例について見ていきます。
1つ目は以下の事例です。

 

建物 130万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 20年

 

こちらは家族が増えたため、新しい部屋を玄関上に増築した事例です。
同時に増築した下のガレージに棚の設置などを行いましたが、費用は比較的安く130万円で済みました。

 

2つ目は以下の事例です。

 

建物 200万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 15年

 

こちらは両親と同居する事をきっかけに、2階に1部屋増築した事例です。
既存の建物と増築した部分の境を隠すために外壁の塗装も行ったため、費用は200万円必要でした。

 

2階にトイレなどの水回りを増築

 

2階にトイレなどの水周りを増築するリフォームの事例について見ていきます。
1つ目は以下の事例です。

 

建物 89万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 非公開

 

こちらは既存の2階にトイレが必要になったため、トイレのみを増築した事例です。
平均的なトイレの増設でしたので、費用も相場内の89万円でした。

 

2つ目は以下の事例です。

 

建物 160万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 非公開

 

こちらは将来的に家族が増える事を考えて、事前に浴室を増築しておいた事例です。
浴室だけでなく脱衣室なども作りましたが、費用は相場内に収まる160万円でした。

 

2階にベランダ・バルコニーを増築

 

2階にベランダやバルコニーを増築するリフォームの事例について見ていきます。
1つ目は以下の事例です。

 

建物 15万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 26年

 

こちらは、自宅の2階に木材を使ったベランダを増築した事例です。
少し広めのベランダですが、費用は相場よりも安い15万円で済みました。

 

2つ目は以下の事例です。

 

建物 28万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 30年

 

こちらは2階部分にバルコニーを増築した事例です。
2間6尺のサイズの鉄骨バルコニーでしたが、費用は相場内の28万円でした。

 

2階の吹き抜け部分に部屋を増築

 

2階の吹き抜け部分に部屋を増築するリフォームの事例について見ていきます。
1つ目は以下の事例です。

 

建物 58万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 6年

 

こちらは新築分譲時に実現出来なかった書斎を吹き抜け部分に作った事例です。
電気の配線工事の難易度が高かったのですが、費用はほとんど相場と変わらない58万円でした。

 

2つ目は以下の事例です。

 

建物 135万円
建物のタイプ 戸建住宅
築年数 10年

 

こちらは小さなお子様が大きくなり、子供部屋が必要になった事から吹き抜け部分にその部屋を増築した事例です。
増築した部屋の中にロフトやクローゼットなども設置したため費用は135万円かかりました。

 

2階の増築リフォームの費用を抑える方法

 

2階の増築リフォームの費用を抑える方法

 

2階の増築リフォームの費用を抑えるための方法についてご紹介していきます。
今回ご紹介する費用を抑える方法は以下の2つです。

 

・地元工務店を含めた複数の業者から見積もりをとって比較をする
・他のリフォームも同時に行う

 

これからそれぞれの費用を抑える方法について、1つずつ詳しく解説していきます。
2階の増築リフォームの費用を少しでも抑えたい方は、ぜひ一通りチェックしてみてください。

 

工務店を含めた複数業者の見積もりを比較

 

2階の増築リフォームの費用を抑える1つ目の方法は、地元工務店を含めて見積もりを取り複数の業者を比較するという事です。
リフォームを行う時、テレビCMなどでよく見かけるいわゆる大手のリフォーム業者のみ見積もりを取っている人がいます。

 

しかし、費用を少しでも抑えたいのであれば、それはお勧め出来ません。
大手のリフォーム業者では、工事を下請けに外注している事がほとんどで、それによって工事費用が高くなる傾向にあります。

 

一方で、地元工務店はCMなどの広告費や外注費が少ないため、工事費用を安く出来る事が多いのです。
そのため、費用を抑えたいのであれば、大手リフォーム業者だけでなく地元工務店からも見積もりを取り、比較する事をおすすめします。

 

他のリフォームも同時に行う

 

2階の増築リフォームの費用を抑える2つ目の方法は、他の部分のリフォームも同時に行うという方法です。
リフォームの費用には、先程も解説した通り、工事費や材料費があります。

 

それらは複数の箇所を同時に工事する事で抑えられます。
なぜなら、足場などの工事に必要な費用を1つにまとめたり、材料が多くなる事で仕入れの費用を安くする事が出来たりするからです。

 

もちろん、必要の無いリフォームであれば、無理に行うべきではありません。
しかし、近い将来行う予定があるリフォームがあるのなら、増築時にまとめて依頼してみると良いでしょう。

 

2階の増築リフォームは確認申請が必要なので注意

 

2階の増築リフォームは確認申請が必要なので注意

 

 

2階の増築リフォーム時の注意点は、確認申請にあります。
確認申請とは、増築リフォームが建築基準法などの法律に基づいて行われているかの審査を役所にしてもらうための申請の事です。

 

もしこの確認申請を無視してリフォームを行うと、最悪増築した部分を取り壊す事にもなり兼ねません。
ただ、リフォーム業者はプロですので、この確認申請は業者側が代わりに行ってくれ、工事もその審査に通るように行います。

 

そのため、基本的に心配する必要はありませんが、もし確認申請の話を一切出さないような業者がいれば、念のため工事の依頼は避けた方が良いでしょう。

 

2階の増築リフォームのまとめ

 

2階の増築リフォームのまとめ

 

2階の増築リフォームは、結婚や出産などによる家族構成の変化などが起きた時によく実施されるリフォームです。
その種類は2世帯住宅への増築や水回りだけの増築、部屋だけの増築やベランダの増築など様々なものがあり、相場の費用もそれぞれ違います。

 

ただし、いずれのリフォームも費用を安くするポイントや注意点などは同じです。
そのため、現在2階の増築リフォームを検討している方は、今回ご紹介した情報を参考にして、安い費用で満足出来るリフォームをしてもらいたいと思います。

リフォーム費用の適正は?【見積もりが100万円以上安くなる!?】


リフォームを行う際、知り合いの業者、近くの業者など、見積もりを取ると思います。
しかし、業者によって大きく費用が変わってくるため、適当に業者選びする事は避けなければなりません。

実際に、相場よりも100万円以上の高く見積もりをされたという事例もある程。
国民生活センターには、1日15件以上の相談が寄せられており、適正な価格を知る事は非常に重要です。

タウンライフリフォームの一括見積もり

【タウンライフリフォームで適正価格診断】
  • 国家基準の審査を通った業者が300社以上登録
  • 複数の業者と比較をして適正価格にて施工が可能
  • オリジナルのリフォームプランの提案書
  • 専門家のリフォームアイデア・アドバイスがもらえる
  • しつこい営業が一切ない
  • 最初から最後まで完全無料

専門アドバイザーが在籍しており、様々な相談に乗ってもらえます。
また、相談データを踏まえた上で、リフォーム業者を紹介してもらえるため、自分に合った業者となっています。

しつこい営業をしてくる業者に関しては、即登録削除されるため、営業が嫌いな方でも安心して利用出来ます。
既に見積もりを取った方も、数十万円単位で安くなる事も珍しくないため、利用してみて損はありません。

また、一括見積もりを使用したとしても、業者に断りをする必要もありません。
対面で気まずいという方でも安心して利用出来ます。

>>簡単!リフォームの適正価格診断はこちら。